ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

FLIR Lepton と PureThermal 1 用ケース

20180115a_PureThermal 1 Case_01

先日紹介した、FLIR Lepton 対応入出力モジュール PureThermal 1 用ケースです。

マイクロ USBポートとパワーボタンのアクセスができ、三脚用ねじ穴(1/4"-20)、TMP007 非接触温度センサー用ホールがあります。

20180115a_PureThermal 1 Case_02

20180115a_PureThermal 1 Case_03

FLIR Lepton と PureThermal 1 FLIR Lepton Smart I/O Module を安全にプロテクトします。

20180115a_PureThermal 1 Case_04

PureThermal 1 Case V2 - FLIR Lepton と PureThermal 1 用ケース





LEGO のボトルシップ - LEGO Ideas 21313 Ship in a Bottle

20180111a_Lego Ship in a Bottle _01

LEGO Ideas はユーザが製品アイデアを出し、それが認められれば商品化されるという Webサイト です。発案者(オリジナルデザイナー)には、ロイヤリティ 1% が与えられます。

トップ写真のボトルシップ(Ship in a Bottle)は、Jake Sadovich氏発案の作品、商品化された LEGO Ideas 21313 は 2月1日発売予定です。

従来の ボトルシップ の作り方は3通りあるそうで、
引き起こしタイプ はマスト以外の船体を瓶の外で組み立て、瓶の中でマストを起こすやり方。
分解・組み立てタイプ は瓶の中で組み立てていくやり方。
偽ボトルシップ は瓶の底を切り抜いてあらかじめ組み立てた船体を入れるやり方。

LEGO の場合は、どうしても偽ボトルシップになってしまうでしょうが、各パーツを含めた隅々までほんもののボトルシップ風なのはお見事。

20180111a_Lego Ship in a Bottle _02

20180111a_Lego Ship in a Bottle _03

20180111a_Lego Ship in a Bottle _04


20180111a_Lego Ship in a Bottle _05

20180111a_Lego Ship in a Bottle _06

Introducing LEGO® Ideas 21313 Ship in a Bottle (ideas.lego.com)





Excel で日本の風景画 - 堀内辰男氏

20171220a_HoriutiTatsuoExcelPaint_01.jpg

この絵が、Microsoft Excel って信じられます?
77才の堀内辰男氏、定年後自己流に初めて、今や国内外で有名となった Excel 画家です。

20171220a_HoriutiTatsuoExcelPaint_02.jpg

20171220a_HoriutiTatsuoExcelPaint_03.jpg

20171220a_HoriutiTatsuoExcelPaint_04.jpg



Meet Tatsuo Horiuchi, the 77-Year-Old Artist Who ‘Paints’ Japanese Landscapes With Excel (thisiscolossal.com)





手持ちのリモコンで Pi や PC をコントロールしよう - IRduino

20171201a_IRduino_01.jpg

Longan LabsIRduino は IR レシーバーが付いた、USB Arduino 端末です。

20171201a_IRduino_02.jpg

既存のリモコンを、Pi や PC のコントローラに変身させます。
Atmega32u4 搭載、Arduino Leonardo ブートローダー インストール済みで、オープンソース Arduino ライブラリを利用して、プログラミングできます。

20171201a_IRduino_03.jpg

用途としては、XBMC メディアセンター、ゲーム、プレゼンテーション、アプリケーション起動、コンピュータのリモートシャットダウン/リブートなどが考えられます。

プログラマブルな LED が眼の、ロボットデザイン、あなたのリモコンご要望を承ります。

20171201a_IRduino_05.jpg

Specifications:
- Microcontroller: Atmega32u4
- Operating Voltage: 5V
- Flash Memory: 32KB of which 4KB used by bootloader
- SRAM: 2.5KB
- EEPROM: 1KB
- Clock Speed: 16MHz
- Remote Distance: >5m
- Remote Support: 95% of IR Remote on the market
- Size: 19mm x 35mm(USB端子部分を含みます)

20171201a_IRduino_04.jpg

20171201a_IRduino_06.jpg

IRduino - Arduino compatible USB IR Receiver





アマゾンが出品禁止としていた Google AIY Voice Kit に出品再掲載許可

20171201b_AIY VoiceKitRe_01

先日、日本語補足説明書付き Google AIY Voice Kit が、Amazon での販売禁止商品 Google Home と同等品と判定され、商品削除となったと、お知らせしましたが、昨夜(11/30)、アマゾン テクニカルサポートから 『担当部署での調査確認が完了し、商品掲載再開可』 との連絡が来ました。

理由等、一切述べられていませんが、こちらから、削除の件の調査依頼をしていたので、Google Home とは別種類商品としてくれたようです。

現在は、アマゾンでも購入できるようになっています。

Google AIY Voice Kit - 日本語補足説明書付き(アマゾン)

ご注意:
上記、アマゾン商品ページは、『日本語補足説明書付き』 の商品ページですが、海外で販売されている通常の AIY Voice Kit をこの商品ページに出品している販売者様がいらっしゃいます。
購入時は、ご注意ください。





前のページ 次のページ

FC2Ad