ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

あなたの車の稼働情報を Arduino で得よう CAN-BUS Shield

20151016a_CAN-BUS Shield_01

CAN-BUS(Controller Area Network バス)は、自動車に採用されている車内LANです。
これを利用して、自動車の稼働情報(冷却水温度、スロットルポジション、走行速度、エンジンrpm、等)を得ることができます。

20151016a_CAN-BUS Shield_02

20151016a_CAN-BUS Shield_03

車の OBD2(On Board Diagnosis)の DTC(Data link Coupler)に OBD2-Dsub9 ケーブルで接続します。

取得データは、保存(マイクロSDカード)、表示(シリアルLCDコネクター)できます。
また、GPS モジュールを取り付けることもできますので、位置情報を利用したアプリも考えられます。(EM506 GPS用ソケット)

ジョイスティックを搭載していますので、これをユーザインタフェースとして操作できます。


20151016a_CAN-BUS Shield_04

1. DB9 Connector
2. GPS Connector
3. LCD Connector
4. JoyStick
5. microSD Slot
6. Jumpers
7. CAN Pins

チュートリアル(CAN-Bus Shield Hookup Guide)

ライブラリ(GitHub: SparkFun CAN-Bus Arduino Library)

20151016a_CAN-BUS Shield_05

SparkFun CAN-BUS Shield for Arduino




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/558-3c77c1f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad