FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

3D ジェスチャー トラッキングボード for Pi

20190626a_3D Gesture_01

Microchip MGC31303Dジェスチャーコントローラ チップ です。ジェスチャ認識、x y z ポジション情報などを得られるだけでなく、Microchip GestIC テクノロジーの Colibri Gesture Suite (ライブラリ)がチップにビルトインされていて、アプリケーション開発が容易になっています。

Seeed Studio の 3D ジェスチャー トラッキングボード は、この Microchip MGC3130 を使用し、Pi Hat として開発しました。


20190626a_3D Gesture_02

ジェスチャ認識、x y z ポジション情報の他、近接センサー、タッチセンサー(タップ、ダブルクリック)が可能です。

また、Grove コネクター(I2C)が 1ポート付いています。

20190626a_3D Gesture_03

20190626a_3D Gesture_04

Features
- Recognition of 3D Hand Gestures and x, y, z Positional Data
- Proximity and Touch Sensing
- Built-in Colibri Gesture Suite (running on chip)
- Advanced 3D Signal Processing Unit
- Detection Range: 0 to 10 cm
- On-chip Auto Calibration
- Compatible with various models of Raspberry Pi 2, 3, and zero

20190626a_3D Gesture_05


GestIC Technology Colibri Gesture Suite






20190626a_3D Gesture_06

3D ジェスチャー トラッキングボード for Raspberry Pi - 3D Gesture & Tracking Shield (MGC3130)







CAN-BUS FD を 2チャンネルサポートする Pi 対応ボード

20190624a_Can-BUS FD _02

車載ネットワークプロトコル CAN(Controller Area Network)を拡張した CAN FD(CAN with Flexible Data rate)はより高速に送受信できるようになりました。

CAN/CAN FD に関しましては、下記、資料が詳しく説明しています。

はじめてのCAN/CAN FD (Vector Japan)

その CAN FD をサポート、しかも 2チャンネルサポートしてくれるのが、Seeed Studio の Pi 用 HAT です。

20190624a_Can-BUS FD _01

高速転送
- 8Mbps@10m 20AWG シールドケーブル
- 1Mbps@40m 20AWG シールドケーブル 

パワーサプライ
- Pi ヘッダー経由
- ネジ端子(12~24V)

ネジ端子から電源を供給する場合、高品質の Pnasonic のコンデンサー、TI パワーチップ、合理的回路デザインにより、CAN FD HAT のみならず、Pi 本体、および、接続周辺機器にも安定電源を供給します。

CAN BUS 終端デバイスは反射防止に 120Ω の抵抗を設置する必要がありますが、スイッチでオン/オフできる世になっています。

20190624a_Can-BUS FD _03

20190624a_Can-BUS FD _04

また、Grove コネクター(I2C)が 2ポート付いています。

20190624a_Can-BUS FD _05

CAN FD コントローラチップ: MCP2517FD


ヘッダーおよびスペーサーなど付属していますので、すぐ組み立てて、使用できます。

20190624a_Can-BUS FD _06



20190624a_Can-BUS FD _07

CAN-BUS FD 2-Channel HAT for Raspberry Pi







NVIDIA Jetson Nano Kit で Grove モジュールを使おう

20190621a_Grove Base HAT _01

Seeed Studio は grove.py Python ライブラリ をアップデートして、NVIDIA Jetson Nano Kit にも対応しました。
従いまして、Pi 用の Grove Base HAT for Raspberry Pi Zero も NVIDIA Jetson Nano Kit で使用できるようになりました。

20190621a_Grove Base HAT _02



GPIO
20190621a_Grove Base HAT _03

Digital
20190621a_Grove Base HAT _04

Analog
20190621a_Grove Base HAT _05

PWM(pulse-width modulation)
20190621a_Grove Base HAT _06

I2C
20190621a_Grove Base HAT _07

UART
20190621a_Grove Base HAT _08

SWD
20190621a_Grove Base HAT _09


アーキテクチャ

20190621a_Grove Base HAT _10


WiKi - Grove Base Hat for Raspberry Pi Zero

grove.py Python Library



20190621a_Grove Base HAT _11

Grove Base Hat for Raspberry Pi Zero - NVIDIA Jetson Nano Kit もOK







Coral の センサーボード

20190610a_Coral Env Sensor Board_01

Google Edge TPU 関連商用販売ブランドの Coral ですが、周辺機器のリリースも増えてきました。

カメラモジュールに続いてリリースされたのが センサーボード Environmental Sensor Board です。

Coral のボードですから、メインの特徴は、Google Cloud IOT Core、セキュリティを維持しながらデバイスを接続して管理、ということで、Google Cloud IOT Core 接続のための Google key のチップ搭載です。

Coral Dev Board だけでなく、Pi にも対応、MagPi 6月号 #82 (p8) でも 『Google は センサーと Google クラウド統合の Pi 用新ボード発売』 と紹介しています。

20190610a_Coral Env Sensor Board_02

20190610a_Coral Env Sensor Board_03

センサーは、温湿度、光、気圧、それに Grove コネクター x4 で、Grove センサー/モジュールが接続できます。


テクニカルスペック
20190610a_Coral Env Sensor Board_04


我々にとっての大問題は、Coral Dev Board は日本での販売禁止ですが、Coral Dev 関連周辺機器も、日本は販売禁止地域になっている点です。
Coral Dev Board は、ネットワーク技適の問題もあり、日本での正式販売禁止というのは、ま、理解できるとして、本センサーボードは、Coral Dev Board に関係なく、Pi 用ボードとして稼動するわけですので、どうにかして欲しいですね。

なお、現在の Coral 商品ディストリビュータは Mouser と Seeed ですが、米国 Google から指示されている販売禁止国は以下のようになっています。

Australia, Canada, Central African Republic, China, Colombia, Cuba, Czech Republic (CZ), France (FR), India, Iran, Israel, Japan, Korea, New Zealand, North Korea, Republic of Ecuador, Republic of Kosovo, Sudan, Syria, Taiwan(China)

カナダもだめなので、基本は米国と英国、と言うことでしょうか?
何なのでしょうね?

Environmental Sensor Board datasheet



20190610a_Coral Env Sensor Board_05

Coral Environmental Sensor Board







Pimoroni Keybow キーボー がより手軽に - Keybow 3-key マクロパッド

20190520a_Keybow 3-key _01

ファンシーなメカニカル マクロ キーボードとして、マニアに好評の Pimoroni Keybow キーボー がキー数を減らし、より手軽な、3-key マクロパッド として登場です。

従来の 12-Key Keybow
20190520a_Keybow 3-key _02

従来の 12キーが、3キーとなったバージョンです。
サイズも、pHAT ボードと同サイズになりました。

20190520a_Keybow 3-key _03

ただ、今までの 12-Key キーボー は、コントロール用の Pi Zero WH が付いていましたが、今度の 3-Key キーボー は同梱されていません。
別途、Pi を準備する必要があります。Pi B+ 以降の前モデルに対応ですが、やはり、Pi Zero WH がお似合いでしょうね。

キー数が少なくなった以外、機能はすべて 12-Key 版と同じで、キースイッチは 2種類の商品、クリックオンキー 版と リニア静音キー 版に分かれています。

20190520a_Keybow 3-key _04

キット内容
- Keybow MINI PCB
- スイッチ プレート
- Kailh スピード スイッチ x3 (01 Gold または 02 Silver)
- DSA 形状 クリアキーキャップ x3
- アクリル ベースプレート
- 取り付けパーツ、および脚
- マイクロ USBケーブル(50cm)
- キットボックス(パーツ整理など各種用途に使用可)

Keybow MINI features
- Per-key RGB LEDs (APA102)
- Kailh hot-swap switch sockets (for Cherry MX-compatible switches)
- 40-pin female header
- I2C and SPI breakout header for add-ons
- Custom Keybow OS
- Compatible with Raspberry Pi 3B+, 3, 2, B+, A+, Zero, and Zero W
- Assembled size: 68.5x31.75x39mm

Keybow 組み立て

Keybow OS セットアップ

Keybow カスタマイゼーション




20190520a_Keybow 3-key _05

Pimoroni Keybow - キーボー ミニ 3-Key マクロパッド キット







前のページ 次のページ