ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Piに電源供給もできる走行ロボットボード RaspiRobot Board v2

20141008a_RaspiRobot2_01.jpg

Simon Monk氏の走行ロボットボード RaspiRobot Board の新バージョン version 2 です。

20141008a_RaspiRobot2_02.jpg

旧版に比べて、大幅に機能アップしています。

まず、キット製品ではないこと。すなわち、旧版は細かなパーツをハンダ付けして組み立てなければいけませんでしたが、v2は組み立て済みのボードです。すぐ使用できます。

次に、2個のモーターは個々に可変コントロール(PWM)できます。双方向コントロールも旧版通りです。

一番大きな機能アップは、Pi に電源供給できるようになったことでしょう。
単3電池6個のバッテリーで、各種デバイス装着の Raspberry Pi と RaspiRobotボード、モーターを稼働できます。

また、以下のヘッダーソケットが用意されましたので、それに合う機器を直接接続できます。
- 距離センサーモジュール用のヘッダーソケット:HC-SR04 を直接接続できます。
20141008a_RaspiRobot2_03.jpg

- 5V I2C ヘッダー:Adafruit Display と互換

ロボットボードに、超音波距離センサーと LEDマトリックス ディスプレイを装着しています。
20141008a_RaspiRobot2_04.jpg

RaspiRobt Board v2 機能(太字が v2版の機能です)
- Supplied fully assembled - no soldering
- Bi-directional control of two motors
- Variable (PWM) power control. This allows you to both control the speed of the motors independently and the use of lower voltage motors than the battery pack.
- Supplies the Raspberry Pi with upto 2A using a switch mode power supply - run a fully loaded Pi and the Robot from 6 x AA batteries
- Rangefinder header socket directly compatible with cheap HC-SR-04 ultrasonic range finders. Just plug them in directly
- 5V I2C header, pin compatible with Adafruit displays
- Two buffered open collector outputs
- Two LEDs
- Two switch inputs
- Screw terminals for motors and battery


外部電源とLEDマトリックスディスプレイ
20141008a_RaspiRobot2_05.jpg

Battery Powered Raspberry Pi Displays w/RaspiRobot Shield

モーターコントロール
Controlling Motors using the Raspberry Pi and RasPiRobot Board V2

20141008a_RaspiRobot2_06.jpg

Pi Model B/B+ 対応です。


RaspiRobot Board v2 ロボットボード for Raspberry Pi



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/311-5668a3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad