FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

顔認識 自動アンロック ドアシステムを MS Azure で

20190523a_Azure Facial Recog Door_01

Microsoft の Windows IoT チームのアプリケーション例の一つのプロジェクトです。
ドアのボタンが押されると、訪問客の顔を認識して、音声で挨拶、ドアをアンロックするシステムです。

AI 機械学習の API βを公開していた Microsoft の Project Oxford は、今は Azure 正規のサービス Cognitive Services に移行していますが、顔認識などの API を提供します。

本プロジェクトは、Pi2B を Windows 10 IoT Core で使用、カメラは Microsoft Lifecam 3000 です。
ソフト開発は、Microsoft Visual Studio 2015、Azure の Face APIs を利用します。

20190523a_Azure Facial Recog Door_02

20190523a_Azure Facial Recog Door_03




Windows IoT: Facial Recognition Door (hackster.io)







スポンサーサイト

AI プロセッサ RK3399Pro 搭載 AI 開発 ボードコンピュータキット

20190521a_Toybrick RK3399Pro Dev Kit_01

RockchipRK3399Pro は、NPU (Neural network Processor Unit)内蔵のスーパー AI プロセッサです。

20190521a_Toybrick RK3399Pro Dev Kit_02

RK3399Pro
- Dual-core Cortex-A72 up to 1.8GHz; Quad-core Cortex-A53 up to 1.4GHz
- NPU up to 3.0TOPS
- Mali-T860MP4 GPU
- Dual-channel DDR3/DDR3L/LPDDR3/LPDDR4
- 4K UHD H265/H264/VP9
- HDR10/HLG
- H264 encoder
- Dual MIPI CSI and ISP
- USB Type-C and USB 2.0

この RK3399Pro 搭載の Toybrick RK3399Pro AI Development Kit は、強力な AI ボードコンピュータです。

20190521a_Toybrick RK3399Pro Dev Kit_03


Android と Linux (Fedora 28)のデュアル OS で、AI アプリケーションを開発できます。
20190521a_Toybrick RK3399Pro Dev Kit_05
20190521a_Toybrick RK3399Pro Dev Kit_06

商品は、メモリとストレージ(eMMC)サイズの違いで 2種類あります。
  01 3GB+16GB
  02 6GB+32GB 


商品内容
- TB-RK3399Pro 開発ボード、ヒートシンク付き
- 透明アクリルケース(アクリル板とねじ)
- パワーサプライ(12V-2A)
- USB Type C ケーブル

20190521a_Toybrick RK3399Pro Dev Kit_07

Specifications
- SoC: Rockchip RK3399Pro (NPU built-in)
- NPU: Support 8-bit/16-bit Inference
- Deep Learning: Support TensorFlow/Caffe Model
- CPU: Dual Cortex-A72 +Quad Cortex-A53,64-bit CPU
- Frequency: up to 1.8GHz
- GPU: Mali-T860MP4 GPU
- Memory: 3GB or 6GB LPDDR3
- EMMC: 16GB or 32GB eMMC
- Support: SIM Card, TF Card
- USB: 2 x USB 2.0 Host, 1 x USB 3.0 Host, 1 x USB 3.0 Type-C
- Dual OS: Android 8.0 & Fedora 28





20190521a_Toybrick RK3399Pro Dev Kit_08

Toybrick RK3399Pro AI Development Kit







Jetson Nano を始めてみよう

20190513a_Getting Started Jetson Nano_01

NVIDIA の GPU 強力パワーは、Jetson として、AI 機械学習の世界で発展してきました。ただ、今までは、かなり大がかりで、企業向けという色彩が強かったですが、Jetson Nano のリリースにより、DIY コンピュータおたくを含めた広範囲の AI 試行者に広がり始めました。
ドイツ、ハンブルクの Heldenkombinat Technologies の Jetson Nano 手始めチュートリアルです。

ここでは、実際のディープラーニング処理の前の Jetson Nano セットアップと言うことで、以下の内容を説明しています。

- OS のフラッシュとブート
- SSH でのコントロール
- スワップファイルの作成
- ソフトのアップグレード
- PIP のインストール
- Python virtual environments に関して
- Jupyter Notebook のセットアップ

Jetson Project




20190513a_Getting Started Jetson Nano_02

Getting started with the Jetson Nano (medium.com)







ずーっと品不足? - NVIDIA Jetson Nano Developer Kit

20190507a_NVIDIA Jetson Nano Dev Kit_01

3月にリリースされた、NVIDIA のコンシューマ向け、強力AIコンピュータ開発者キット NVIDIA Jetson Nano Developer Kit ですが、全世界でいまだ予約販売が続いているようです。
製造は順調のはずなのですが、今後も予約後1ヶ月以上のリードタイムは続くようですし、むしろますます入手が困難になるという噂もあります。

Jetson Nano は、NVIDIA Jetsonファミリー中、最小サイズ 70x45mm のAIモジュールで、様々な業界のエッジデバイスへの導入、アプリケーションが検討されており、6月から全世界、配布予定です。

20190507a_NVIDIA Jetson Nano Dev Kit_04
20190507a_NVIDIA Jetson Nano Dev Kit_03


Jetson Nano Developer Kit は、その Jetson Nano での AI開発がすぐ始められる、開発者キットです。

20190507a_NVIDIA Jetson Nano Dev Kit_02

20190507a_NVIDIA Jetson Nano Dev Kit_05

20190507a_NVIDIA Jetson Nano Dev Kit_06



Getting Started With Jetson Nano Developer Kit

NVIDIA Jetson Nano Developer Kit - 強力 AI コンピュータ 開発者キット







Google Edge TPU Coral のソフト更新

20190415a_CoralUpdate_01.jpg

Google Edge TPU の商品 Coral、『Coral USB Accelerator』と『Coral Dev Board』、アプリケーション検討、調査学習の大学や企業のみならず、先進的な個人ユーザも増えてきていますが、Coral チームも Coral プラットフォーム、開発環境やサポート環境を充実させてきています。

以下は、ユーザーからのフィードバックも参考に、Coral プロダクトをより簡単に使用しやすくしたり、ツール関連もわかりやすくした、4/11 発表の Coral ソフト更新 の情報です。


コンパイラ 更新

Edge TPU モデルコンパイラ

TensorFlow モデルを作成しますが、限定的アーキテクチャの制限を取り払い、どのようなアーキテクチャモデルにも対応できるようにしました。

参考
TensorFlow models on the Edge TPU


新 TensorFlow Lite C++ API

TensorFlow Lite C++ API の上で動く、新しい C++ API で、Edge TPU の推論を実行できます。

参考


Python API 更新

同時マルチモデル実行機能などを含んだ更新。

参考


Mendel OS と MDT ツール 更新

Coral Dev Board 用の、新バージョン Mendel OS (3.0 Chef)、および MDT (Mendel Development Tool)。
SSH 認証のセキュリティを向上させています。

参考


その他

Environmental Sensor Board の発表

20190415a_CoralUpdate_02.jpg

Coral Dev Board および Raspberry Pi 対応のアクセサリボード。光、温湿度、気圧センサーです。Grove コネクター x4 により、Grove センサーを取り付けられます。
Google Cloud IOT Core とコミュニケーションできます。


Updates from Coral (coral.withgoogle.com)





20190415a_CoralUpdate_03.jpg

Google Edge TPU - Coral USB Accelerator - USB AI アクセラレータ Raspberry Pi 対応



20190415a_CoralUpdate_04.jpg

Google Edge TPU - Coral Dev Board - AI シングルボード コンピュータ












次のページ

FC2Ad