ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi ステイタス LED をアクリル棒で見やすく

20180612a_PiStatusLEDedgeMount_01.jpg

Jason Dentler 氏は3Dプリンターで以下のパーツを作成。

20180612a_PiStatusLEDedgeMount_02.jpg

穴は、Pi 3 B+ のステータス LED に対応(左から ACT、PWR)、突起部分を Pi マウントホールに刺します。
アクリル棒は、1/16"(Plastruct AR-2H Clear Rod,1/16) 

20180612a_PiStatusLEDedgeMount_03.jpg

Jason 氏は Pi カスタムケースにより、アクリル棒をケースの外に出し、ステータス情報を一目でわかるようにしたそうです。


Raspberry Pi status LED edge mount acrylic (thingiverse.com)







ZEROPLUS のロジックアナライザー学習キット

20180611a_Zeroplus ArduinoStarterKit _01

Zeroplus Technology はビデオゲーム機器製造でスタートした、台湾の会社ですが、エレクトロニック計測機器分野にも参入、PC ベースのロジックアナライザーは評判で、日本を含めた各国で、各種特許を取得しています。

その Zeropplus のロジックアナライザー学習キットが『Arduino starter kit with Logic Analyzer』です。

ロジックアナライザーは、LAP Educator

20180611a_Zeroplus ArduinoStarterKit _02

20180611a_Zeroplus ArduinoStarterKit _03

キットは、Arduino UNO rev3 と各種コンポーネントが付属、ガイド(日本語)に従って9つの回路を組み立てながら、ロジックアナライザーの使用方法が学べるようになっています。

商品内容:
- LAP Educator
- Arduino UNO rev3
- LCD(16x2行)
- USBブリッジ(TypeA to B)
- サウンドセンサー(マイク)
- テストフック x10
- バッテリホルダー(単3 x2)
- USB A-B ケーブル(Arduino用)
- USB A-B ケーブル(LAP Educator用)
- ジャンパー メス-メス x10(LAP Educator)
- ジャンパー オス-オス 20(ブレッドボード - Arduino)
- ブレッドボード

- コンポーネント
 - 3V DCモーター
 - LED x5
 - フォトレジスター
 - コンデンサー 104 μF x2
 - トランジスター BC337 NPN
 - 温度センサー LM335
 - プッシュボタン x4
 - ポテンショメーター 10kΩ
 - ダイオード 1N4148
 - 抵抗 10kΩ x4、2.2kΩ x2、330Ω x4

- 日本語ガイド

20180611a_Zeroplus ArduinoStarterKit _04
20180611a_Zeroplus ArduinoStarterKit _05

ユーザーマニュアル(ZP-Studio ユーザーガイド)

20180611a_Zeroplus ArduinoStarterKit _06

Zeroplus ロジックアナライザー学習キット Arduino starter kit with Logic Analyzer - 日本語版







Boston Dynamics の恐いロボットたち

20180608a_Robots of BostonDynamics_01

Boston Dynamics は MIT(Massachusetts Institute of Technology)をスピンオフした人たちが、DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency:アメリカ国防高等研究計画局)などからの資金の元、本格的な軍事用途向けロボットを開発しています。

20180608a_Robots of BostonDynamics_02
20180608a_Robots of BostonDynamics_03




20180608a_Robots of BostonDynamics_04
20180608a_Robots of BostonDynamics_05




20180608a_Robots of BostonDynamics_06
20180608a_Robots of BostonDynamics_07




20180608a_Robots of BostonDynamics_08
20180608a_Robots of BostonDynamics_09




20180608a_Robots of BostonDynamics_10
20180608a_Robots of BostonDynamics_11




20180608a_Robots of BostonDynamics_12
20180608a_Robots of BostonDynamics_13




このようなロボットたちが突進してきたら、まさに恐怖ですね....

Robots of Boston Dynamics (bostondynamics.com)







パテント・ディペンディング? - Patent Depending - ナンセンス 考案

20180607a_PatentDepending_01.jpg

パテント・ペンディング(Patent Pending)ならぬ、パテント・ディペンディング( Patent Depending)、Steven M. Johnson氏のナンセンス インベンション(発明品)です。

上記は、『ハイヒール ツールキット』。女性の方が男性よりもマルティタスキングに向いてるとか...


『サバイバル バイクベスト』
20180607a_PatentDepending_02.jpg


『バーティカー』
20180607a_PatentDepending_03.jpg



Patent Depending, The Nonsense Inventions of Steven M. Johnson at Maker Faire (makezine.com)







AI コラボ - Alexa の助けで Microsoft 顔認識

20180606a_Pi image recognition wAlexa_01

SeeTalker は Alexa をユーザインタフェースとし、Microsoft Azure Cognitive サービスを利用して、顔認識をします。
Ken Walker 氏のプロジェクトです。

20180606a_Pi image recognition wAlexa_02

SeeTalker に、見ている物が何かを尋ねます。
SeeTalker は Alexa skill でスナップを撮り、そのイメージの解析を Microsoft Cognitive サービス に依頼します。解析結果は、Alexa が音声で応答します。
SeeTalker はまた、Alexa コマンドにより、自撮りもできるようにしています。

20180606a_Pi image recognition wAlexa_03

Raspberry Pi Image Recognition with Alexa Voice (hackster.io)







前のページ 次のページ

FC2Ad