ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

タッチで音量や明るさを操作 - タッチ ポテンショメーター

20151105a_TouchPotentiometer_01.jpg

音量調整や、電圧調整などに使用されるポテンショメーター、ロータリー型やリニア型がありますが、このポテンショメーターはリニアタイプのタッチ式。リニア キャパシティブ(静電容量式)タッチセンサーで、256ポジションのポテンショメーターとして機能します。SparkFun と danjuliodesigns llc の共同開発商品です。

ホストインタフェースは、アナログとデジタル。ロジックレベル シリアルと I2C PWMをサポートします。

20151105a_TouchPotentiometer_02.jpg

マイクロコントローラは PIC16F1829 の8ビットマイコン。ホストインタフェースと、8個搭載のLEDコントロール、キャパシティブセンス、ペリフェラル コントロールを行います。
ビルトイン減電圧レギュレータで、入力 12Vまで大丈夫です。

PCとは、USB - シリアルインタフェースで接続します。

20151105a_TouchPotentiometer_03.jpg
注:ポテンショメーターにヘッダーの取り付けが必要です。


PC(Windows、Mac、Linux)用ユーティリティプログラムが用意されており、コンフィギュレーション設定、LED光り方変更、タッチセンサー キャリブレーション、現在状況表示等ができます。

20151105a_TouchPotentiometer_04.jpg

Features:
- Dual host interfaces: Logic-level serial and I2CTM
- Dual 8-bit 20 k-ohm 3-terminal digitally controlled variable resistor outputs PWM output
- 8 LED display with multiple display modes and intensity levels
- Option for interpolated (soft) changes between touches
- Configurable touch sensor parameters for a variety of PCB covers
- Easily configurable I2C address to allow multiple devices on one bus
- Configurable linear or non-linear PWM transfer function
- Configurable linear or simulated logarithmic variable resistor transfer function
- Variable resistor supports single- or dual-supply operation
- Simple register interface with jabber option
- Programmable power-on default operation
- Built-in calibration procedure
- User-accessible EEPROM data storage
- Built-in 5V LDO voltage regulator
- Through-hole and SMT connectors

チュートリアル(Touch Potentiometer Hookup Guide)

20151105a_TouchPotentiometer_05.jpg


SparkFun Touch Potentiometer - タッチ ポテンショメーター

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/570-5f2647ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad