ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Resin-in-Resin : Resin.io を レジンの中の Pi に

20170528a_resin-in-resin_01.jpg

Resin.io は埋め込み端末の構築、デプロイや管理を安全に行うサービスです。
ディスプレイを付けた Pi を、epoxy resin(エポキシ レジン:エポキシ樹脂)ケースに封印、物理的にいじらない、埋め込みデバイス、それを Resin.io で管理。
Resin.io の Matt Richardson氏開発 『Resin-in-resin』です。

20170528a_resin-in-resin_02.jpg

バッテリの充電は、ワイヤレス充電(インダクティブ充電)を使用、電源スイッチは、直接触らない、マグネティック リードスイッチ。
本物?の埋め込み装置です。


20170528a_resin-in-resin_03.jpg

Resin-in-resin: how to make a literal embedded device





スポンサーサイト

遠く離れた家族に近況報告 - Pi ライブ スライドショー

20170527a_Family-SharedLiveShow.jpg

遠く離れた家族や仲間に、あなたの写真のライブ スライドショーで近況報告をしましょう。
Pi とモニターがあれば、スマホから IFTTT アプレットでスライドショーができます。

Pi は、先日の 「Google Home を ProtaPi でパワーアップ」で紹介した ProtaPi を使用します。
PortaPi の以下の App を利用します。

- Kiosk app
- Email app
- IFTTT app


20170527a_Family-SharedLiveShow_02.jpg

Turn a Monitor Into a Family-Shared Live Slideshow Album





キットキャットクロックを Google Voice キャットに

20170523a_Kit-Cat Clock_01

キットキャットクロック(Kit-Car Clock)は、米国の、古くから(1932~)生き続けているネコ型時計。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも出てきて、ご存じの方もいるでしょうが、日本もアンティークファンが多いようです。

 Paul Langdon氏は、キットキャットクロックを改造、目に 2マイクアレイを設置、MagPi の Google Voice HATを利用して、Google AIY Projects により、キットキャットクロックを Google Voice キャットに変身させました。


Kit-Cat Clock - **Now with Google Voice**





Scroll pHAT でテトリス

20170510a_Scroll pHAT Tetris_01

Pimoroni の Scroll pHAT は 11x5 の白色 LEDマトリックスです。
Martin Fitzpatrick 氏は、Scroll pHAT により、小さなテトリスゲームを作りました。


回路、プログラムコードも詳細に説明してくれていますので教材としても良さそうです。

20170510a_Scroll pHAT Tetris_02

17x7 マトリックスの Scroll pHAT HD の方が、より面白いテトリスとなるでしょうが、HD版は Coming Soon ということです。
Scroll pHAT HD
20170510a_Scroll pHAT Tetris_03




Scroll pHAT Tetris





Pi 時空カメラ - イメージの時間による引き延ばし

20170508b_Space-Time Camera_01

時空カメラ(Space-Time Camera)は、イメージを時間に従って引き延ばします。
長時間露光の写真を考えていただければ、わかりやすいですね。
 jrbums氏のプロジェクトです。



20170508b_Space-Time Camera_02

Materials:
1. Raspberry Pi
2. Pi camera
3. Cooling system for Pi
4. 10 k potentiometer:
5. Potentiometer knob:
6. Blue LED push button for shutter
7. Push button for playback:
8. Analog to digital converter (MCP3008)
9. MicroUSB extension cable (male to female)
10. Pi foundation touchscreen display
11. Hardware for mounting:
12. Wire wrapping wire
13. 3D printed parts
14. Extra lens (optional)


プログラムロジック
SETUP:
- Import necessary packages
- Set up pins and pin states
- Set up trim pot conditions and tolerances
- Define live video parameters
- Set space line conditions
- Read disc for saved images and store filenames

MAIN LOOP:
- Live space-time mode:
 - Read file and store as matrix
 - Crop image to square
 - Update space-line position
 - Store space-line into space-time image
 - Concatenate both images into display image with dimensions of touchscreen
 - Display image on touch screen
 - Read input from shutter button
 - Read input from playback button
 - Read ADC to get potentiometer position
 - Save photo if shutter button is in right state change
 - Enter playback mode if playback button is in right state change

- Playback mode:
 - Read in files of photos currently saved to disc
 - If no files saved, exit playback
 - Read potentiometer change and cycle left or right through saved images
 - Check if shutter button is clicked to see if user wants photo deleted
 - Check if playback button has been pushed again to leave playback mode



How to Stretch Images Through Time With Space-time Camera and Processing





次のページ

FC2Ad