ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

オン/オフ オン/オフ - Pi ハッカブル リモートパワースイッチ

20180207a_NanoMesherPowerSwitch_01.jpg

Pi 本体にはパワースイッチがないため、皆さん色々な方法、デフォルトのパワーケーブルの抜き差し、スイッチ付き USB パワーケーブル、パワースイッチ付きアドオンボード等々を実施されているかと思います。

上記写真は、以前にも紹介した、NanoMesher のリモコン付きパワーオン/オフスイッチ、プログラムを書き換えて開発ボードにもできる Hackable Pi Power SwitchMagPi Review で紹介しています。





20180207a_NanoMesherPowerSwitch_02.jpg

Nanomesher - Hackable Raspberry Pi Power Switch - リモコン付き ハッカブル パワースイッチ





Pi ツイッター センチメンタル分析

20180206a_TwitterSentimentAnalysis_01.jpg

 fspasovski氏(instructables)の、ツイッター上の発言を解析して、文章背後の感情を表す、センチメンタル分析(sentiment analysis)、Pi プロジェクトです。

感情を緑、黄、赤の割合で表し、一番大きい色の LED を点灯します。

利用するパッケージ
Tweepy
- Twitter API の Python ライブラリ。
TextBlob
- 各種テキスト処理の Python ライブラリ。
Pillow
- ユーザインタフェース、画像処理 Puthon ライブラリ。

スクリプト
main.py
- エントリーポイント(このスクリプトをコンソールから起動)
sentiment_analysis.py
- ツイッター API に接続してデータ処理、結果の生成
pie.py
- 結果のグラフィック化
led_manager.py
- LED ハンドリング

20180206a_TwitterSentimentAnalysis_02.jpg

TWITTER SENTIMENT ANALYSIS with Raspberry Pi 3 (github.com)





サイレントビデオから音を再現 - すべてのモノはスピーカー

20180205a_Everyhthing is a Speaker_01

MIT のビジュアルマイクロホンシステムは、キャンディ包み紙のサイレントビデオから音を取り出しました。

MIT Davis 教授とイメージプロセシングアルゴリズムのグループの研究です。
周りにある普通のモノのビデオから微細振動を解析、そのモノが聞いている(?)音を取り出し、再構築します。

すべてのモノがスピーカーに、色々な材質でテストしましたが、素晴らしいのは「ポテトチップの袋」、「ソーダ缶」は並、「鉢植え」は平均的、「レンガ」は最悪、と言った具合。


Your Candy Wrappers are Listening (ieee.org)





折り紙発想で生まれた高速マイクロマニピュレーションロボット - milliData

20180202a_milliDaraRobot_01.jpg

ハーバード大ウィス・インスティテュートWyss Institute at Harvard)、Benjamin Boettner氏たち開発のマイクロマニピュレーションロボット milliData です。

超精細、超高速、下記ビデオでは、1秒あたり75回転で円を描いています。


折り紙から発想を得た、折り曲げ圧電アクチュエータ(15mm x 15mm x 20mm)3個をそれぞれ独立してコントロール、ダウン精度 5um、フリークエンシー 75Hz、アクセラレーション 22g です。

マイクロ手術やマイクロ組み立てなどのマイクロマニピュレーションの新しい道を築きそうです。


Origami-inspired robot combines precision with speed (harvard.edu)





uArm Swift Pro のアクセサリ

20180201a_uArmSwiftProAccessary_01.jpg

ハイグレード デスクトップ ロボットアーム uArm Swift Pro の商品体系が変わりました。
今までは、付属アクセサリの違いによって、StandardProfessional の2種類が有り、アクセサリだけを欲しい場合は、メーカー UFactory社と個別相談でした。

今回、uArm Swift Pro Main Body と、各種アクセサリを別商品とし、Standard と Professional という区分をなくしました。

uArm Swift Pro Main Body は、ロボットアーム本体と Suction Cup End-Effector と Bluetooth 4.0 Master Board のみです。
従来、付属していたアクセサリ類は別途購入する必要があります。

以下、Professional に付属していたアクセサリを紹介します。


1.ビジョンカメラキット
20180201a_uArmSwiftProAccessary_02.jpg

オブジェクトを認識して、ロボットアームのコントロールをします。
OpenMV のビジュアル開発環境が使用できます。


uArm Swift Pro - Vision Camera Kit - ビジョンカメラキット - OpenMV


2.レーザーエングレービングキット
20180201a_uArmSwiftProAccessary_03.jpg

木やプラスティック、革、紙などにレーザーでエングレービング(エッチング、彫り込み)します。
ソフトウェアプラットフォーム uArmStudio で実行できます。

20180201a_uArmSwiftProAccessary_04.jpg

uArm Swift Pro - Laser Engraving Kit - レーザーエングレービングキット


3.3D印刷キット

20180201a_uArmSwiftProAccessary_05.jpg

PLAフィラメントを素材とする3D印刷装置になります。
3D印刷プラットフォームソフト CuraForuArm を提供しています。

20180201a_uArmSwiftProAccessary_06.jpg

uArm Swift Pro - 3D Printing Kit - 3D印刷キット


uArm Swift Pro User Handbook (PDF)




uArm Swift Pro Standard - デスクトップ 高級 ロボットアーム





前のページ 次のページ

FC2Ad