ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Grove Mixer Pack V2 - グローブ ミキサーパックの使い方

20160505a_GroveMixerPackExamp_00.jpg

Grove Mixer Pack(グローブ ミキサーパック)V2 の Groveモジュールは、以下の4種類で構成されています。

1.パワーモジュール
Grove - DC Jack Power で、9V型乾電池を接続、回路を組む際に、必ず必要です。

2.入力モジュール
センサーなどの入力モジュールです。本パックには、4モジュールあります。
- Light Sensor(光センサー)
- Sound Sensor(サウンドセンサー)
- Slide Potentiometer(スライド ポテンショメーター:ボリューム)
- Momentery Switch(ボタン)

3.出力モジュール
入力モジュールの情報に応じて、出力モジュールを動作させます。本パックには、5モジュールあります。
- LED light(LED ライト)
- LED String light(LED ストリングライト)
- Sound REcorder(サウンド レコーダー)
- Fan Motor(ファンモーター)
- Buzzar(ブザー)

4.ロジックゲートモジュール
入力モジュールとの組み合わせで出力モジュールへのトリガーを豊富にします。本パックには、3モジュールあります。
- AND
- OR
- NOT


基本回路

20160505a_GroveMixerPackExamp_02.jpg

[入力モジュール]-[ロジックモジュール]-[パワーモジュール]-[出力モジュール]
の順でつなぎます。
[ロジックモジュール]はオプション、必要なときに使用します。

20160505a_GroveMixerPackExamp_03.jpg

真ん中が[パワーモジュール]、左に[ボタンモジュール]、右に[LEDモジュール]をつないでいます。

ボタンを押すと、LEDが点灯します。

20160505a_GroveMixerPackExamp_04.jpg


ロジックゲートモジュールの使い方

Grove - NOT モジュール
入力モジュールからの信号、LOW、HIGH を逆にします。
たとえば、Grove 光センサーは、光りを検知するとオンですが、光りが無い状態の時オンにしたい場合、この NOTモジュールを入れます。

20160505a_GroveMixerPackExamp_05.jpg


Grove - OR モジュール
入力モジュール二つの情報を、OR 結合して出力モジュールに渡します。
たとえば、サウンドセンサーとポテンショメーターをつないだとき、サウンドを検知したとき、またはポテンショメーターでボリュームを上げたとき、出力モジュールのLEDが点灯します。

20160505a_GroveMixerPackExamp_06.jpg


Grove - AND モジュール
入力モジュール二つの情報を、AND 結合して出力モジュールに渡します。
下記写真は、サウンドセンサーを AND モジュールの一つに、光センサーを NOT モジュール経由で AND モジュールに接続していますので、光りを検知しない状態で、サウンドを検知したとき、出力モジュールのLEDが点灯します。

20160505a_GroveMixerPackExamp_07.jpg


下記写真のプロジェクトは、パワーモジュールと光センサー、NOTロジックゲート、LEDストリングライトで組んでいます。
暗くなると、ストリングライトが光ります。

20160505a_GroveMixerPackExamp_01.jpg


ドキュメント Grove - Mixer Pack V2 (seeed wiki)


20160505a_GroveMixerPackExamp_08.jpg

Grove Mixer Pack V2 - グローブ ミキサーパック エレクトロニクス学習キット







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/698-d5b4de2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad