ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

120 ノード Pi クラスター

20141014a_120nodePi_01.jpg

Resin.io は IoT(Internet of Things)の開発を単純にすることを目標にしています。
アプリケーションを展開(ディプロイ)するに当たって、デバイスの数が少ない場合は問題ないのですが、対象デバイスが大量の場合、大きな問題となります。
IoTのデバイスとして、Piは有力な機器ですが、展開(ディプロイ)の観点から、彼らは コンテナ技術の Docker をPiに移植するなどしてきました。

彼らは、多くの組み込み機器などのファームウェアの更新を、ユーザが単純な「git push」コマンドによって実行できるようなシステム作りを進めていますが、この度、その一環として「120 ノード Pi クラスター」をテスト構築しました。

20141014a_120nodePi_02.jpg

ボード5枚をペンタゴン型に組み立てていますが、1枚のボードに Pi 24個を設置。計 120ノードの Pi というわけです。
各ボード(24ノード)は独立したシステムとしても稼働します。

各Piは、Adafruit 2.8" PiTFT を搭載しています。

20141014a_120nodePi_03.jpg

各Piにディスプレイを搭載することにより、テストの状況をダイレクトに把握できるということですが、なんとも贅沢な構成です。確かに、ディスプレイに赤や青で状況を表示すれば、全体の状態が一目でわかりますね。

ボード裏は、USB Hub x10、Ethernet Switch x10、パワーサプライ(Corsair CX750)をマウントしています。

20141014a_120nodePi_04.jpg


また、彼らは、『120ノード Pi クラスター で、あなたなら何をする?』というコメントを求めています。ユニークなアイデアをどうぞ。
What would you do with a 120-Raspberry Pi Cluster?

120 Node Rasperry Pi Cluster for Website Testing




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/314-357654e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad