ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

SenseHAT でバトルシップ ゲーム

20170425a_Battleship on SenseHAT_01

クラシック ボードゲームの『バトルシップ』、Dan Aldred 氏は SenseHAT 用のコードを書きました。

プログラムは、戦艦、爆弾、水域をランダムに配置します。
ジョイスティックで位置を決め、エンターで魚雷発射です。

外した場合は水のはねる音、当たると爆発音がします。または、爆弾を見つけます。
各ますは、下記カラーで塗られます。
 青: 水域
 赤: 戦艦
 黄: 爆弾

魚雷全部を使ってしまうか、戦艦全部を粉砕するとゲーム終了です。


SenseHAT_Battleship (GitHub)





LEGO ジャイアント NES コントローラ

20170424a_LEGO Giant NES Controller_01

LEGO による NES コントローラは、色々な人が作ってきていますが、その中でもこれは、最大級サイズです。

Brown Dog Gadgets は彼らの LEGO 互換プロダクト Crazy Circuits のプロモーションの一環として、LEGO でジャイアント NES コントローラを作りました。

ブレインは、Arduino 互換の Crazy Circuits Touch Board です。
ホスト コンピュータには USBキーボードと認識されます。


但し、本プロジェクト用の LEGO パーツは $130 もかかったそうです。
LEGO パーツリストは、LEGO Digital Designer ファイルが、Brown Dog Gadgets の GitHub にあります。

BrownDogGadgets/CrazyCircuits GitHub

20170424a_LEGO Giant NES Controller_02

Giant LEGO NES Controller





古い双眼鏡をハイテク ズーミング レコーディング装置に - PiNoculars

20170423a_PiNoculars_01.jpg

古い双眼鏡のリサイクル、Pi カメラを双眼鏡に直接取り付けて、Binoculars(双眼鏡)が PiNoculars に、Josh Williams氏のプロジェクトです。

Adafruit 2.8" PiTFT Plus を CSI カメラケーブルを付けた Pi に装着、バッテリパックと一緒に双眼鏡に取り付けました。

20170423a_PiNoculars_02.jpg

20170423a_PiNoculars_03.jpg

PiNoculars - Raspberry Pi Binoculars





Pi Zero DIY オーディオ

20170422a_DIY PiZeroAudio_01

Pi Zero で Spotifyなどの音楽サービスを利用したいけど、Pi Zero にはオーディオジャックがない...
今では、Pi Zero で使用できる、多くのオーディオ HAT/pHAT が出ていますので、それらを利用することになりますが、Daniel Davis氏は、Adafruit の Pi Zero Audio ガイドを元にオーディオ出力を自作しました。

20170422a_DIY PiZeroAudio_02

20170422a_DIY PiZeroAudio_03

20170422a_DIY PiZeroAudio_04

20170422a_DIY PiZeroAudio_05


HIPSTER SPOTIFY RADIO USING A RASPBERRY PI





建物内を感知するドローン - Walabot Drone

20170421a_Walabot Drone_01

20170421a_Walabot Drone_02

先日は、『暗闇や煙で周りが見えない時の障害物検知 - WalabotEye』 という Walabot(ウォラボット)利用のプロジェクトを紹介しましたが、今回は Walabot 搭載のドローンです。

Walabot のようなハイテクツールが一般に拡がってくると、やはり出たかという、FunguyPro チームのプロジェクトです。

建物内の人や物を、密度情報を元に、カラーイメージで表します。
建物内の様子がわかると言うことはプライバシー上問題ですが、FunguyPro チームは用途として、消火活動や捜索救助(SAR)をあげています。
確かに、便利なツールは大いに使うべきでしょうが、ドローンの現行運用ルール、まだまだ、考慮しなければならないことが出てきそうですね。

さて、それはともかくとして、Walabot は Pi Zero にマウントできるように、Walabot ケースに、Pi Zero マウントホールに合わせてドリルで穴を空け、スタンドオフを取り付けてマウントしています。

20170421a_Walabot Drone_03




See Through Buildings With A Drone





前のページ 次のページ

FC2Ad