ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

カメラ本体が強力ビジョン処理 - スーパーマシンビジョンカメラ JeVois ジュボア

20180704a_JeVois_01.jpg

昨年、KickStarter でファンディングに成功し、一般販売も開始した JeVois
Je Vois はフランス語、ジュ ボア、英語で I See、わたしは見る、なるほど、ということですが....

Super Machine Vision Camera で小さな筐体(4.3 cm3)に、ビジョン処理に必要なパーツが詰め込まれています。

20180704a_JeVois_03.jpg

- プロセッサー: 
 - Allwinner A33クアッドコアArm Cortex-A7(1.34 GHz、VFPv4 and NEON)
 - Mali-400 GPU デュアルコア(OpenGL-ES 2.0 サポート)
- メモリ: 256MB DDR3 SDRAM
- ソリッドステートディスク: microSD スロット
 - ファームウェア、Linux、マシンビジョン ソフトウェア、データ(最大 25MBytes/s)
- カメラセンサー: 1.3MP
 - SXGA (1280 x 1024) up to 15 fps (frames/second) 
 - VGA (640 x 480) up to 30 fps 
 - CIF (352 x 288) up to 60 fps 
 - QVGA (320 x 240) up to 60 fps 
 - QCIF (176 x 144) up to 120 fps 
 - QQVGA (160 x 120) up to 60 fps 
 - QQCIF (88 x 72) up to 120 fps
- カメラ視野:
 - 65°(水平)、F2.8、4:3 センサーアスペクト比
- USB インタフェース: ミニ USBポート
 - パワー、ビデオストリーミング(UVC Webカムスタンダード)、シリアル-USB コマンドラインインタフェース、テキストデータストリーミング
- ハードウェアシリアルポート: 5V or 3V(VCC-IOピンで選択)
 - マイクロシリアルポートコネクター(Arduino などの組み込みコントローラとの接続)
- パワー: 最大 3.5W(USBポートから)
 - USB 3.0 ポート、または USB 2.0 ポート x2(付属の Yケーブルを利用)
- 熱対策: 冷却ファン装備(高負荷でも安定速度 1.34GHz)
- LED: 2色LED
 - 緑: 電源良好
 - オレンジ: 電源良好でビデオストリーミング中
- プラスティック製ケース: マウントホール x4、8色から選択
 - 01 黒、02 白、03 ピンク、04 紺色、05 水色、06 赤、07 黄、08 オレンジ
- サイズ: 4.3 cm3
- 重量: 17g

20180704a_JeVois_04.jpg

JeVois スマートカメラは、USB を介してホストコンピュータの Webカメラになります。
ホストコンピュータ:
- Linux(Raspberry Pi もOK)
- Windows
- Mac

種々のビジョンプロセッシングモデルをサポートしますが、コンフィグレーションファイルで、USB ビデオの解像度とフレームレート、カメラセンサーの解像度とフレームレートに対して、実行するビジョンアルゴリズムがマッピングされています。

Bundled vision modules and demos

ソフトウェアライブラリ:
- TensorFlow Lite deep neural networks
- Neuromorphic algorithms for visual attention & scene understanding
- OpenCV 3.4 machine vision algorithms
- All opencv-contrib modules (object recognition, ArUco, etc)
- ZBar library for barcode & QRcode detection and decoding
- tiny-dnn library for deep convolutional neural networks
- GPU-accelerated image processing using OpenGL ES2.0 shaders
- Support for NEON multimedia processor instructions
- Vlfeat library for visual feature computation
- OF_DIS library for fast motion flow computation
- Eigen3, TBB, OpenMP, etc


JeVois スマートカメラは、USBビデオストリーミングなしの、スタンドアローンコンピュータとしても稼働します。Arduino などのコントローラのシリアルポートとストリーミングコマンドでやりとりします。



商品には、カメラ本体のみでなく、必要なケーブルやパーツがそろった、すぐ使用できる「ビギナー ターンキーキット」というのがあります。
ソフトウェアプリロード済みの microSDカードをカメラ本体に挿入し、USB ケーブルで PC(ホストコンピュータ)に接続すれば、ホストコンピュータは JeVois を Web カメラとして、スマートカメラの処理する情報、マシンビジョン情報を得られます。
ターンキーキットというように、ホストコンピュータ用の MicroSDカードリーダーも付属という徹底ぶりです。

20180704a_JeVois_05.jpg

JeVois Software

Getting started with JeVois is easy!



20180704a_JeVois_06.jpg

JeVois-A33 スマート マシンビジョン カメラ - ビギナー ターンキーキット (01 黒)







スポンサーサイト

違法画像対策を Pi と Movidius NCS で

20180622a_Pi and Movidius _01

オーストリア在住の Christian Haschek 氏は、画像ホスティングプラットフォーム Pictshare を運営していますが、数々の違法画像(child sex abuse, etc.)がアップロードされることに頭を悩ませています。
警察に連絡すると、プリントアウトして、持って来い、ということですが、その種(child abuse)の画像を、デジタルであれプリントであれ、持っていること自体が違法です。

そこで、氏は自ら、違法画像を見つけ削除するシステムを構築することとしました。

Pi 3台に、Movidius NCS 2本の構成、画像の分類を学習させます。

また、NSFW(Not Safe foe Work) と呼ばれるモノを識別する、オープンソース アルゴリズムを Yahoo から入手しました。

違法画像を見過ごさないために、AI で認識する違法画像確率を低く設定(30%)、該当画像は削除します。

このシステムは $300 で構築できたとのこと。


The $300 system in the fight against illegal images (bbc.co.uk)







AI コラボ - Alexa の助けで Microsoft 顔認識

20180606a_Pi image recognition wAlexa_01

SeeTalker は Alexa をユーザインタフェースとし、Microsoft Azure Cognitive サービスを利用して、顔認識をします。
Ken Walker 氏のプロジェクトです。

20180606a_Pi image recognition wAlexa_02

SeeTalker に、見ている物が何かを尋ねます。
SeeTalker は Alexa skill でスナップを撮り、そのイメージの解析を Microsoft Cognitive サービス に依頼します。解析結果は、Alexa が音声で応答します。
SeeTalker はまた、Alexa コマンドにより、自撮りもできるようにしています。

20180606a_Pi image recognition wAlexa_03

Raspberry Pi Image Recognition with Alexa Voice (hackster.io)







向けてボタンを押せば教えてくれる - 魔法のワンド(杖) - Seeing Wand

20180530a_SeeingWand_01.jpg

魔法のワンドを何かに向けて、ボタンを押すと、そのモノが何かを音声で教えてくれます。
Hobbes 氏の子供たちへの教育のためのプロジェクトですが、視覚障害者への実用性という面でも充分役立ちそうです。

ボタンを押して、Pi カメラで撮影、イメージをマイクロソフトの Cognitive Services に送り、イメージの説明を得ます。
取得した説明文は、espeak text-to-speach(TTS) により音声に変換、Pimoroni Speaker pHAT で出力します。



The Seeing Wand - Point, Push, Listen (zakon.org)







Google AIY Vision Kit を利用した AI ふくろうロボット Archimedes

20180529a_Archimedes AI Robot Owl_01

Archimedes(アルキメデス) は、AI ふくろうロボットです。
アーサー王の少年時代を描いた小説『The Once and Future King(永遠の王)』、ディズニーの『王様の剣』 に出てくる、魔法使いマーリンの家に住んでいるしゃべるふくろうにちなんでいます。

Alex Glow 氏が、Google AIY Vision Kit を利用して作りました。

20180529a_Archimedes AI Robot Owl_02


ふくろう Archimedes 本体は、3D印刷で作成、サーボを3個を Arduino MKR1000(Genuino MKR1000)でコントロールします。


Archimedes: The AI Robot Owl (hackster.io)







次のページ

FC2Ad