ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi で CodeBug - コードバグ 3.Pi デジタル クロック

20160205a_CodeBugPiClock_01.jpg

Pi の I2C を利用して、CodeBug をスクロールする、デジタルクロックにします。

CodeBug の外部端子を Pi の GPIO ピンに装着します。
Pi で CodeBug コードバグを遊ぼう!」を参照ください。

Python プログラム

Pi の現在時刻を取得し、それを文字列として、CodeBug のディスプレイ(LED)にスクロール表示します。


nano ~/codebug_i2c_clock.py

------------------------------------------------------------
import codebug_i2c_tether

import datetime

import time

# make a connection with CodeBug

cb = codebug_i2c_tether.CodeBug()

cb.open()

# function for scrolling messages on CodeBug’s display

def scroll_message(message):

length = len(message)

for i in range(0,length*-5,-1):

cb.write_text(i, 0, message, direction="right")

time.sleep(.15)

while True:

# get the time and scroll it

time_str = datetime.datetime.now().strftime("%H:%M:%S")

scroll_message(" Time " + time_str)

# get the date and scroll it

date_str = datetime.datetime.now().strftime("%d/%m/%Y")

scroll_message(" Date " + date_str)
------------------------------------------------------------

このクロックを自動的に走らせるようにします。

sudo nano /etc/rc.local

"exit 0" の行の上に、下記行を挿入します。

python3 /home/pi/codebug_i2c_clock.py &

Pi を再起動すると、自動的に時刻表示が始まります。

この方法を利用して、CodeBug にいろいろな情報を表示することができますね。



20160205a_CodeBugPiClock_02.jpg

カラースター for コードバグ - ColourStar for CodeBug






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/632-896c7a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad