FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

NVIDIA Jetson Nano Kit で Grove モジュールを使おう

20190621a_Grove Base HAT _01

Seeed Studio は grove.py Python ライブラリ をアップデートして、NVIDIA Jetson Nano Kit にも対応しました。
従いまして、Pi 用の Grove Base HAT for Raspberry Pi Zero も NVIDIA Jetson Nano Kit で使用できるようになりました。

20190621a_Grove Base HAT _02



GPIO
20190621a_Grove Base HAT _03

Digital
20190621a_Grove Base HAT _04

Analog
20190621a_Grove Base HAT _05

PWM(pulse-width modulation)
20190621a_Grove Base HAT _06

I2C
20190621a_Grove Base HAT _07

UART
20190621a_Grove Base HAT _08

SWD
20190621a_Grove Base HAT _09


アーキテクチャ

20190621a_Grove Base HAT _10


WiKi - Grove Base Hat for Raspberry Pi Zero

grove.py Python Library



20190621a_Grove Base HAT _11

Grove Base Hat for Raspberry Pi Zero - NVIDIA Jetson Nano Kit もOK







Coral の センサーボード

20190610a_Coral Env Sensor Board_01

Google Edge TPU 関連商用販売ブランドの Coral ですが、周辺機器のリリースも増えてきました。

カメラモジュールに続いてリリースされたのが センサーボード Environmental Sensor Board です。

Coral のボードですから、メインの特徴は、Google Cloud IOT Core、セキュリティを維持しながらデバイスを接続して管理、ということで、Google Cloud IOT Core 接続のための Google key のチップ搭載です。

Coral Dev Board だけでなく、Pi にも対応、MagPi 6月号 #82 (p8) でも 『Google は センサーと Google クラウド統合の Pi 用新ボード発売』 と紹介しています。

20190610a_Coral Env Sensor Board_02

20190610a_Coral Env Sensor Board_03

センサーは、温湿度、光、気圧、それに Grove コネクター x4 で、Grove センサー/モジュールが接続できます。


テクニカルスペック
20190610a_Coral Env Sensor Board_04


我々にとっての大問題は、Coral Dev Board は日本での販売禁止ですが、Coral Dev 関連周辺機器も、日本は販売禁止地域になっている点です。
Coral Dev Board は、ネットワーク技適の問題もあり、日本での正式販売禁止というのは、ま、理解できるとして、本センサーボードは、Coral Dev Board に関係なく、Pi 用ボードとして稼動するわけですので、どうにかして欲しいですね。

なお、現在の Coral 商品ディストリビュータは Mouser と Seeed ですが、米国 Google から指示されている販売禁止国は以下のようになっています。

Australia, Canada, Central African Republic, China, Colombia, Cuba, Czech Republic (CZ), France (FR), India, Iran, Israel, Japan, Korea, New Zealand, North Korea, Republic of Ecuador, Republic of Kosovo, Sudan, Syria, Taiwan(China)

カナダもだめなので、基本は米国と英国、と言うことでしょうか?
何なのでしょうね?

Environmental Sensor Board datasheet



20190610a_Coral Env Sensor Board_05

Coral Environmental Sensor Board







Pimoroni Keybow キーボー がより手軽に - Keybow 3-key マクロパッド

20190520a_Keybow 3-key _01

ファンシーなメカニカル マクロ キーボードとして、マニアに好評の Pimoroni Keybow キーボー がキー数を減らし、より手軽な、3-key マクロパッド として登場です。

従来の 12-Key Keybow
20190520a_Keybow 3-key _02

従来の 12キーが、3キーとなったバージョンです。
サイズも、pHAT ボードと同サイズになりました。

20190520a_Keybow 3-key _03

ただ、今までの 12-Key キーボー は、コントロール用の Pi Zero WH が付いていましたが、今度の 3-Key キーボー は同梱されていません。
別途、Pi を準備する必要があります。Pi B+ 以降の前モデルに対応ですが、やはり、Pi Zero WH がお似合いでしょうね。

キー数が少なくなった以外、機能はすべて 12-Key 版と同じで、キースイッチは 2種類の商品、クリックオンキー 版と リニア静音キー 版に分かれています。

20190520a_Keybow 3-key _04

キット内容
- Keybow MINI PCB
- スイッチ プレート
- Kailh スピード スイッチ x3 (01 Gold または 02 Silver)
- DSA 形状 クリアキーキャップ x3
- アクリル ベースプレート
- 取り付けパーツ、および脚
- マイクロ USBケーブル(50cm)
- キットボックス(パーツ整理など各種用途に使用可)

Keybow MINI features
- Per-key RGB LEDs (APA102)
- Kailh hot-swap switch sockets (for Cherry MX-compatible switches)
- 40-pin female header
- I2C and SPI breakout header for add-ons
- Custom Keybow OS
- Compatible with Raspberry Pi 3B+, 3, 2, B+, A+, Zero, and Zero W
- Assembled size: 68.5x31.75x39mm

Keybow 組み立て

Keybow OS セットアップ

Keybow カスタマイゼーション




20190520a_Keybow 3-key _05

Pimoroni Keybow - キーボー ミニ 3-Key マクロパッド キット







Pi A+/3A+ の USBポートを 4ポートに - USBハブボード ACE4U

20190305a_AVE4U_01.jpg

Pi パワーマネージメントボード Witty PiUUGear から Pi A+/3A+ 対応 4ポートの USBハブボード 登場です。

20190305a_AVE4U_02.jpg

Pi A+/3A+ の裏面に取り付けます。
Pi のテストパッドポゴピンで取り付けますので、接続用のケーブルは必要ありませんし、ハンダ付け作業もありません。

20190305a_AVE4U_03.jpg

ハブボードの、電源用 micro USB ポートまたは、コネクター XH2.54 から電源 5V DC を供給します。Pi 本体もこの電源で稼動します。

ハブボードに、電源を供給しない場合は、バスパワーハブとして稼動します。

20190305a_AVE4U_06.jpg

20190305a_AVE4U_08.jpg

注意点は、Pi A+/3A+ オリジナルの USB ポートは、ACE4U に乗っ取られていて、使用できなくなっていることです。

ハブボードを Pi A+/3A+ から取り外し、アップストリーム用 micro USB ポートに他コンピュータからの USBケーブルを接続すると、一般の USBハブとして使用することもできます。

20190305a_AVE4U_07.jpg




20190305a_AVE4U_09.jpg

ACE4U: 4 ポート USB ハブ ボード for Raspberry Pi A+ / 3A+







Pixy2 CMUcam5 に LEGO バージョン

20190225a_Pixy2 LEGO _01

2018年春にリリースされた Charmed Labs の カラーオブジェクトセンサー Pixy2 CMUcma5、前バージョン Pixy に比べて高速、機能アップ、パワーアップ、小型化されました。
Pixy にあった、LEGO バージョン、LEGO ユーザが長らく待ち続けていましたが、その Pixy2 版が登場です。

20190225a_Pixy2 LEGO _02

20190225a_Pixy2 LEGO _03

LEGO Mindstorms EV3 コントローラブロックに付属ケーブルで接続、LEGO Mindstorms プログラム環境にシームレスに統合できます。

20190225a_Pixy2 LEGO _04


20190225a_Pixy2 LEGO _05

Pixy2 for LEGO Mindstorms EV3 Documentation

なお、Pixy2 CMUcam5 をすでに持っている場合は、別売の専用ケーブルを用意し、ファームウェアをアップグレードすることにより、LEGO 対応バージョンにすることができます。
Can I use my regular Pixy2 with LEGO Mindstorms?



20190225a_Pixy2 LEGO _06

Pixy2 CMUcam5 for LEGO - カラーオブジェクト センサー LEGO バージョン







前のページ 次のページ

FC2Ad