ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

IBM Watson TJBot に Adafruit 版キット

20170628a_TJBot_ADA_01.jpg

IBM リサーチが開発した、オブジェクト認識 AI ロボット TJBot を、今年3月に本ブログで紹介しました。

IBM Watson サービスへのアクセスを手助けし、既存レシピにより、会話ロボットにしたり、ダンスを教えたりと、TJBotに命を吹き込みます。

IBM TJBot はオープンプロジェクトですので、メーカー、サプライヤーによって、種々のキットがあり、以前紹介した、具体的なキット商品は SparkFun のものでした。

今回、Adafruit 版のキット商品が販売開始となりました。


Adafruit 版キット内容
- Raspberry Pi 3 Model B
- Raspberry Pi カメラモジュール v2
- マイクロ サーボ
- ミニ USB マイク
- ミニ USB ステレオ スピーカー
- ジャンパーワイヤー メス/メス 3"x 20
- 延長用ジャンパーワイヤー メス/オス 3"x 20
- スイッチング パワーサプライ 5V 2.4A
- NeoPixel ディフューズド 8mm スルーホール LED - 5 パック
- 16GB マイクロ SD カード NOOBS 2.1
- TJBot チップボード フレーム


注意しなければならないのは、Adafruit 版 TJBot フレーム(チップボード)の材質は、通常のボール紙でないため、一端折り曲げると、反対側に折り曲げ直せない、と言うことです。折り曲げる必要がある部分は、充分注意する必要があります。
折り曲げ直そうとして、折れてしまった場合は、接着剤や接着テープで工夫しなさい、と言うことです。
それも、個性が出て味わいがあるかもしれませんね。

なお、3D印刷ファイルも提供されていますので、丈夫な TJBot も作れます。


20170628a_TJBot_ADA_02.jpg

IBM TJBot, a Watson Maker Kit








20170628a_TJBot_ADA_03.jpg

IBM TJBot - A Watson Maker Kit for Raspberry Pi - Adafruit版キット





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/1110-1fac8287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad