ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

自作自演するディープラーニング マリンバ ロボット

20170616a_DeepLearningMarinbaRobot_01.jpg

ジョージア工科大学 音楽テクノロジーセンター(Georgia Tech Center for Music Technology)は、ロボットによる音楽研究で有名ですが、Bretain 氏が教育中のロボット Shimon は4本腕のマリンバ演奏ロボットです。

Shimon は、人間の演奏をリアルタイムで解析、一緒に即興演奏します。
ただ、この初期の Shimon はリフ演奏に限られていました。

ところが、現在の Shimon はディープラーニングの技術を取り入れ、大幅に進歩、独自の作曲ができます。

下記はごく最初の Shimon オリジナルピースです。
クラシカル ジャズフュージョンの1種です。


ベートーベン、ビートルズ、レディー ガガ、マイルス デイヴィス、ジョン コルトレーン、などの 5,000曲で、2百万のモチーフ、リフ、リック、その他基本音楽要素を学習しています。

下記は、Bretain 氏が与えたメロディー シード値に対して、Shimon がまるっきり別の、独自の小気味よい曲を演奏しています。


重要なのは、Shimons は、学習した個々の音楽を混ぜ合わせたり、ランダムに組み合わせたりするのではなく、ディープラーニングにより、人間の作曲家が行うような、ハーモニーやコード生成、全体の構成を考えユニークな曲を造ると言うことです。

まだまだ、発展途上のよう、創作の世界、どうなっていくのでしょうね。


Four-Armed Marimba Robot Uses Deep Learning to Compose Its Own Music





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/1098-16e2eb59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad