ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

無停電電源 & 開発ツール UPS PIco HV3.0A 組み立て済み版 for Pi 3


20161219a_UPS PIco HV30A ASM _01

評判の、パワーアップした UPS PIco 『UPS PIco HV3.0A』ですが、なかなか入手が難しく、少数の入荷では、すぐ売り切れてしまっています。

今、これも少数ですが、組み立て済みの特別版の在庫があります。

UPS PIco HV3.0A 標準版を Pi 3 用に組み立てたバーションです。
UPS PIco HV3.0A 自体は、Pi B+/2/3/Zero 対応なのですが、この商品は、Pi ハードウェアリセットのためのリセットピンを Pi 3 に対応させて組み立てています。

Pi ボードのリセット RUN pin の位置は、Pi 3 と B+/2、および Zero で異なっています。

20161219a_UPS PIco HV30A ASM _02

そのため、本商品は、Pi 3 の RUN pin に対応した、Pi 3 専用となっています。

また、本来別売の『ファン キット』が付属しています。


組み立て取り付け済みパーツ:
- ピンヘッダー
- サウンダー(電磁気スピーカー)
- ゴールドリセットピン:Raspberry Pi 3 の RUN pin に対応させています。
- 双安定リレー(B-stable Relay):このパーツはオリジナルの UPS PIco にはなく UPS PIco Plus に装備されているものです。

注意:
ファンキットは取り付けていません。

PIco Fan Kit 組み立てガイド


UPS PIco HV3.0A Stack 概要:

- 最大 3A の電源供給
- 外部電源ダウン時の安全シャットダウン、外部電源リカバリー時の自動システムリスタート
 - 付属 450mAh 15C LiPO バッテリ:バックアップ時間 約 5-8分
 - 4000mAh バッテリにアップグレード可:20時間以上のバックアップ可
- LiFePO4 バッテリ サポート(4000mAh)
 - 使用環境 給電時:-10℃~+60℃ 充電時:0℃~+40℃
 - 長寿命 充電/放電回数:2,000回以上

- Raspberry Pi へのバックアップ:2.6A
- Raspberry Pi と独立して、周辺機器へのバックアップ:5V@750mA
 - Raspberry Pi がシャットダウンして Piへの給電がなくても周辺機器の稼働可
 - トータル電流は、3Aを超えないこと

- ハードウェア RTCC(Real Time Clock and Calendar)
 - システムバッテリから給電:1uA
 - イベントトリガー アクションスケジューラに使用
  - 各種内部/外部イベントに応じて、Raspberry Pi のスタートアップ/シャットダウンができる
  - イベント:1-wire、IR、A/D、RTCC、温度、Time Stamp、etc.

- ユーザー定義キー x3、ユーザー定義LED x3

- インターナルセンサー、センサーインタフェース
 - バッテリ電圧、Raspberry Pi 電圧、システム温度、1-wireインタフェース

- 3ピン双安定リレー x2(3pins bi-stable relay)ゼロパワー(オプション)

- A/D 12 ビットコンバーター x3(ESD プロテクト、プレアジャスト:5V、15V、30V)

- セカンダリ RS232 サポート

- ターミナルブロック アドオン(別売)

- IRレシーバー(別売)
 - GPIO18 と接続

- プログラマブル電磁気スピーカー(Electromagnetic Programmable Sounder)
 - ブザーの他に、ミュージックプレイヤーとしての使用可

- PWM ファンコントローラ
 - 温度コントロールファンコントローラ

- XTEA サポート:デュアルパス暗号化
 - 埋め込みエンジンによる、開発ソフトウェアのプロテクト


ドキュメント:
PiModules Wiki



UPS PIco HV3.0A Stack Assembled - 無停電電源装置 & 開発ツール for Raspberry Pi 3 - 450mAhバッテリ付き - 組み立て済み - ファン キット付属





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/921-8f0ab32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad