ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

スター・ウォーズのデス・スターをインタラクティブ残像球儀で造る?


20170107a_PersistenceVisionGlobe_01.jpg

インタラクティブ残像球儀(Interactive Persistence of Vision Globe)、英国 Leeds 大学電気・エレクトロニクス工学(School of Electronic and Electrical Engineering)の POV(Persistence of Vision)プロジェクトです。

20170107a_PersistenceVisionGlobe_03.jpg

POV 球は、RGBリングを軸方向に 300 rpm という、超高速で回転させます。
すると、人の頭脳は、残像(POV)現象として、回転リングをソリッドな球体と認識するわけです。

LED のカラーを高速に変化させることにより、この球体にイメージを表示することができます。

20170107a_PersistenceVisionGlobe_06.jpg

20170107a_PersistenceVisionGlobe_05.jpg


リングの中に Pi を設置、Pi の HDMI 出力を、カスタム FPGA ベースで開発した、HDMI デコーダーに、デコーダーは HDMI シグナルを、LED 表示が最適になるように変換します。

20170107a_PersistenceVisionGlobe_04.jpg




Interactive Persistence of Vision Globe












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/938-5286287f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad