ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Alexa に、今見える飛行機の情報を教えてもらう

20170714a_AlexaSpotAirPlane_01.jpg

飛行機マニアの nick sypteras氏の部屋からは、飛行中の飛行機がよく見えます。
氏は、飛行中の民間航空機の現在位置を教えてくれるサイト Flightrader24(フライトレーダー24)を利用して、どこに行く何という飛行機かの飛行機情報を調べていました。

でも、自分でいちいち調べるのは面倒だと、Amazon Alexa にやらせることにしました。

使用ハードウェアは以下です。

- Pi 3
- RTL-SDR USB Dongle
- Amazon Echo Dot

RTL-SDR で、航空機の現在位置情報 ADS-B(Automatic Dependent Surveillance–Broadcast)を得、処理します。(航空便リアルタイム追跡 by Pi




TEACHING ALEXA TO SPOT AIRPLANES - FUN WITH RTL-SDR AND AMAZON ECHO DOT (nick sypteras)





ReSpeaker pHAT で独自の Amazon Echo を作成

20170713b_ReSpeakerAmazonEcho_01.jpg

ReSpeaker pHAT 『ReSpeaker 2-Mics Pi HAT』 は ReSpeaker シリーズ中の、Pi 用2マイク搭載ボードです。
AI アシスタントやボイスアプリケーション用途を想定しています。

20170713b_ReSpeakerAmazonEcho_02.jpg

Ramin Sangesari 氏の、ReSpeaker pHAT と Pi W を用いた、AVS(Amazon Alexa Voice Service)のシステム構築のチュートリアルです。

20170713b_ReSpeakerAmazonEcho_03.jpg

Build Your Own Amazon Echo Using a RPI and ReSpeaker HAT

ReSpeaker 2-Mics Pi HAT - デュアル マイク 拡張ボード pHAT for Raspberry Pi





Pi Zero ビジュアル アポイントメント リマインダー

20170713a_PiZeroAppointmentREminder_01.jpg

Pi Zero W と Pimoroni Blinkt! LEDスティック、Google カレンダー API を利用したシンプルなビジュアル アポイントメント リマインダーです。

仕事が立て込んでいると、スマホやデスクトップの予定表のチェックを忘れてしまうものです。
MagPi の紹介するプロジェクト、アポイントメント リマインダーは、近々の予定を知らせてくれます。チャット中や電話中に中断させることのないように、あえてビジュアルのみのシステムとしています。

アポイントメント通知

Google カレンダーアカウントと接続した Pi は、1分毎にアポイントメントをチェックします。近々の予定があると、以下のように Blinkt! の LED を点滅して教えます。

- 白色 10~5 分後の予定
- 黄色 5~ 2 分後の予定
- オレンジ色 2 分後の予定

色やパターンなど簡単に、コード変更できます。

必要なハードウェア(Pi Zero W、Blinkt!、Pibow ケース、ケーブル類)は、Pimoroni Pi Zero W スターターキット にすべて揃っています。

20170713a_PiZeroAppointmentREminder_02.jpg


PI ZERO VISUAL APPOINTMENT REMINDER (MagPi)





Pi で本当の(?)魔法使いの決闘 - Wizarding Duels

20170712_RealWizardingDuels_01.jpg

Allen Pan氏のマジカルミッション、W.A.N.D.S.(Wizard Analogue No-Magic Dueling Simulator)は、ハリーポッターのワンド Wand(魔法の棒)による、魔法使いの決闘をシミュレートします。

呪文を言うと、Pi が Google 音声認識サービスで解析、内容に応じてワンドの赤外線装置が決闘相手に信号を送信。
決闘者は、電気刺激パッド(TENS:transcutaneous electrical nerve stimulation)を体の各所につけています。

20170712_RealWizardingDuels_02.jpg

信号を受信すると Arduino が電気刺激パッド装置をフックアップ、電気を流します。

クラウドで処理するため、呪文を言ってから、ワンドが反応するまで遅延がありますが、それでも充分楽しめる、魔法使いの決闘装置です。


Real (?) wizarding duels with Raspberry Pi and T.E.N.S. (pi pod)





Pi セキュリティカメラ ネットワーク - motionEyeOS

20170711a_PiSecuriteliCamNet_01.jpg

Limux ディストリビューションの motionEyeOS を利用した、Pi セキュリティカメラシステムの構築、Gus 氏のプロジェクトです。
motionEyeOS は、以前の motionPi で、安価にセキュリティカメラ(監視カメラ)のシステム構築ができます。

動きを感知して録画開始をする、モーション検知機能があります。
1台の Pi で Piカメラと Webカメラの2台のカメラサポート、またネット上の他の Pi motionEyeOS により、3画面以上の監視もできます。

20170711a_PiSecuriteliCamNet_02.jpg



Build a Raspberry Pi Security Camera Network (PiMyLifeUp)





前のページ 次のページ

FC2Ad