ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Intel Edison と Pi

20150105a_EdisonVsPi_01.jpg

Edison は Intel が昨年10月から販売開始した Atom搭載の超小型コンピュータです。
20150105a_EdisonVsPi_02.jpg

SDカードサイズの基板に、x86プロセッサや無線LANを搭載、先行販売していた「Galileo」の後継、IoTデバイス開発用の本命と言えます。
20150105a_EdisonVsPi_03.jpg

Pi のようなシングルボードコンピュータではありませんので、開発には開発用ボードが必要になってきますが、SparkFun が Pi B+ との簡単な比較をしています。

20150105a_EdisonVsPi_04.jpg

上記表で、Intel Edison の Price と Size は、ミニブレイクアウトボードに設置、このボードを含んだ物です。

Edison を Pi と比較したときの問題点として、以下が多くの人からコメントされています。

- USBポートなし
- ビデオポートなし
- プロセッサースピード
- コスト
- 入出力に拡張ボードが必要

これは、Piのようなシングルボードコンピュータと比較した場合で、そもそも Edison はIoT 機器の埋め込みモジュールとして設計されています。

USB はUSB-OTGインタフェースがありますので拡張ボードで使用できます。
ビデオは、Wifi装備機器では必要ないですね。
プロセッサースピードに関しては、ポータブル機器としての電源消費を抑えることを優先してこのスピードになっています。
コストは、Piの場合も、Edisonの機能(Wifi、Bluetooth)を追加するとなるとそれなりのコストになります。
入出力に拡張ボードが必要、ですが、これが Edison のコンセプト、埋め込み機器用途を現しています。
現在でも、各種ボードが出ていますし、SparkFun は Block という概念の、機能をモジュール化(ブロック化)し、スタッキングして拡張していける Edison Block を開発中、一部ブロックは販売中です。

20150105a_EdisonVsPi_05.jpg

Edison Block に関しては、別途ご紹介します。

表の Processor で Atom 以外のプロセッサとして Quark が記述されています。現時点ではまだサポートされていませんが、将来の Intelソフトサポートで、メインの Linux(Atom)から独立してリアルタイムアプリケーションを実行できます。

Edison の Piとの比較は、あまり意味がない(重要ではない?)と思いますが、Edison Block のように、これから色々なモジュールが出てくるでしょうから、ホビーとしての開発、取り組みも面白くなってくるでしょう。


The Edison is Not a Raspberry Pi





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/369-a22e7122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad