ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi をブレードサーバーに - BitScope Blade for Pi


20170203a_BitScopeBlade_01.jpg

BitScope と聞くと、Pi をオシロスコープにする BitScope Micro と思ってしまいますが、オーストラリア MetaChip社の BitScope Designs は、顧客からテスト、計測、データ取得のための、スケーラブルなインダストリアルレベルのローコストソリューションを求められ、多数の BitScope Micro をサポートする Pi システムを開発しました。

20170203a_BitScopeBlade_20.jpg

それをブレード化、Pi のブレードサーバー ソリューションとして、BitScope ブランドで販売開始したのが、BitScope Blade です。

20170203a_BitScopeBlade_02.jpg

BitScope Blade は3種類あります。

- Blade Uno Pi (Raspberry Pi 1台 + HAT)
- Blade Duo Pi (Raspberry Pi 2台)
- Blade Quattro Pi (Raspberry Pi 4台)

20170203a_BitScopeBlade_04.jpg
Blade Uno Pi

20170203a_BitScopeBlade_05.jpg
Blade Duo Pi

20170203a_BitScopeBlade_06.jpg
Blade Quattro Pi

各Blade の大きな特徴は、インダストリアルレベルの電源です。
- 入力電源: 9V~48V, UPS, PoE, 12V/24V バッテリー、up to 3A (4A サージ)

外部電源の接続は、標準 2.5mmソケット、またはブレードエッジのマウンティングタブ。
マウンティングタブを使えば、ラックに組み込むとき、追加の電源配線が必要なくなります。

20170203a_BitScopeBlade_03.jpg

各スロットの Pi は個別に、パワー、リセット、インタラプトのコントロールができますので、システムを稼働させながら、個別 Pi メンテナンス対応ができます。

各ブレードとも、デスクトップやウォールマウントとして使うためのスタンドオフが付属しています。

20170203a_BitScopeBlade_07.jpg

スロット1の Pi は、HDMIポート、オーディオポートが使用できますので、USBポートと合わせて、モニター、キーボード、マウスを付けてワークステーションとして使用できます。
スロット1以外のスロットの Pi はヘッドレス Pi となります。もちろん、スロット1もヘッドレスにできます。

Blade Uno

20170203a_BitScopeBlade_08.jpg

Blade Uno は、Pi 1台ですが、HAT 用のスロットが用意されています。また、2個のパワー出力用 USB が付いています。
HAT の代わりにブレッドボードのマウンティングもできます。

20170203a_BitScopeBlade_09.jpg

20170203a_BitScopeBlade_10.jpg

20170203a_BitScopeBlade_11.jpg


Blade Duo

20170203a_BitScopeBlade_12.jpg

20170203a_BitScopeBlade_13.jpg

20170203a_BitScopeBlade_14.jpg


Blade Quattro

20170203a_BitScopeBlade_15.jpg

20170203a_BitScopeBlade_16.jpg

20170203a_BitScopeBlade_17.jpg


本記事トップの写真は、Blade Quattro を組み込んだ Blade Rack です。

Blade Rack

20170203a_BitScopeBlade_18.jpg

1RU 19" ケース サーバーで、5ポート ネットワークスイッチがビルトインされています。

20170203a_BitScopeBlade_19.jpg


BitScope Blade Uno Pi - ブレード for Raspberry Pi x 1 + HAT

BitScope Blade Duo Pi - ブレード for Raspberry Pi x 2

BitScope Blade Quattro Pi - ブレード for Raspberry Pi x 4

BitScope Blade Rack - ブレード サーバー for Raspberry Pi x 4





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/965-86fa3de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad