ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi で CodeBug - コードバグ 2.Pi フォトグラファー

20160203b_PiCodeBug_PiPhotographer_01.jpg

CodeBug のタッチセンシティブ端子を利用して、Pi カメラのシャッターを切ります。
みんなが手をつないだとき、撮影するというシステムです。

事前に、CodeBug をテザリングモードにして、Pi からコントロールできるようにしておく必要があります。
Pi で CodeBug - コードバグ 1.USB 接続でテザリング」を参照ください。

(1) Pi の準備

Pi に Pi カメラモジュールを装備、CodeBug を USB接続します。

20160203b_PiCodeBug_PiPhotographer_02.jpg


(2) Pi カメラソフトのインストール

sudo apt-get install python3-picamera


(3) コーディング

CodeBug Photographer Python program

nano codebug_camera.py

コード内容
-----------------------------------------
import picamera
import codebug_tether
import time

# Now set up the CodeBug connection
cb = codebug_tether.CodeBug()
cb.set_leg_io(0, 1)

# Set up the camera
with picamera.PiCamera() as camera:
camera.resolution = (1024, 768)
camera.start_preview()
time.sleep(2)
# Wait until the leg is touched
while cb.get_input(0):
time.sleep(0.1)
# take the picture
camera.capture('your_image_name.jpg')

-----------------------------------------

(4) みんなで手をつないで、..撮影

20160203b_PiCodeBug_PiPhotographer_03.jpg

CodeBug の「足 0」と「GND」にそれぞれ別の、わに口クリップ線をつなぎます。線の一方の端子をAさんが、別の線の端子をBさんが触れ、二人が手をつなぐと、....
Pi カメラのシャッターが切れて、すてきな写真が撮れるという次第。


CODEBUG PHOTOGRAPHER WITH RASPBERRY PI



20160203b_PiCodeBug_PiPhotographer_04.jpg

CodeBug - コードバグ -

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/631-0a144d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad