ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

各種ヘッダーでプロトタイピングを楽しく改善

20140507a_AdditionalHeadders_01.jpg

Piのアドオンボードは、通常、それ用のヘッダーピン/ソケットが付いているので、それだけの用途では特に問題はないのですが、各種ボードを組み合わせたり、独自のプロトタイピングを行いたいとき、各種ヘッダーがそろっていると、とても便利で、作業自体も、作業を考えるのも楽しくなります。

今、販売されているヘッダー類の最長は、40ピンだと思いますが、それを必要な長さ(個数)にカットして使用します。
20140507a_AdditionalHeadders_02.jpg

Average Man氏は、40ピンヘッダー(メスとオス)のカッティングの要領を写真で説明してくれています。

さあ、これで、あなたのプロトタイピングの世界が広がります。

How to Improve Your Raspberry Pi Prototyping with Additional Headers


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/193-400c30ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad