ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

USB Type-C - 将来の Pi はこれでケーブルはすっきり?

20160309a_USBtypeC_01.jpg

USB Type-C は USB 3.1 仕様の新しいコネクタ規格です。
サイズはマイクロUSBと同じ。上下、左右の区別がありません。
そう、今の USBケーブルと違って、上下間違えて挿そうとすることがないわけです。
ホスト側もデバイス側も同じケーブルでOK。
現在は、Type-A、B、それに種々のサイズと多種のケーブルが入り乱れていますが、この1種類になればすっきりします。

データ転送速度は、最大 10Gbps(USB 3.0 は 5Gbps)、電力は、最大 100W、ほとんどの機器の給電ができますね。
映像出力も電源供給も1本のケーブルでOKというわけです。

互換性ですが、変換アダプター、コネクターを使用して、USB 2.0 を含んだ従来機器が使用できます。

下記は新 MacBookの USB Type-C ポートです。

20160309a_USBtypeC_02.jpg


USB Type-C 通信用語の基礎知識



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/654-4c60ffa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad