ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

NeoPixel で交通トラフィックマップ by Google Maps API

20170724a_GoogleMapsAPI_Traffic_01.jpg

Google Maps API は、地図に関する様々な機能を提供しますが、その中の一つ、指定区間の交通量のリアルタイム取得機能を使用して、Brian Lough氏は、リアルタイム交通トラフィックマップを作りました。

トラフィックの状態は、NeoPixel の色で表します。

 緑 - 良好
 黄 - やや渋滞
 赤 - 渋滞

本プロジェクトでは、マイクロコントローラは、AdaFruit Feather HUZZAH ESP8266 を使用、Arduino IDE でプログラミングしています。


20170724a_GoogleMapsAPI_Traffic_02.jpg


20170724a_GoogleMapsAPI_Traffic_03.jpg


Arduino-Neopixel Traffic Map (Make)





スポンサーサイト

窓に張り付いて監視するオクトパス - Pimoroni OctoCam - オクトカム Pi Zero W プロジェクトキット

20170721b_OctoCam_01.jpg

Pi Zero 用ミニカメラモジュールが付いた、Pi Zero W プロジェクトキット 『OctoCam オクトカム』 です。

カメラモジュールと Pi Zero W のホルダーとなるオクトパス、たこ君。吸盤が付いているので、窓に貼り付けて CCTV カメラ(監視カメラ)にできます。
ペットや子供達の様子を記録したり、外の景色のタイムラプス撮影など、あなたのアイデアで活躍の場は拡がります。

窓に貼り付けなくても、スタンド付きですので、デスクトップのカメラペットにも..

20170721b_OctoCam_02.jpg


20170721b_OctoCam_03.jpg


キット内容:
- Raspberry Pi Zero W
- Pi Zero ミニカメラ: 5MP
- OctoCam アクリルマウント、吸盤、デスクスタンド
- USBケーブル、USB A to micro USBアダプター、HDMIアダプター、20x20 オスピンヘッダー
- 小物入れとして使用できるプラスティックケース、Pimoroniステッカー付き 



お奨めのソフト(OS)はやはり、motionEye OS
OctoCam での motionEye OS の使い方もわかりやすく説明しています。






20170721b_OctoCam_04.jpg

Pimoroni OctoCam - オクトパス 吸盤カメラ - オクトカム Raspberry Pi Zero W プロジェクトキット





Pi Zero W Pimoroni プロジェクトキット

20170719a_PiZeroW_01.jpg

Pi Zero W が英国、米国で発売されてから、5ヶ月弱遅れで、やっと日本国内での技適モデル認証取得となり、国内正式販売が開始されました。

Pimoroni の Pi Zero W 同梱のプロジェ口キットを何回かに分けて紹介していきます。


Pimoroni Pi Zero W Starter Kit

トップ写真です。スターターキットという商品名ですが、他社のスターターキットと違って、関連ケーブル類やケースが付いているだけではなく、RGB LED スティック Blinkt! が付属した、LED プロジェクトキットと言えます。

20170719a_PiZeroW_02.jpg

キット内容:
- Raspberry Pi Zero W
- Pibow Zero W: パイボー ケース
- Blinkt!: RGB LED 8個スティック
- USBケーブル、USB A to micro USBアダプター、HDMIアダプター
- マイクロ SDカード: 8GB、NOOBS 2.2 プリロード、小物入れとして使用できるプラスティックケース、Pimoroni ステッカー付き

当社(Stella Symphony 関連各社)が販売する商品には、『Pibow Zero W 日本語組み立て説明書』、および、Blinkt! を用いた各種開発、プロジェクトを参照できるように、『Blinkt! 開発リファレンスシート』 を付けています。

20170719a_PiZeroW_03.jpg

Pimoroni Pi Zero W Starter Kit - スターターキット Raspberry Pi Zero W





HyperPixel 利用の Pi ポケットコンピュータ - Noodle Pi - KickStarter

20170717a_NoodlePi_01.jpg

Ashish Gulhati 氏が、この1年、考え続け、何度もデザインし直し、満を持して世に出そうという、Pi Zero をベースとした、Pi ポケットコンピュータ、Noodle Pi です。

最近リリースされた、ハイスピード 3.5" ディスプレイ Pimoroni HyperPixel を得て、Noodle Pi は高性能な商品として具体的になりました。

20170717a_NoodlePi_02.jpg

20170717a_NoodlePi_06.jpg

HyperPixel は、800x480 pixel (~270 PPI)、18-bit カラー、60 FPS フレームレートの静電容量マルチタッチパネルのディスプレイです。

Pimoroni HyperPixel - 3.5inch ハイレゾ TFT タッチ 高速 DPIインタフェース for Raspberry Pi

Noodle Pi はまた、Pi カメラモジュール V2(8MP 静止画、1080p30 / 720p60 / VGA90 ビデオ)を内蔵します。

20170717a_NoodlePi_03.jpg

筐体は強固なユニボディー、サイズは、94mm x 60mm x 10mm/19mm。
USB ポートと mini HDMI ポートがアクセスできますので、デスクトップとしても使用できます。

20170717a_NoodlePi_05.jpg


20170717a_NoodlePi_04.jpg

Noodle Pi - The Complete DIY Raspberry Pi Pocket Computer (KickStarter)






Alexa に、今見える飛行機の情報を教えてもらう

20170714a_AlexaSpotAirPlane_01.jpg

飛行機マニアの nick sypteras氏の部屋からは、飛行中の飛行機がよく見えます。
氏は、飛行中の民間航空機の現在位置を教えてくれるサイト Flightrader24(フライトレーダー24)を利用して、どこに行く何という飛行機かの飛行機情報を調べていました。

でも、自分でいちいち調べるのは面倒だと、Amazon Alexa にやらせることにしました。

使用ハードウェアは以下です。

- Pi 3
- RTL-SDR USB Dongle
- Amazon Echo Dot

RTL-SDR で、航空機の現在位置情報 ADS-B(Automatic Dependent Surveillance–Broadcast)を得、処理します。(航空便リアルタイム追跡 by Pi




TEACHING ALEXA TO SPOT AIRPLANES - FUN WITH RTL-SDR AND AMAZON ECHO DOT (nick sypteras)





次のページ

FC2Ad