FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

AIOT プロセッサボード ROC-RK3308-CC 対応 遠距離マイクアレイボード

20190214a_FarMicArray_01.jpg

AIOT プロセッサボード ROC-RK3308-CC AIOT Main Board 用のマイクアレイボードです。
5m 程度の遠距離音声も認識、デジタルマイク x6、カラーLED x12、プログラマブルキー x5 の円形アレイのマイクボードです。
キーワード ウエイクアップ、エコーキャンセル、ノイズ低減といった機能、VAD(Voice Activation Detection)、音源位置検知もできます。

20190214a_FarMicArray_02.jpg

20190214a_FarMicArray_03.jpg

Microphone Array Specifications
- Module pattern: Circular
- Number of array element: 6
- Module size: Diameter of 86mm
- Wakeup distance: > 20m
- Identification distance: > 5m
- Signal-to-noise ratio: SNR > 63dB
- Operating temperature: -20°C - 80°C
- Sound source location: Horizontal 360°
- Location accuracy: ±12°
- Support keyword wakeup, sound source location, noise suppression and VAD

20190214a_FarMicArray_04.jpg

ROC-RK3308-CC Far-field Microphone Array Board - 遠距離マイクアレイボード







AIOT プロセッサボード - AI+IOT Open Source Main Board

20190213a_AIOT Board_01

Firefly の ROC-RK3308-CC Quad-Core 64-Bit AIOT Main BoardRockchipRK3308 コアプロセッサを搭載した AIOT プロセッサボードです。

20190213a_AIOT Board_02

ハイパフォーマンス CODEC の Quad-Core 64-Bit プロセッサで、AI + IoT 処理 に威力を発揮します。

別売の ROC-RK3308-CC 遠距離マイクアレイボードにより、高機能の AI 音声処理システムを構成できます。

20190213a_AIOT Board_03

また、MCU ディスプレイスクリーンをサポート、シンプルに簡便にディスプレイを設置できます。

20190213a_AIOT Board_04

サポートOS / サービスは以下です。

20190213a_AIOT Board_05

- Buildroot
- DuerOS(対話型 AI OS)
- Amazon AVS(Alexa Voice Service),
- AliOS Things(Ali 埋め込み IoT OS)
- ROS (Robot Operating System)


20190213a_AIOT Board_06

Specification:
- Soc: RK3308 (28nm process)
- CPU: Quad-core Cortex-A35, frequency up to 1.3GHz
- RAM: Support 128MB-512MB DDR3
- Storage
 - NandFlash: Support 128MB, 256MB
 - eMMC: Support 4GB-128GB
 - SPI Flash:16MB ~512 MB
 - Support MicroSD (TF) Card Slot expansion
- Ethernet: 100M Ethernet (RJ45 interface)
- WiFi/ Bluetooth: Support 802.11 b/g/n protocol, support Bluetooth 4.2
- Display: Support 8-bit MCU Display Screen, of which the resolution is up to 480P
- Audio: With built-in audio CODEC, including ADC×8 and DAC×2
- USB: USB 2.0 × 1、OTG × 1(Type-C)
- Debugging: Debug UART×1, be used for development and debugging
- Key: Recovery × 1
- Interfaces
 - POE (IEEE802.3AT standard)
 - I2C×3 (iomux), UART×2 (one is for Debug), SPI×1, PWM×3
 - I2S×1 (iomux), LCD (8-bit MCU)
 - ADC×2, LINEOUT, SPDIF IN/OUT
- System/Service
 - Support Buildroot,
 - Support the conversational artificial intelligence operating system: DuerOS,
 - Amazon AVS(Alexa Voice Service),
 - Ali embedded operating system of IOT: AliOS Things,
 - Open source robot operating system: ROS (Robot Operating System)
- Size: 85mmx56mm

ROC-RK3308-CC Specifications V1.0

ROC-RK3308-CC Development Manual



20190213a_AIOT Board_07

ROC-RK3308-CC Quad-Core 64-Bit AIOT Main Board - AIOT プロセッサ ボード







壁掛けタッチスクリーンでウェザーステーションやソーシャルトラッカーを

20190212a_ArduiTouch ESP_01

Zihatec の ArduinoTouch ESP は、壁取り付けできる DIY タッチスクリーンセットです。
プロセッサボードは別途用意する必要がありますが、以下のプロセッサに対応しています。
- NodeMCU Amica ESP8266
- Wemos D1 Mini
- ESP32 NodeMCU

20190212a_ArduiTouch ESP_03


タッチスクリーンは 2.4 inch、SPI インタフェース、抵抗膜方式タッチ。

20190212a_ArduiTouch ESP_04

ピエゾスピーカーが付き、また、スモールブレッドボードエリアで独自回路を拡張することができます。

20190212a_ArduiTouch ESP_05

以下のアプリケーションが提供されます。

- ウェブステーション
20190212a_ArduiTouch ESP_06
- サーモスタット
20190212a_ArduiTouch ESP_07

- ソーシャルトラッカー
20190212a_ArduiTouch ESP_08


ArduiTouch ESP description

ArduiTouch ESP construction manual



20190212a_ArduiTouch ESP_09

ArduiTouch ESP - ESP8266 ESP32 壁取付け タッチスクリーン セット (01 DIY キット)







DFRobot の Pi UPS

20190208a_DFRobot Pi UPS_01

Pi 用 UPS では、Pi Modules 社の UPS PIco が有名ですが、『無停電電源装置 & 開発ツール』と謳っているように、開発者向け機能が豊富なため、UPS の機能だけを使いたい人には、組み立てを含め、戸惑ってしまいます。リセットピンの設置位置も、Pi の各モデルによって違うわけですし...また、機能が豊富なだけ価格も高くなります。

今度出た DFRobot の Pi 用 UPS は 3.7V リチウム電池対応ですが、単純で使いやすくなっています。
単純と言っても、中身はしっかりできています。
例えば、Maxim MAX17043 残量ゲージにより、正確に残量把握ができます。
また、マイクロコントローラ(Beetle ESP32)を搭載し、Pi と I2C インタフェースで、各種電源情報を供給します。

安全性も、バッテリの充電/放電保護、オーバーヒート保護、逆流防止回路など充分考えられています。

20190208a_DFRobot Pi UPS_02

便利なのは、5個の LED により、充電状態が一目でわかる点です。

20190208a_DFRobot Pi UPS_03

なお、3.7V リチウム電池は商品には付属しません。コネクターは標準の PH2.0-2P、また直接ハンダ付けもできますので、好みの標準 3.7V リチウム電池を使用できます。

FEATURES
- Standard Raspberry Pi extension interface, compatible with other expansion boards
- Support 2A maximum current output, suitable for more Raspberry Pi applications
- Auto switching of charge/recharge path, designed to against power-down
- On-board 5 LEDs for showing the batteries’ status
- On-board Maxim fuel gauge IC
- Support reading battery information via I2C communication
- Lithium battery charge/discharge protection and over-heating protection
- Anti-backflow mainboard power source

SPECIFICATION
- Supply Voltage: 4.5~5.5V
- Supply Current: (recommend using adapter with power of 2A and above)
- Power Supply Interface: Micro-USB
- Maximum Charge Current: 1.6A
- Battery Interface: PH2.0-2P or solderable contact - Battery: 3.7 Lithium Battery
- Output Voltage: 5V
- Maximum Output Current: 2A
- Main-Board: Raspberry Pi B/B+/2B/3B/3B+ and subsequent version
- Communication Interface: I2C
- Dimension: 65mmx56mm/2.56”x2.20”
- Mounting Hole Size: 58mmx49mm/2.28”x1.93”
- Operating Temperature: -40℃~85℃


20190208a_DFRobot Pi UPS_04

DFRobot Raspberry Pi UPS HAT - 無停電電源装置







Pi で、ヨガトレーニングのサポート - YogAI

20190207a_YogAI_02.jpg

YogAI は、ヨガをトレーニングしている人のポーズを認識し、正しいポーズをアドバイスするという、Team yogai が開発中のシステムです。

ヨガポジションのサンプルイメージを集めデータベースを作り、OpenPosePoseNet を参考に、TensorFlow のディープラーニングによりポーズをクラス分けしました。
Pi でスマートミラーを作成、実際のポーズと正しいポーズを重ね合わせ、ポーズが正しくないときアドバイスします。

ハードウェア:
- Pi 3
- Pi カメラ
- スピーカー
- ディスプレイ
- マジックミラー(one way mirror)

ソフト:
- Python3
- TensorFlow 1.4.1+
- OpenCV3、protobuf、Python3-tk

YogAI (GitHub)

20190207a_YogAI_01.jpg

YogAI: Smart Personal Trainer (hackster.io)







前のページ 次のページ

FC2Ad