ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

タンジブル プログラミング - Tangible Programming - Project Bloks


20160703a_ProjectBlock_01.jpg

タンジブル プログラミング(Tangible Programming)、触れるプログラミング。
タンジブルというのは、具体的に理解できるといった意味もありますが、Project Bloks は、まさに触ってプログラミング、物理的なブロックを組み合わせてプログラミングします。子供達のための次世代プログラミング、開発者やデザイナー、リサーチャー達を対象にした、Google のリサーチプロジェクトです。

なお、『Project Bloks』の "Bloks"、Blocks ではありません。


システムは4種類のコンポーネントから構成されます。

パック(Pucks)

20160703a_ProjectBlock_02.jpg

種々のインストラクション要素です。
たとえば、オン/オフ、左移動、ジャンプ、音楽再生、などのパーツです。


ベースボード(Base Boards)

20160703a_ProjectBlock_03.jpg

上記「パック」をこのボード上に載せることにより、実際に稼働する、インストラクション部品となります。
ベースボードは、パックの内容を静電容量方式センサー(Capacitive Sensor)によって理解します。
複数のベースボードを接続して、ロジックを組みます。


ブレインボード(Brain Board)

20160703a_ProjectBlock_04.jpg

Pi Zero で作られた頭脳部分です。
接続したベースボードへの電源供給、および、インストラクションを読み、WiFi または Bluetiooth 接続機器に情報を送ります。







プロジェクト例

センサーアプリ(Sensor Lab)



スイッチオンで計測温度が低くなったら、ライトをオン。


ミュージックメーカー(Musiv Maker)



複数の楽器を組み合わせて作曲、ワイヤレススピーカーで再生。


コーディングキット(Coding Kit)



ロボットなどのコントロール。







Project Bloks



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/755-d73c40d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad