ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

アルファベットの進化 - Evolution of the English Alphabet

20180410a_Evolution of the English Alphabet_01

Matt Baker 氏が KickStarter を利用して作成した Writing Systems of the World Poster の出資者へのボーナスアワード(bonus award)のチャートです。
このチャート Evolution of the English AlphabetCreative Commons license(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス) の条件で、Matt Baker 氏の著作権表示を入れて、自由に再利用可能です。(チャートの右下の表示を消さないでください)

Writing Systems of the World Poster

20180410a_Evolution of the English Alphabet_02

このポスターは、USEFULCHARTS.COM で購入 できます。



Evolution of the English Alphabet (usefulcharts.com)







FLIR Lepton を USB カメラに - スマート I/O モジュール PureThermal 2

20180409a_PureThermal2_01.jpg

世界最小、高精細 LWIR(long-wave infrared)赤外線カメラコア FLIR Lepton(フリアーレプトン) の スマート I/O モジュール PureThermal 1 の改良版 PureThermal 2 が出ました。

20180409a_PureThermal2_02.jpg

PureThermal は FLIR Systems社の支援の元、GetLab が開発していますが、USB 経由で UVC(USB Video Class) により、Lepton を簡単に各種プラットフォーム(Windows、Mac、Pi、Android、etc.)の USB カメラ(Webカム、ビデオカム)にします。

PT2(PureThermal 2)の PT1 からの改良点
- USB DFU(Device Firmware Upgrade): USB経由でファームウェアの書き込み
- 4 マウントホール
- EM(電磁)シールドパッド(オプション)
- 回路のシンプル化

20180409a_PureThermal2_04.jpg

Features:
- Get Thermal video over USB right out of the box using common apps like VLC Media Player on Mac, Linux, PC, or even Android.
- Power Input, Video Output, and Firmware Updates All Over USB (micro B type connector)
- Compatible with all production FLIR Leptons, including radiometric 2.5 and 3.5 cores
- Use one standard and included USB type A to micro B cable cable for all major functions
- USB UVC works on Linux, macOS, Windows, and Android
- 9 Hz color video over usb using the USB UVC class
- STM32F412 ARM microprocessor - execute on-board image processing without need for an external system
- Open source reference firmware: GroupGets PureThermal Github
- Works with GetThermal - our custom open source thermal video display software for macOS and Linux with radiometric support
- DFU over USB
- I2C and UART Expansion over standard 100 mil (0.1") holes
- JTAG port broken out to SMT pads for debug via ST-Link/V2 (requires additional cable and adapter, not included)
- Four mounting holes
- Pads for electromagnetic shielding on top and bottom (shields not placed by default on stock PT2)
- Compact form-factor ready to be embedded into production systems

20180409a_PureThermal2_03.jpg

GetThermal サーマルカメラ ビューアー クロスプラットフォーム アプリケーション





20180409a_PureThermal2_05.jpg

PureThermal 2 - FLIR Lepton Smart I/O Module (02 PureThermal 2 と Lepton 3.5)







実用的で有りながらスタイリッシュな Pi ケース - Quattro Case - クアトロ ケース

20180406a_Pi Quattro Case_01

英国ウェルズが拠点のデザイン会社 OneNineDesign、多方面のプロダクト(コンピュータ、家電、家具、食器等々)で大手メーカーのデザインを担当している評判の会社で、Pi などのケースも多くの会社に OEM 提供しています。

20180406a_Pi Quattro Case_02

その OneNineDesign の Quattro Case - クアトロ ケース は四角、正方形のスタイリッシュなケース。

20180406a_Pi Quattro Case_03

色は4種類、黒、白、赤、透明(クリア)。
商品は、上記4種類に加えて、ボディ白、トップ赤の全5種類です。

20180406a_Pi Quattro Case_04

VESA を含めた各種マウント方法が可能、サーバーやメディアセンター用途に、2.5" HDD をケース内に格納できます。
20180406a_Pi Quattro Case_05

スタイリッシュなだけでなく、実用的な使い勝手も種々考慮されています。

20180406a_Pi Quattro Case_06




Quattro – Raspberry Pi VESA & HDD Case (averagemaker.com)



20180406a_Pi Quattro Case_07
Quattro Case - Raspberry Pi VESA & HDD クアトロ ケース (02 白)







Amiga 500 の中身が Pi 3

20180405a_Pi in Amiga 500_01

昔懐かしき、1980年代のパソコン、コモドールの Amiga(アミガ)

20180405a_Pi in Amiga 500_03

Amiga Love フォーラムの Mattsoft 氏は、Amiga 500 のオリジナルケースそのままの中の頭脳を Pi 3 に置き替えました。
キーボードを接続しやすいように、Tynemouth Software のキーボードアダプターを使用、DB9 コネクターをジョイスティック用に追加しました。

ソフトは Raspbian よりも軽い DietPi に、Amiga エミュレータの Amiberry を利用、これで Amiga が現代のパワーを獲得して生まれ変わりました。

20180405a_Pi in Amiga 500_04

20180405a_Pi in Amiga 500_05



20180405a_Pi in Amiga 500_02

Fitting a Raspberry Pi into an Amiga 500 without Modifying the Original Case (hackster.io)







Android タブレットを Pi のディスプレイに

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_01

Pi のデイスプレイとして Android タブレットを利用しようという、Christian Cawley氏のチュートリアルです。
ディスプレイとして、と言ってもタブレットを直接 Pi に接続するわけではありません。RDP(Remote Desktop) または VNC(Virtual Network Computing) を使用した接続です。

RDP、VNC どちらの場合も、Pi は SSH 化、いわゆるヘッドレス Pi にしておく必要があります。
初期の Pi(Raspbian)では、SSH 化するには、PC などで Raspbian の SD カードの boot ディレクトリにダミーファイル "ssh" を作る必要がありましたが、最近の Raspbian では、raspi-config またはデスクトップの Preference から設定できるようになっています。

raspi-config
Advanced Options > SSH > OK

または

デスクトップ メニュー
Preference > Raspberry Pi Configuration > Interfaces > SSH > OK


Android タブレットを Pi のディスプレイに
RDP 利用の場合

Pi に RDP のインストール
sudo apt update
sudo apt install xrdp

Android に Microsoft Remote Desktop をダウンロード(フリー)

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_02

[+]> Desptop > PC 名の入力(Pi のホスト名または IP アドレス)

Pi ホスト名は通常(デフォルトでは)"raspberrypi" です。

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_03

上記が表示されますが、[CONNECT]をクリックすればOKです。

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_04

How to Use an Android Tablet as a Screen for Raspberry Pi (makeuseof.com)







前のページ 次のページ

FC2Ad