ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

あなたのプロダクトに『Powered by Raspberry Pi』ブランド表示を

20170622b_Powered by Pi_01

Pi が当初計画の教育界のみならず、各方面に拡がり、ホビーの領域も超えて、色々なアプリケーション分野で使われるようになりました。

Pi を内蔵した商品も増えてきました。
商品に Pi ブランド表示をするのは、Pi 認知度を高めるため、ユーザにも販売者にも有益です。

Pi 財団は以前から、Pi の商標、ブランド表示のガイドラインを出しています。

Raspberry Pi Trademark Rules and Brand Guidelines

プロダクトに 『Powered by Pi』 ブランド表示をするには、下記アプリケーションフォームで、Pi 財団に申請してください。

Powered by Raspberry Pi - Application form

許可されれば、晴れて、あなたのプロダクトは、Pi ファミリーです。



IS YOUR PRODUCT POWERED BY RASPBERRY PI ?





4D Systems のディスプレイ開発キット

20180621a_4D SystemsPiStarterKit_01

4D Systems は各種ボードコンピュータ用ディスプレイ装置で有名ですが、オーストラリア、シドニーを拠点とする、インテリジェント グラフィック ソリューションカンパニーです。

Pi 用ディスプレイ開発スターターキットとして、以下のような製品群があります。

20180621a_4D SystemsPiStarterKit_02

型番の最初の "SK" は、 Start Kit の意味、"-" の後の数値はサイズを表します。
最初のプロダクトは特殊な丸型ディスプレイで "22" は解像度 220x220 を表していますが、他は通常ディスプレイのインチサイズを表しています。例えば "32" の場合は 3.2" サイズです。

グラフィックコントローラは2種類有り、型番に "P" があるのは「PICASO 4DGLグラフィックコントローラ」を、"D" は「DIABLO-16 4DGLグラフィックコントローラ」を表します。
型番に "T" があるのは、抵抗膜方式タッチパネルであることを示しています。


ユニークなディスプレイとしてラウンド型(丸型)があります。

20180621a_4D SystemsPiStarterKit_03

uLCD-220RD は、1.38" 丸型 TFT、DAIABLO16 グラフィックプロセッサで、パワフル、スタンドアローン稼働します。




Features:
- Powerful 1.38” Intelligent LCD-TFT display module powered by DIABLO16.
- 220 x 220 Resolution (Round), RGB 65K true to life colours with LED Backlight.
- Easy 5 pin interface to any TTL Serial Host:
 - VCC, TX, RX, GND, RESET
- 6 banks of 32750 bytes of Flash memory for User Application Code and Data
- 32Kb of SRAM purely for the User.
- 16 General Purpose I/O pins for user interfacing, which include 4 configurable Analog Inputs.
- The GPIO is variously configurable for alternative functions such as:
 - 3x I2C channels available
 - 1x SPI dedicated for SD Card and 3x configurable SPI channels available
 - 1x dedicated and 3x configurable TTL Serial comm ports available
- Up to 6 GPIO can be used as Pin Counters
- Up to 6 GPIO for PWM (simple and Servo)
- Up to 10 GPIO for Pulse Output
- Up to 14 GPIO can be configured for Quadrature Encoder Inputs (2 channels)
- On-board micro-SD memory card connector for multimedia storage and data logging purposes.
- DOS compatible file access (FAT16 format) as well as low level access to card memory.
- Dedicated filtered PWM Audio pin driven by WAV files from micro-SD card, and external amplifier enable pin allows easy connection to an external amplifier for audio playback.
- Display full colour images, animations, icons and video clips on chosen 4D Systems display.
- Supports all available Windows fonts.
- 4.0V to 5.5V range operation (single supply).
- Module dimensions: 42.4 x 46.9 x 14.1mm
- Weight ~15 g.
- Display Viewing Area: Round 35.1mm Diam
- RoHS Compliant.
- CE Compliant.

20180621a_4D SystemsPiStarterKit_04



20180621a_4D SystemsPiStarterKit_05

4D Systems 1.38in 丸型 TFT 開発 スターターキット for Raspberry Pi - 1.38in Round TFT Starter Kit





HyperPixel でシンプル スリム ビデオカメラを


先日紹介した Pimoroni HyperPixel と Pi Zero W を利用して、Wayne Keenan氏は、シンプル、スリムなビデオカメラ PiCorder を作りました。

使用コンポーネント:
- Pi Zero W
- Pimoroni HyperPixel
- Camera Module for Pi Zero
- Pimoroni Zero Lipo
- Lipo Battery Pack
- Pimoroni GPIO Hammer Header

20170620a_PiCorderHyperPixel_02.jpg

使用ソフトは標準の Raspivid です。



PiCorder





Pimoroni Unicorn HAT HD - パワーアップした ユニコーン ハット

20170619a_UnicornHAT HD _01

Pimoroni の Unicorn HAT(ユニコーン ハット) は、Pi HAT仕様の最初の RGB LED マトリックス商品です。その鮮やかな、マトリックスオーロラカラーで評判となり、現在も現役の人気商品です。

20170619a_UnicornHAT HD _03

Raspberry Pi ユニコーン ハット Unicorn HAT

その Unicorn HAT、LED数が4倍となり大幅パワーアップしました。
Unicorn HAT HD(ユニコーン ハット HD)の登場です。

従来の、Unicorn HAT の LED数は 8x8 の 64個でしたが、Unicorn HAT HD では 16x16 の 256個です。
従来のカラーパターン表現だけでなく、文字表示や、ビデオ表示も可能です。

コンピュータはかなり強力な処理能力を要求されますが、それを解決するべく ARM マイクロコントローラ(ARM STM32F)を HAT に搭載しました。
Pi で用意したデータを、HAT の ARM マイコンで処理、3個の LEDドライバ(STP16CPC26)が LED表示します。

ディフューザ(Ninja Diffuser)付きです。
20170619a_UnicornHAT HD _04
付属ナットで、HAT表面から浮かすことができます。


色々面白いアプリケーションが考えられます。
リリースされたばかりですが、すでに、多くの(10以上の)例題(Python examples)がアップされています、

インストール、および Pythonライブラリ(Installing, Python Library)

例題(examples)

ピンアウト(pinout.xyz)


20170619a_UnicornHAT HD _05

Pimoroni Unicorn HAT HD - ユニコーン ハット HD - Pimoroniステッカー付き





GPS コントロール 自動写真撮影

20170618a_GPScontrolledPhotoTake_01.jpg

旅行好きの Estefannieさん。写真を撮るために、わざわざ立ち止待ってカメラ操作をしたくない。しかし、写真は欲しい。
と言うことで、自動写真撮影装置を作りました。

キモは手造りバックパック。、アームを取り付けて GOPRO HERO4 をマウント、自写撮りができるようにしました。バックパック内は、Pi 3、GPS モジュール、パワーパックを納めます。

Hardware components:
- Raspberry Pi Raspberry Pi 3 Model B
- GPS Module U-blox NEO-6M with 3m Active Antenna (STM32 51)
- PNY 7800 PowerPack
- Chdhs 101 main4
- GoPro HERO Series Camera
- GoPro 3-Way


特殊なソフトは使用せず、Python でコーディング。
まずは、旅行のターゲット地はロンドン。ロンドンの立ち寄りたい場所の GPS位置リストを作成(LondonGPS.py)。

GoPro の各種 API ライブラリを利用して、Pi と連携します。

Pi をスタートアップすると、現在地をチェック、事前設定の GPS GPS位置リストと照合します。


Automated GPS Controlled Photo Taker





前のページ 次のページ

FC2Ad