ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

より組み立てやすくなった SparkFun 走行ロボットキット RedBot Kit

20160608a_RedBotKit_01.jpg

SparkFun の走行ロボット用メインボード RedBot を利用したロボットキットとして、今まで、シャーシーに DAGU Hi-Tech ElectronicMagician Chassis(マジシャンシャーシー)を用いた『SparkFun RedBot Kit』を出していました。

今度、Magician Chassis を RobotZoneShadow Chassis(シャドーシャーシー)に変更、RedBot ボードを用いた、ロボットキットも2種類出しました。

Shadow Chassis の Magician Chassis との一番大きな違いは、組み立てが楽になったこと。Magician Chassis のねじ留めと違って、Shadow Chassis は、パーツを用いて、スナップ接続します。電池パックを設置後、取り外しも簡単になったため、乾電池の入れ替えも容易になりました。
シャーシー全体のサイズも大きくなり、高さも高くなって、センサー類も多く搭載できます。RedBot 以外のメインボード(Pi や Arduinoなど)への配線もやりやすくなっています。
下記ビデオは、両シャーシーの違い説明です。



RedBot のキットは、『ベーシックキット』と『インベンターズキット』。


ベーシックキット
20150608a_RedBotKit_01.jpg

インベンターズキット
20150608a_RedBotKit_03.jpg


ベーシックキットのセンサー類は、加速度計、ラインフォロワーですが、インベンターズキットは、それに加え、メカニカルバンパー、車輪エンコーダー、また、ブザーが付いています。
インベンターズキットは、ミニねじ回しも付いていますので、追加の工具を用意することなく組み立て作業を開始できます。
もちろん、ハンダ付け作業の必要はありません。

RedBot メインボードは ATmega328P 搭載、Arduino IDE でプログラムします。インベンターズキットには USBケーブルも付属しています。


SparkFun Inventor's Kit for RedBot

キット内容:
- 1x SparkFun RedBot Mainboard
- 1x Shadow Chassis
- 1x SparkFun RedBot Sensor - Accelerometer
- 2x SparkFun RedBot Sensor - Mechanical Bumper
- 3x SparkFun RedBot Sensor - Line Follower
- 1x SparkFun RedBot Buzzer
- 2x Hobby Gearmotor - 140 RPM
- 2x Wheel - 65mm (Rubber Tire)
- 1x Wheel Encoder Kit
- 5x Jumper Wire - 3-pin, 6"
- 1x SparkFun USB Mini-B Cable - 6 Foot
- 1x SparkFun Mini Screwdriver
- 4x AA Alkaline Battery - 1500 mAh


Circuit Examples:
- Circuit 1: Software Install and Basic Test
- Circuit 2: Drive Forward
- Circuit 3: Turning
- Circuit 4: Push to Start & Making Sounds
- Circuit 5: Bumpers
- Circuit 6: Line Following with IR Sensors
- Circuit 7: Encoder
- Circuit 8: Accelerometer
- Circuit 9: Remote Control





SparkFun 走行ロボット インベンターズ キット Inventor's Kit for RedBot


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/474-24bedd35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad