ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

TinyDuino のスターターキット


20170223a_TinyDuino_01.jpg

TinyCircuits 社の TinyDuino はウルトラコンパクトな、Arduino Uno (Atmega328P) 互換のプロセッサーボードです。

20170223a_TinyDuino_02.jpg

サイズは、 2cm x 2cm x 0.3cm。
使用バッテリの種類によって、3バリエーションあります。

01 リチウム電池サポート(Lithium Battery Support)
- リチウムバッテリ用コネクタが付いています。ホストUSB接続時に充電します。

02 コイン型電池サポート(Coin Cell Holder)
- コイン型電池ホルダーが付いています。CR1632(別売)を使用、ローパワーアプリケーション用です。

03 電池サポートなし(No Battery Support)
- バッテリ用のコネクタは付いていません。標準の +5V外部パワーコネクションホールから給電します。


拡張ボードは TinyShield と呼び、TinyDuino に積み重ねて、スタッキングできます。
プログラム開発には、USB コネクタの付いた USB TinyShield が必要ですが、ホストコンピュータと USB接続すると、電池がなくても給電できます。

20170223a_TinyDuino_03.jpg

TinyDuino を始めるに当たってのキット商品として、ベーシックキットとスターターキットがあります。
それぞれ、コイン型電池バージョンとリチウム電池バージョンがあります。

ベーシックキットは、ホストと接続するための TinyShield USB と、プロト用の TinyShield Proto Board が付いた、最低限必要なセットです。

20170223a_TinyDuino_04.jpg
TinyDuino ベーシックキット Basic Kit - コイン型電池バージョン - Coin Cell Version


スターターキットは、ベーシックキットに追加のプロトボードと、最初のプロジェクトが始められるように、LED の TinyShield が付いています。

20170223a_TinyDuino_05.jpg
TinyDuino スターターキット Starter Kit - リチウム電池バージョン - Lithium Versio


スターターキットに付いている『TinyShield 16 エッジ LED (Green)』は、16個の LEDをサークル状に配置しています。TinyShield コネクターがあるため、完全なサークルではありませんが。トップコネクターのない完全なサークルの『TinyShield サークル 21 LED』が別商品としてあります。

スターターキットでは、この『TinyShield 16 エッジ LED』を用いて、Arduino sketchの基本を学べるようになっています。

20170223a_TinyDuino_06.jpg

USING THE TINYSHIELD 16 EDGE LED BOARD TUTORIAL


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/985-0c18f25b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad