ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi で CodeBug - コードバグ 1.USB 接続でテザリング

20160203a_PiCodeBug_PJ_01.jpg

Pi と CodeBug を USB接続し、Pi から CodeBug を Pythonプログラムでコントロールします。

(1) CodeBug をテザリング(Tethering)モードに

テザリング システムプロジェクトファイル(プログラム codebug_tether_v0.5.0.cdb)を Pi にダウンロードしておき、CodeBug にロード(転送)します。

20160203a_PiCodeBug_PJ_02.jpg

(2) Pythonライブラリを Pi にインストール

sudo apt-get update

sudo apt-get install python3-serial python3-codebug-tether


(3) Pythonプログラミング

sudo python3

プロンプトに対して、コードを入力します。

特定位置の LED オン
-------------------------------
import codebug_tether
import codebug_tether.sprites

cb = codebug_tether.CodeBug()

cb.set_pixel(2, 2, 1)

-------------------------------
中央の LEDが恩威なります。

文字の表示
-----------------------------------------
cbmessage = cb.sprites.StringSprite(("A")
cb.draw_sprite(0, 0, cbmessage)

-----------------------------------------
文字 "A" を表示します。

20160203a_PiCodeBug_PJ_03.jpg

文字のスクロール
-----------------------------------------------
import time

cbmessage = cb.sprites.StringSprite('Hello')
for i in range(0,-30,-1):


codebug.draw_sprite(i, 0, cbmessage)

time.sleep(.1)

-----------------------------------------------
文字列 "Hello" をスクロール表示します。


ボタン(A、B)押下のチェック
------------------
cb.get_input('A')
------------------
True:ボタンが押された、False:ボタンは押されてない


CodeBug コマンドのリスト
-------------
help(cb)
-------------


TETHERING CODEBUG WITH PYTHON


20160203a_PiCodeBug_PJ_05.jpg

CodeBug Experimental Kit - コードバグ 実験キット



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/630-66cad6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad