ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi カメラ HDMIケーブル 距離拡張セット

20150518a_PiCamHDMIcable_01.jpg

Pi カメラの通常のフラットケーブルは、長距離で使用することを想定していません。
現在、市販されている Piカメラ、リプレースメント用ケーブルでは、2m長の物がありますが、すべての環境で動作を保証しているわけではありません。トラブル報告を聞いたことはありませんが、高電圧やノイズの多い環境では正常に稼働できないかもしれません。
ご紹介する Petit Studioの『Pi カメラ HDMIケーブル 距離拡張セット』は、Pi本体とPiカメラ間のケーブルに HDMIケーブルを使用する距離拡張セットです。

HDMIケーブルですので、Piカメラ フラットケーブルより、ずっと丈夫、かなり過酷な環境でも稼働します。


Pi 本体側と、Pi カメラ側に、下記 PCBを設置、付属のフラットケーブルで、PCBをそれぞれ、Pi本体と Piカメラに接続、PCB間をHDMIケーブルでつなぎます。

20150518a_PiCamHDMIcable_02.jpg
5m長のケーブルでも問題なく稼働するそうです。

20150518a_PiCamHDMIcable_03.jpg

リザーブピンが4つありますので、カメラ側に、センサー類を設置することが出来ます


注意点としては、通常の HDMIケーブルは、19ラインですが、Micro HDMIケーブルと呼ばれる細い、または薄型のケーブルでは 15ラインの物があり、その場合、本セットそのままでは正常に稼働しないそうです。
その場合は、HDMIコネクターの GNDへのハンダ付けが必要です。

20150518a_PiCamHDMIcable_04.jpg

開発者 Petit Studioは、はじめから、HDMIコネクターと GNDを接続しておくことも考えたそうですが、金属パーツの GND接続は安全性の観点からやめたとのことです。


20150518a_PiCamHDMIcable_05.jpg

Raspberry Pi カメラ HDMIケーブル 拡張セット Pi Camera HDMI Cable Extension




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/460-91639066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad