ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Sense HAT でインタラクティブ ピクセル ペット


20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_01

Astro Pi Sense HAT として、一般販売開始されたのが 2015年8月、それ以降、多くの人が、多機能センサー、カラフルマトリックス LED表示のプログラミングを楽しんでいます。

各種ラーニングリソースから、今日は、『インタラクティブ ピクセル ペット』の紹介です。Sense HAT はモーション検知できますから、それを利用して、ピクセル ペットとインタラクティブに関わります。


1.ピクセル ペットのデザイン

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_02

sense_grid.py で 8 x 8 ピクセルのペットをデザイン。
デザインのためのワークシートがあります。

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_03

キャラクターデザイン例




2.それぞれのピクセルにラベル付け

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_04
e: empty p: purple g: green y: yellow

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_04-2


3.python でコーディング

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_05


4.loop でペットのアニメーション

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_06


5.walking function の作成

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_07


6.Sense HAT を振ってトリガーアクション

20170225a_SenseHAT InteractivePixelPet_08




Interactive Pixel Pet (Raspberry Pi Learning Resources)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/987-e3e89830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad