ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

グリーンバック フォトブース by Pi


20170220a_GreenScreen_02.jpg

画像の合成をするとき、バック(背景)をブルーにしてその部分に他の写真やビデオをはめ込む、ブルーバック(Blue Back)というのがあります。フィルムプロセスでは、ブルーが有利だったのですが、最近は、ブルーだと被写体が青みがかってしまうことや、グリーンの方がライティング光量が少なくてすむということで、グリーンバックになってきています。ブルー/グリーンバック合成のことをクロマキー(Chroma key)合成と呼びます。

Winkleink 氏は、グリーンスクリーンを利用して、Pi で写真合成を試みました。

20170220a_GreenScreen_01.jpg

グリーンスクリーン スタンドキットを eBay で購入、Pi カメラで撮影、ImageMagick でバックグラウンドカラーをクリア、Pygame でバックがなくなった前景と新たな背景用写真をマージ、オーバーレイします。

20170220a_GreenScreen_03.jpg

20170220a_GreenScreen_04.jpg

Green Screen photo booth using Raspberry Pi


余談ですが、Personify Chromacam バーチャル カメラソフトは、グリーンスクリーンなしで、ライトの当たっている人を前景として切り出してくれます。
『Dynamic Green Screen Technology』とか..

20170220a_GreenScreen_05.jpg






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/982-ab6bac11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad