FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Matrix Voice を スタンドアロンのサテライトデバイスに


Matrix Creator は Matrix Labs の Pi 対応 IoT 開発ボード、8個のマイクアレイに加え、各種センサー(温湿度、紫外線、気圧、3D加速、3Dジャイロ、3D磁力)を搭載しています。

Matrix Creator
20199612a_MatrixVoiceESP32_01.jpg

Matrix Voiceは Matrix Creator からセンサー類を取り除き、マイクアレイと LED(18個)とし、音声アプリケーション用途に特化しました。

Matrix Voice
20199612a_MatrixVoiceESP32_02.jpg

この Matrix Voice 発売後、ESP32 搭載モデル が出ました。
ESP32 は、WiFi と Bluetooth 機能を持つ MCU ですので、Matrix Voice ESP32 版は設定さえ済めば、Pi に接続することなく、スタンドアロン デバイスとして稼動させることができます。

Matrix Voice (ESP32 Version)
20199612a_MatrixVoiceESP32_03.jpg

上記写真の左側、ESP32 チップを見ていただければわかりますが、日本国電波に関する技適マークが付いています。
従いまして、Matrix Voice (ESP32 Version) も従来の版と同様、問題なく日本国内で使用できます。

20199612a_MatrixVoiceESP32_04.jpg

スタンドアロン サテライトデバイス として稼動させる前のセットアップとしては、下記機器が必要になります。

- Raspberry Pi 3 (Recommended) or Pi 3 Model B+ (Supported).
- MATRIX Voice ESP32 version
- Micro-USB power adapter for Raspberry Pi.
- Micro-SD Card (Minimum 8 GB)
- Micro-USB Cable
- A PersonalComputer to SSH into your Raspberry Pi.
- Internet connection (Ethernet or WiFi)


Program Over the Air on ESP32 MATRIX Voice (hackster.io)




20199612a_MatrixVoiceESP32_05.jpg

Matrix Voice - Raspberry Pi 対応 (02 ESP32 Version)







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/1637-73ba0f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)