ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi Zero プロジェクト - MagPi

20160228a_PiZeroProjectMagPi_01.jpg

Pi財団オフィシャル マガジン MagPi の Pi Zero プロジェクトの紹介です。

Pi Zero Xbox コントローラ

20160228a_PiZeroProjectMagPi_02.jpg

Xbox コントローラに、Pi Zero を内蔵した、Pi ゲーム機です。

Raspberry Pi Zero Hidden In An Xbox Controller


エネルギー モニター

20160228a_PiZeroProjectMagPi_03.jpg

Energine 社MiHome プロダクトから、Pi でインタフェースをとるというプロジェクトです。

A python interface to the Energenie line of products


Pi ラップトップ - Zero エディション

20160228a_PiZeroProjectMagPi_04.jpg

レゴブロックを利用した、PiBook、Pi Zero 版です。

Lego Raspberry PiBook


MatchBot

20160228a_PiZeroProjectMagPi_05.jpg

Cooks Matches の Pi Zero マッチ箱ロボットです。

MatchBot (YouTube)


MagPi projects perfect for the Pi Zero





スポンサーサイト

Intel Edison 頭脳の最強タンクロボット - デバステイター Devastator Tank Robot Kit

20160226A_DevatatorRobotKitEdison_01.jpg

DFRobot の Intel Edison を頭脳とするロボット。Arduino 版と違って、強力な頭脳でリモート、リアルタイム操作に優れます。ロボットのWebカメラでの手元端末へのビュー表示もスムーズです。

ロボットボードは、Romeo for Intel Edison、このキットのボードには、Intel Edison も装着済みですので、用意する必要はありません。

20160226A_DevatatorRobotKitEdison_04.jpg

ロボットの土台は、タンクロボットとして評判の DFRobot Devastator Tank Mobile Platform。

20160226A_DevatatorRobotKitEdison_03.jpg


タンクロボットキットのサポートする機能は、
 - 障害物回避
 - リアルタイム モニタリング
 - フルレンジ アングルビュー
 - スマホコントロールサポート
 - 2 DOF ターンテーブル

20160226A_DevatatorRobotKitEdison_02.jpg


SHIPPING LIST(商品内容)
- Devastator Tank Mobile Platform x1
- Romeo for Intel® Edison Controller (With Intel® Edison) x1
- Hexa Base Rotate Kit x1
- DSS-P05 Standard Servo (5kg) x2
- Pan and Tilt Kit (Black Anodized) (no servos) x1
- URM37 V4.0 Ultrasonic Sensor x1
- URM Ultrasonic Mounting Bracket x1
- Digital Buzzer Module x1
- Digital piranha LED light module - White x2
- PIR (Motion) Sensor x1
- Jumper Wires 9" F/F (10 Pack) x1
- Magnet Micro USB Cable 1.2m x1
- 10 sets M3*6 nylon screws x2
- USB Camera x1


SPECIFICATION
- Romeo for Intel® Edison Controller
 - Microprocessor: Intel® Edison (dual-core processor, 500MHz Intel Atom CPU and 100MHz Intel Quark microcontroller)
 - System Operating Voltage: 5V
 - Input Voltage (limits): 6-12V
 - System Output Voltage: 5V/3.3V
- Devastator Tank Mobile Platform (Upgrade Version) *Motor Stall Torque: 5.8kg/cm *Motor Reduction ratio: 1/44.9 *Motor Stall Current: 2.1A *Motor no-load Current: 130mA *Maximum Speed: 133cm/s
- URM37 V4.0 Ultrasonic Sensor
 - Power: +3.3V~+5.0V
 - Current: < 20mA
 - Working temperature: -10 ~ +70 C
 - Detection Range: 5cm - 500cm(1.97-196.85")
 - Resolution: 1cm(0.39")
 - Interface: RS232 (TTL), PWM
- Servo Rotation Angle: 180 degree
- USB Camera Pixels: 2 MP


解説 Wiki Doc - Devastator Tank Mobile Platform with Edison

チュートリアル


20160226A_DevatatorRobotKitEdison_05.jpg

Devastator Tank Robot Kit デバステイター タンク ロボット キット - By Intel Edison





Intel Edison と Arduino の機能でロボティックス - Romeo for Intel Edison

20160225a_Romeo for Intel Edison_01

DFRobot のボード Romeo は、元々、ATMega搭載の、オールインワン ロボット開発ボードとして設計、販売されています。
そのボードの Intel Edison対応版。
Edison の機能と Arduino の機能が使用できる、多目的開発ボードです。モータードライバー、無線(WiFi、Bluetooth)搭載なので、ロボティックス ボードとして最適です。


20160225a_Romeo for Intel Edison_02

20160225a_Romeo for Intel Edison_03

FEATURES
- Support USB power and external power supply switch
- Support SPI program port
- Support 1 x I2C interface
- Support 2 way motor drive (Peak Current: 2A)
- Support Broadcom 43340 802.11 a/b/g/n dual band (2.4G and 5GHz) Wi-Fi
- Support Bluetooth 4.0
- Support OTG
- 14 Digital I/O pins
- 6 Analog I/O pins
- 4 PWM Output interfaces

SPECIFICATION
- Operating Voltage: 5V
- Output Voltage: 5V/3.3V
- Input Voltage(limits): 6-20V
- Digital I/O pins: 14
- Analog I/O pins: 6
- DC Current per I/O Pin: 10mA
- Motor Driver Constant Current: 2 x 2A
- Size: 100x88x15mm(3.94x3.46x0.59")
- Weight: 70g

Romeo for Intel Edison ドキュメント


20160225a_Romeo for Intel Edison_04

Intel Edison and Arduino - ロメオ オールインワン開発ボード for Edison and Arduino





デスクトップ Pi2 データセンター? 100-Node PicoCluster

20160223a_PicoCluster_00.jpg

20160223a_PicoCluster_01.jpg

PicoCluster LLC.の Pi 2 のクラスター商品。
キャッチフレーズは「Big Data in a Tiny Cube」。

それにしても、100ノードというのはすさまじいですね、
世界最大数の、Pi クラスター、かつ、世界最小スペースの 100ノードクラスターシステム、ということです。

RAM 100GB、プロセッサコア数 400、電力消費量 250W。
レディメイドで、キーボード、マウス、モニター、それにネットワーク接続をすれば、すぐ使えるそうです。

20160223a_PicoCluster_04.jpg

以下は、3ノード PicoCluster、価格は $299~

20160223a_PicoCluster_03.jpg

10ノード PicoCluster、価格は、$999~

20160223a_PicoCluster_05.jpg

100ノードの価格は...$9,999~

20160223a_PicoCluster_02.jpg


3ノードあたりを学習、研究用途で使うのはいいかもしれません。
100ノードでの具体的事例、他システムとのコストパフォーマンスを知りたいですね。



20160223a_PicoCluster_06.jpg

PicoCluster LLC.




PiWeekly も Pi 財団の公式ニュースレターに

20160222a_PiWeekly_01.jpg

毎週金曜日(英国時間)に発行している、Ben & Ryan の PiWeekly ですが、Pi 財団の公式ニュースレター(Official Raspberry Pi Newsletter)になりました。

Pi の月刊雑誌 MagPi が、財団の公式マガジンになったのに引き続いてです。

今までの発行母体の活動はボランティアで、スポンサーを募るのが大変だったでしょうが、Pi 財団の一部になることによって、活動基盤はしっかりしたものになり、内容も充実して来るでしょうから、ユーザにとってもいいことでしょう。
ただ、..ベンチャービジネスを指向した筆者としては、大きくなっていく組織の一部となっていくのを見るのは、少し複雑な気持ちです....


20160222a_PiWeekly_02.jpg

RASPBERRY PI WEEKLY NEWSLETTER




スマートロボット DFRobot Vortex - ヴォルテックス

20160221a_DFRobot Vortex_01

以前紹介した、超小型マイクロコントローラ Beetle、それを利用したロボットキット インセクトボット

20160221a_DFRobot Vortex_02

20160221a_DFRobot Vortex_03

その開発元 DFRobot が KickStarter で開発、一般販売を開始したのが、このロボット、Vortex です。

スタイリッシュなデザインで子供達、ホビイスト達を惹きつけるスマート トイです。
あらかじめ、アプリケーションが搭載されていますので、iOS や Android のスマホ、タブレットがあれば、箱を開けて、すぐ遊べます。

また、オープンシステムでプログラマブル、センサー類を追加拡張していけますので、あなた独自のロボットにしていくことができます。

搭載アプリケーション

1.ぶつかり対戦(Bumping Fight)注:2台以上の Vortex が必要です。

20160221a_DFRobot Vortex_04

2.バーチャル ゴルフ(Virtual Golf)

20160221a_DFRobot Vortex_05

3.ドライブ (Driving)

20160221a_DFRobot Vortex_07

4.ロボットサッカー(Robot Soccer)

20160221a_DFRobot Vortex_06


プログラミングは、WhenDo という、グラフィカルツールがあります。(現在は iPAD対応)

20160221a_DFRobot Vortex_08

また、Scratch にも対応。

20160221a_DFRobot Vortex_09


仕様:
- マイクロプロセッサ:Atmega328
- 電源:単3電池4本(40-90分稼働)
- サウンド:MP3プレイヤー(8Mメモリ)
- センサー:
 - 赤外線近接センサー x2
 - エンコーダ/スピードコントローラ x2
 - 地面/ラインフォローセンサー x6
- サイズ:120 x 120 x 64mm、地上高:3mm


20160221a_DFRobot Vortex_10





20160221a_DFRobot Vortex_11

DFRobot Vortex - ヴォルテックス スマートロボット






サムスンは Pi で Tizen の普及を図る?

20160218a_Tizen_Pi_01.jpg

第4のモバイルOSとして、話題になった Taizen(タイゼン)ですが、...

実際に実装スマホが出てくると、色々問題が出てきているようです。でも、サムスンは頑張っています。
Pi 人気にあやかり、Pi へのポーティングで、IoT の世界に入っていこうと言うことでしょうが、さて、実現するでしょうか?


Samsung hopes Raspberry Pi can spread Tizen OS adoption (COMPUTERWORLD)





カラフル NeoPixel RGBW LED Ring - ネオピクセル リング

20160217a_NeoPixelRing_01.jpg

先日の『NeoPixel RGBW スティック』の次は『RGBW リング』です。

リング状の PCB に、5050 (5mm x 5mm) smart RGB+White(RGBW)LED を搭載していますが、トップ写真の左上 12個版、右上 16個版、下が24個版です。

LED 12個版
サイズ:外径:36.8mm、内径:23.3mm、厚さ:3.25mm、重量:3.3g

LED 16個版
サイズ:外径:44.5mm、内径:31.75mm、厚さ:3.25mm、重量:4.2g

LED 24個版
サイズ:外径:65.5mm、内径:52.2mm、厚さ:3.25mm、重量:6.6g


それぞれ、白色3種類、Cool Whie(~6000K)、Natural White(~4500K)、Warm White(~3000) があります。

20160217a_NeoPixelRing_02.jpg

搭載 LED は、SK6812 (WS2812B 互換)、NeoPixel Library は RGBW 用を使用する必要があります。

NeoPixel ガイド(Adafruit NeoPixel Überguide)

20160217a_NeoPixelRing_03.jpg

Adafruit NeoPixel Ring - RGBW LED x 12 - ネオピクセル リング



OpenGL ドライバー for Pi 2、および Raspbian 新版の内容

20160215a_OpenGLdriver for Pi2_01

OpenGL を Pi で試された方は多いと思いますが、パフォーマンスが大きな問題だったかと思います。

Raspbian の新しいバージョン(Jessie 2016-02-09)で、GPU を使用する OpenGL ドライバーがサポートされました。

このドライバーは、デフォルトでは「無効」となっていますので、コマンドラインバージョンの raspi-config で「有効」にします。

 Advanced Options --> GL Driver

このドライバーは、必要メモリ容量の関係で、Pi 1 や Pi Zero では動きません。
Pi 2 で設定した SDカードを、Pi 1/Zero に持って行ってもブートしないそうです。

以下のソフトで、効果を確認できます。

 sudo apt-get install mesa-utils
 glxgears

なお、このドライバーは、まだ experimental(実験)と呼んでいますので念のため。



その他、Jessie 2016-02-09 版のトピックとして、

アプリケーション、およびライブラリのバージョンアップ

 Sonic Pi 2.9
 Scratch 20160115
 Mathematica 10.3
 Node-RED 12.5

 WiringPi 2.31
 RPi.GPIO Python library 0.6.1
 Java version 8, update 65

その他、バグフィックス


Another new Raspbian Release (raspberrypi.org)




より、表現力豊かになった NeoPixel Stick - ネオピクセル スティック

20160214a_NeoPixelStick_01.jpg

Adafruit の NeoPixel Stick の LED が RGB から RGB+White(RGBW)となって登場、パワフルとなり、表現力が拡がりました。

20160214a_NeoPixelStick_02.jpg

スティック状の PCB に、5050 (5mm x 5mm) smart RGB+White(RGBW)LED 8個を配置、複数の NeoPixel Stick をチェイン接続できます。

LED は WS2812B 互換の SK6812、サイズは約 51mm x 10mm x 3mm、重量 約 2.6g です。

商品は白色の違いによって、以下の3種類が出ています。

- Cool Whie(~6000K)
- Natural White(~4500K)
- Warm White(~3000)

20160214a_NeoPixelStick_03.jpg


従来の RGB スティックも装い新たに登場です。RGBW 版と同様に、マウントホールが付き、より使いやすくなりました。

20160214a_NeoPixelStick_04.jpg

Adafruit NeoPixel Stick - RGB LED x 8 - ネオピクセル スティック


20160214a_NeoPixelStick_05.jpg

Adafruit NeoPixel Stick - RGBW LED x 8 - ネオピクセル スティック




次のページ

FC2Ad