ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pibow パイボーに新しい仲間 Pibow Candy パイボー キャンディー

20160731a_PibwCandy_01.jpg

PIMORONI の設立4周年、4才の誕生日を祝って、新 Pibow パイボー、Pibow Candy パイボー キャンディーの登場です。

20160731a_PibwCandy_02.jpg

他の Pibow と同様に、スリムな Coupe クーペもあります。

20160731a_PibwCandy_03.jpg


Pibow Candy パイボー キャンディー





スポンサーサイト

Pi GPIO ピンにフルカラーLED スティック - Pimoroni Blinkt!


20160730a_Blinkt!_01.jpg

Pi GPIO 40ピンに直接装着できる、RGB LED 8個の LED スティックです。

20160730a_Blinkt!_02.jpg

色々なステータス情報(CPU負荷、CPU温度、ディスクスペースなど)の表示や、カラフルなLEDデモに使用できます。

GPIO 40ピン(Pi A+/B+/2B/3B/Zero)対応、ほとんどの、Pi ケース内に収まります。

20160730a_Blinkt!_03.jpg

GPIO 40ピンのブレークアウトボードを使用すれば、様々な GPIO 対応ボードを同時に使用できます。

20160730a_Blinkt!_04.jpg

上記は、Black HAT Hack3r で、Blinkt! と Enviro pHAT を使用しています。

LED は APA102、GPIO #23、#24 をデータ、クロックラインとしていますが、Python ライブラリが用意されています。

Python ライブラリ(Code and Example)


20160730a_Blinkt!_05.jpg

Pimoroni Blinkt! - RGB LED 8個 スティック for Raspberry Pi










MagPi 8月号は Windows 10 IoT Core 特集


20160729a_MgPi8_Win10 IoT_01

Pi オフィシャルマガジン MagPi 第48号(August 2016)の特集は、「Windows 10 IoT Core」です。

20160729a_MgPi8_Win10 IoT_02

- Raspberry Pi and Windows
Microsft の新しいキット商品「Micosoft IoT Grove Kit」の説明

- Chromotherapy
顔の表情をモニタリングし、それに合うようにムードライティングするプロジェクト

- Personal Home Safety Agent
火事や、水などの状態をモニタリングして、異常時にアラートを出す、ホーム セーフティ プロジェクト

- Magic Mirror
インターネットを利用して、各種情報を表示してくれるミラー

- Getting Started with Windows 10 IoT Core

- Button-Activated LED

- Internet-Connected LED

- Talking Light Sensor


20160729a_MgPi8_Win10 IoT_03

The MagPi Issue 48 (Aug 2016)






Web of Things - WoT 学習キット


20160728a_WoT Kit_01

IoT(Internet of Things)は、モノのインターネットということで、様々なモノをインターネットを介して繋ごうということですが、現在は繫ぐ各デバイスやネットワーク、ソフトは標準化されているわけではありません。すなわち、IoT として提供するサービスやアプリケーションの開発は標準化されていないため、種々のやり方があり、開発費もかかります。

そこで、最新の Web技術により IoT サービス、アプリケーションの開発を標準化しよう、というのが WoT(Web of Things)です。

Web of Things コミュニティ

書籍としては下記があります。

20160728a_WoT Kit_02
Building the Web of Things

この書籍の著者、Vlad Trifa 氏、Dominique Guinard氏とのコラボで、SparkFun は WoT 学習キットを出しました。

書籍中の全例題のハードパーツが揃っており、Raspberry Pi 3 Model B も同梱、microSDカード、ACアダプターも付属のため、書籍に従い、すぐ、WoT、Node.js、REST API などの学習が開始できます。

20160728a_WoT Kit_03

商品内容:
- Raspberry Pi 3
- Building the Web of Things Book
- MicroSD Card with Adapter - 16GB (Class 10)
- Wall Adapter Power Supply - 5.25V DC 2.4A (USB Micro-B)
- Humidity and Temperature Sensor - RHT03
- PIR Motion Sensor (JST)
- Breadboard - Self-Adhesive (White)
- LED - Assorted (20 pack)
- Resistor 10K Ohm 1/6th Watt PTH - 20 pack
- Resistor 330 Ohm 1/6 Watt PTH - 20 pack
- Jumper Wires - Connected 6in. (M/M, 20 pack)
- Jumper Wires - Connected 6in. (M/F, 20 pack)


SparkFun Web of Things Kit - 書籍付き WoT 学習フルキット Raspberry Pi 3 同梱




Pi トリプル GPIO & HAT ステーション


Pi TripleGPIO HAT_01

52Pi社の、Pi 40ピン GPIO を3組同時に使用できるようにする、ブレークアウトボードです。

付属のリボンケーブルで、Pi 本体と接続して使用します。

Pi TripleGPIO HAT_02

HAT マウンティングキットが付属していますので、HAT ステーションとしても使用できます。

Pi TripleGPIO HAT_03


Pi TripleGPIO HAT_04

注: 付属ヘッダー4組のハンダ付け作業が必要です。

Raspberry Pi トリプル GPIO 拡張 & HAT プレート







Pi カメラ ミニスタンド レンズ付き - ModMyPi Mini Camera Stand


20160726a_MMP PiCamMiniStand_01

ModMyPi の Raspberry Pi カメラモジュール用ミニスタンド(カメラマウント)です。
角度調節は4段階、三脚用 1/4" マウントホールがあります。

Nwazet (ModMyPi) のマグネティックレンズが使用でき、レンズと一緒になった、セット商品もあります。

20160726a_MMP PiCamMiniStand_02

レンズは下記の4種類

- 01 Fisheye 魚眼
- 02 Super Fisheye スーパー魚眼
- 03 Wide Angle 広角
- 04 Telephoto 2x 望遠 2x

それぞれのレンズは、下記のように見えます。

20160726a_MMP PiCamMiniStand_03


20160726a_MMP PiCamMiniStand_04


20160726a_MMP PiCamMiniStand_05


20160726a_MMP PiCamMiniStand_06

ModMyPi ミニカメラスタンド for Raspberry Pi レンズ付き




GPIO Zero コードリファレンス ルーラー - RasPio GPIO Zero Ruler


20160725a_GPIOZeroRuler_01.jpg

GPIO Zero は Pi財団の Ben Nuttall 氏や、Dave Jones 氏の開発した、Pi GPIO アクセスが簡単に、素早くできる、Python ライブラリです。

RasPiO GPIO Zero コードレファレンス ルーラー は、30cm ルーラーに、GPIO Zero のコードリファレンスを印字したルーラー(cm/inch)です。
Pi ポートのリファレンスもあります。

RasPi.TV の Alex Eames 氏の作品です。





RasPiO GPIO Zero Code Reference Ruler for Raspberry Pi (KickStarter)





CrumbleBot 用 超音波距離センサー


20160724a_CrumbleBotDistanceSensor_01.jpg

先日紹介した、「簡単エレクトロニクスコントローラ Crumble のロボット CrumbleBot」、その CrumbleBot(クランブルボット)用の、超音波距離センサーです。

上記写真は、ロボットボードに固定設置する「静止タイプ」です。
下記写真は、サーボを搭載してパニングできる「パニングタイプ」です。

20160724a_CrumbleBotDistanceSensor_02.jpg

クランブルボットのアドオンですが、クランブルのコンセプト、簡単エレクトロニクス、ハンダ付け作業が不要で、簡単に組み立て取り付けられるセンサーです。

ねじ留めで組み立て、配線は、わに口クリップ線です。


Ultrasonic Addons for CrumbleBot - Assembly and Use


20160724a_CrumbleBotDistanceSensor_03.jpg

超音波距離センサー for クランブルボット - CrumbleBot Addon





CosmicPi デスクトップ宇宙線検出器プロジェクト


20160723a_CosmicPi_01.jpg

CosmicPi は CERN(欧州原子核研究機構)のプロジェクト、宇宙線の検出器を Piを利用した、ポータブル機器として作り、それをワールドワイドで大量に運用、データを集めて、宇宙の秘密を研究しようということです。

個々の機器は、ピクセル(Pixels)に相当、全世界での測定データを大量に集めて、テレスコープのように全体像を把握しようと考えています。





機器のメインモジュールは、シンチレータ、特殊プラスティックに宇宙線が来たとき、フォトンの数をカウントします。

その他の重要なモジュールは、機器をピクセルとして取り扱う際のGPS位置情報、検出時の環境(気圧、温湿度、等々)。

20160723a_CosmicPi_02.jpg

現在は、まだプロトタイピングフェーズ、近々、KickStarter でクラウドファンディングの開始計画です。


CERN Researchers Are Making a DIY Cosmic Ray Detector in Their Spare Time



バーチャルワールドをコーディングしよう - MagPi Minecraft Essentials


20160722a_MagPiEssentialMineCraft_01.jpg

今度の MagPi ムック、MagPi Essentials は Minecraft(マインクラフト)です。

- ゲームをして最初のプログラムを書こう
- API による、ブロックのコントロール方法を学ぼう
- ミニゲームを作ろう
- Python API で GPIO を使おう
- Node-RED と Sonic Pi で Minecraft をコントロールしよう
- and much, much more!


MINECRAFT ESSENTIALS



次のページ

FC2Ad