ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

IoT コードなしのインターネット接続電子キット SAM

20141006a_SAM_01.jpg

タイトルの「コードなし」、大半の人はプログラムのコードを思い浮かべてくれたと思いますが、そう、そのコードともう一つ、ワイヤーのコードをかけてみました。

上の写真の各部品、これを組み合わせて、IoT の世界を作るのですが、各部品、コード(ワイヤー)での結線の必要がありません。
Bluetoothでコミュニケーションします。
電源は、各部品、マイクロUSB経由で充電します。充電後の稼働時間は、部品の種類にもよりますが、数日もつそうです。

部品をつなぐ、IoT の似たような概念の製品は、littleBits の CLOUDBIT がありますが、CLOUDBIT は各部品をマグネット連結します。

SAM の各部品がコード(結線)のない、無線連結というのは画期的ですね。

もう一つのコード、プログラムですが、各部品のアイコンをドラッグアンドドロップして、連結、ロジックを作っていきます。

20141006a_SAM_03.jpg

実態は JavaScript 生成ですので、複雑なこともできますね。

現在、KickStarter で公募中ですが、部品の種類によって、以下のプロダクト(EXPLORE:入門、LEARN:学習、MAKE:開発、PRO:プロ)が予定されています。
20141006a_SAM_04.jpg

SAM開発のメンバーは、ロンドンの Royal College of Art と Imperial College のデザイナーとエンジニアですが、SAM のアイデアは、彼らが2013年夏、東京で fat soba を食べているときに思いついたそうです。
さて、「fat soba」ってどんなそばなんでしょう?

20141006a_SAM_02.jpg




SAM: The Ultimate Internet Connected Electronics Kit



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/309-6e0b665f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad