ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

フランボワーズドルフ Pi でピアノを

20150803a_PianoHAT_01.jpg

フランボワーズ(Framboise)は、フランス語でラズベリーのことです。また、木イチゴのベルギービールもフランボワーズですね。
さて、フランボワーズドルフ、Pi HAT 対応のピアノ、ミニミュージカル機器です。
以前、紹介した『Pi でピアノを PiPiano』、14才の Zachary Igielman君の作品ですが、そのアイデアを Pimoroni がブラッシュアップ、ミニミュージカル コンパニオンとしてまとめました。

20150803a_PianoHAT_02.jpg

16個のタッチセンサーボタンは個々にプログラムでセンスしてフックアップできます。
センサーボタンの内訳は、

- ピアノキー 13個(フルオクターブ)
- オクターブ アップボタン
- オクターブ ダウンボタン
- インスツルメント サイクル ボタン

インスツルメント サイクル ボタンは、シンセサイザー(ソフト/ハード)に change event を送ります。また、シンセサイザーには MIDIコマンドの出力も出来ます。

Piano HAT ドキュメンテーション(Python Library, examples)

20150803a_PianoHAT_03.jpg

Piano HAT ミニミュージカル コンパニオン FramboiseDorf for Raspberry Pi




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/513-55c21884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad