ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

DIN レール対応 プロトタイピングプレート内蔵 Pi ケース - RasPiBox Open Plus

20180213a_RasPiBoxOpenPlus_01.jpg

ドイツ Hartmut Wendt(HWHardSoft)の DIN レール対応 Pi エンクロージャー、Made in Germany のしっかりした作りのケースです。
ケース内には、プロトタイピングプレートを内蔵、このプレートは各種使用に柔軟に対応できるように、THT パーツ用エリア、SMD パーツ用エリアに分かれ、また、GPIO/I2C/SPI/Power コネクターがあります。

20180213a_RasPiBoxOpenPlus_02.jpg

20180213a_RasPiBoxOpenPlus_03.jpg

RasPiBox Open Plus Prototyping Din Rail Raspberry Pi case Features:
- milled cab rail enclosure (highest quality - made in Germany)
- top shell with transparent cover (optional with closed cover)
- for EN50022 DIN rails
- prototyping plate - fits perfectely in the enclosure
- 2x 2-pin terminal blocks
- 2x 3-pin terminal blocks
- 40 pole socket for the Raspberry Pi A+ , B+ , 2 B, 3 B
- SSOP and SOIC breakout area for integrated circuits
- 0805 and SOT23 breakout area for other SMD parts
- pcb contains a layout for a 5V voltage switching regulator
- for Raspberry Pi model A+, B+, 2 B, 3 B  and Zero only

This kit also includes parts for a 5V/1.7A voltage regulator.






20180213a_RasPiBoxOpenPlus_04.jpg

RasPiBox Open Plus Standard - プロトタイピング DIN レール ケース for Raspberry Pi





Linux CLI 入力をより素早く - ショートカットキー リファレンス図

CLI コマンドライン入力にあたって、カーソル移動のショートカットキーを使いこなせば入力がより早くなります。
書籍や Web などで、リファレンス資料がありますが、今ひとつ見にくい、ということで、CLÉMENT CHASTAGNOL氏は上記のリファレンス図を作りました。

カーソル位置は、真ん中の "c" です。
CLI 文字列の上部分が、カーソル移動系、下部分が文字削除系のショートカットです;

気をつけなければいけないのは、このショートカットは色々な要因(ディストリビューション、シェル、コンフィグレーションなど)で変わっている可能性があることです。
使用システムのショートカットキーを確認して使ってください。


Moving efficiently in the CLI (clementc.github)







Kindle を Pi Zero のリモートスクリーンに - Kindleberry

20180116a_Kindleberry_01.jpg

 Ben Yarmis 氏は、学生時代からずっと使っている Kindle Touch (3G) を Pi Zero W のリモートスクリーンとしても機能するように改造しました。

ブルートゥースキーボードとルーターで Kindleberry のできあがりです。
なお、 Kindle には Jailbreak(ジェイルブレイク) することになりますので、ご注意を。

20180116a_Kindleberry_02.jpg

Kindleberry Pi Zero W (yarm.is)





FLIR Lepton と PureThermal 1 用ケース

20180115a_PureThermal 1 Case_01

先日紹介した、FLIR Lepton 対応入出力モジュール PureThermal 1 用ケースです。

マイクロ USBポートとパワーボタンのアクセスができ、三脚用ねじ穴(1/4"-20)、TMP007 非接触温度センサー用ホールがあります。

20180115a_PureThermal 1 Case_02

20180115a_PureThermal 1 Case_03

FLIR Lepton と PureThermal 1 FLIR Lepton Smart I/O Module を安全にプロテクトします。

20180115a_PureThermal 1 Case_04

PureThermal 1 Case V2 - FLIR Lepton と PureThermal 1 用ケース





LEGO のボトルシップ - LEGO Ideas 21313 Ship in a Bottle

20180111a_Lego Ship in a Bottle _01

LEGO Ideas はユーザが製品アイデアを出し、それが認められれば商品化されるという Webサイト です。発案者(オリジナルデザイナー)には、ロイヤリティ 1% が与えられます。

トップ写真のボトルシップ(Ship in a Bottle)は、Jake Sadovich氏発案の作品、商品化された LEGO Ideas 21313 は 2月1日発売予定です。

従来の ボトルシップ の作り方は3通りあるそうで、
引き起こしタイプ はマスト以外の船体を瓶の外で組み立て、瓶の中でマストを起こすやり方。
分解・組み立てタイプ は瓶の中で組み立てていくやり方。
偽ボトルシップ は瓶の底を切り抜いてあらかじめ組み立てた船体を入れるやり方。

LEGO の場合は、どうしても偽ボトルシップになってしまうでしょうが、各パーツを含めた隅々までほんもののボトルシップ風なのはお見事。

20180111a_Lego Ship in a Bottle _02

20180111a_Lego Ship in a Bottle _03

20180111a_Lego Ship in a Bottle _04


20180111a_Lego Ship in a Bottle _05

20180111a_Lego Ship in a Bottle _06

Introducing LEGO® Ideas 21313 Ship in a Bottle (ideas.lego.com)





前のページ 次のページ

FC2Ad