ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

暗闇や煙で周りが見えない時の障害物検知 - WalabotEye

20170419a_WalabotEye_01.jpg

Walabot(ウォラボット)は、スマホサイズの RF ベースの3次元イメージセンサーです。最大 18個(Walabot Pro)の直線偏光ブロードバンド(linearly polarized broadband)アンテナで、リアルタイムに、壁内部を含めた、オブジェクト位置情報を得ることができます。

20170419a_WalabotEye_02.jpg


WALABOT - Technical Brief

 Dave Clarke 氏は、Walabot Pro と Pi 3 により、バイブで周りのオブジェクトの存在を知らせる、オブジェクトトラッカー WalabotEye を開発しました。

周りの障害物を視認できないとき、煙の立ちこめた場所での救助活動に有効です。

20170419a_WalabotEye_03.jpg

バイブ装置は、Vibrating Mini Motor Disc を、そのコントロールには Adafruit DRV2605L Haptic Motor Controller を使用しています。

バックパックに、バッテリパックと一緒に納めます。

20170419a_WalabotEye_04.jpg

ショルダーのバイブが障害物を知らせます。
障害物の距離は、バイブの大きさで、障害物の方向、正面か、右か、左かは2番目のバイブが、リピート、大きさアップ、大きさダウンで知らせます。


WalabotEye - Object Tracker with Haptic Feedback





MagPi ビデオ チュートリアル - Etcher で Raspbian インストール

20170418a_MagPiVideoTutrorialEtcher_01.jpg

20170418a_MagPiVideoTutrorialEtcher_02.jpg

MagPi がビデオでのガイド/チュートリアルを始めました。
以前、Pi Zero W の案内をビデオ公開しましたが、雑誌だけでなく、ビデオもシリーズ化するそうです。

今回は、Etcher のチュートリアルです。


MAGPI VIDEO TUTORIALS: INSTALLING AN OPERATING SYSTEM WITH ETCHER





DGPS による Pi 走行ロボット

20170417a_DGPA Robot_01

 Ingmar Stapel 氏は、アウトドアで使用する走行ロボットの正確な位置情報を得るために、DGPS(Differential GPS)を実装しました。
ベース局もモバイル側(走行ロボット)も Pi を使用します。

20170417a_DGPA Robot_02

GPS レシーバーは、RasPiGNSS Aldebaran、ソフトは RTKLIB 、Pi 間の通信は WiFi または Xbee を使用します。

20170417a_DGPA Robot_03

ロボットは、精密ナビゲーションが可能になりましたが、実際の用途については検討中とのこと。
セキュリティロボット、芝刈り機、はたまた、近隣を守る怖いロボットか....


Raspberry Pi Powered Roboter with Differential GPS





Pi で Skype

20170416a_Skype on Pi_01

Skype は Intel x86系向けのみの提供で、Pi の ARM プロセッサには対応していません。
x86 アプリケーションを ARM ベースのコンピュータで動かす Eltechs ExaGear Desktop を利用して、Skype を稼働させる手順を Eltechs の Dmitry 氏が紹介しています。

Eltechs には、以前から Pi で Skype を利用する方法の問い合わせが多かったそうですが、正式にはドキュメント化していませんでした。なぜなら、Skype が使用する PulseAudio サウンドサーバーは、以前の Pi(Pi 2)までは、安定して稼働しなかったためです。

Pi 3 の登場で、環境がよくなったので、今回、Pi 2/3 での PulseAudio 設定方法、Skype インストレーション方法を紹介するとのことです。
なお、Pi 2 を利用する場合、高品質の Skype には、Pi 2 のオーバークロック化が必要です。





20170416a_Skype on Pi_02

Run Skype on Raspberry Pi





DIY AI スマートミラー

20170415a_SmartMirrorAkexa_01.jpg

ミラー(鏡)ですが、普通のミラーではありません。
Ben Eagan 氏作成のミラーは、ミラー上に、Pi のダッシュボードをオーバーラップ表示します。
また、ミラーに話しかけると、色々なことに答えてくれる AI Alexa 機能付きです。

キモはマジックミラー(two-way mirror)の作成と、ミラーへの Pi ディスプレイの取り付けです。
Pi とマイクとスピーカーなどを用意すれば、ハードの準備はほぼOK。

Hardware components:
- Raspberry Pi 3 Model B
- Lapel Mic
- USB Sound Card
- 16GB MicroSD Card
- Gorilla Glue Original
- STROMBY Picture Frame (50 x 70 cm)
- Extension Cord
- 21" Computer Monitor
- 3"x1" Lumber (12 ft)
- Gila Mirrored Window Film
- Wood Screws
- USB Speaker
- Angle Brackets

20170415a_SmartMirrorAkexa_02.jpg

Software apps and online services:
- MagicMirror
- Raspberry Pi Raspbian Jessie
- Amazon Alexa Alexa Skills Kit




Smart Mirror (with Optional Alexa)





前のページ 次のページ

FC2Ad