ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

クリエーター/アーティストに Spectacle - スペクタクル

20170601a_SPF_Spectacle_00.jpg
20170601a_SPF_Spectacle_01.jpg

SparkFun の Spectacle システムは、エレクトロニクスやプログラミングに時間をさけない、クリエーターやアーティスト達が、作品に『光』や『サウンド』、『モーション』などのエレクトロニクス効果を簡単に加えることができるようにします。

メインのボードは、Spectacle Director Board(ディレクターボード)

20170601a_SPF_Spectacle_02.jpg

このボードに、光やサウンドなどを実現する機能ボードを接続します。
機能ボードは、現在、5種類、

20170601a_SPF_Spectacle_03.jpg

- Light Board(ライトボード)
- Audio Board(オーディオボード)
- Motion Board(モーションボード)
- Inertia Board(慣性ボード)
- Button Board(ボタンボード)


Director Board の電源は、マイクロ USB。

ユニークなのは、ボード間の接続に、3.5mm TRRS 4極端子のオーディオフォンケーブルを使用することです。

20170601a_SPF_Spectacle_04.jpg

機能ボードへの電源供給は、フォーンケーブルを通して行われますが、モーターや、RGB LED ストリップなど、電源容量が必要なボードには、電源用のマイクロ USB端子が付いています。


Spectacle アプリケーションは、スマホ、タブレット、または PC のウェブブラウザで Spectacle サイトに接続して作成、フォーンケーブル経由で Spectacle Director Board にインストールします。

20170601a_SPF_Spectacle_05.jpg


20170601a_SPF_Spectacle_07.jpg











20170601a_SPF_Spectacle_06.jpg

Spectacle Director Board - スペクタクル ディレクターボード





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raspi10.blog.fc2.com/tb.php/1083-e957fd44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad