ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi CM3 によるミニ PC/ゲートウェイ - CompuLab IOT-GATE-RPi

20171211a_IOT-GATE-RPi_01.jpg

イスラエルを拠点とする、ARM ベースの computer/system-on-module メーカー CompuLab 社 の Pi IoT コンピュータ、IOT-GATE-RPi です。

20171211a_IOT-GATE-RPi_02.jpg

Pi コンピューツモジュール 3 がベース、インダストリアル環境での IoT システム対応の強固な仕様となっています。

- 対応温度: -40℃ ~ 80℃
- 耐衝撃/振動/ダスト/湿度
- 高入力電圧: 10V ~ 36V
- DC プラグロック
- DIN レール/ウォール/VESA マウント
- ファンレスデザイン、頑丈なアルミニウムハウジング
- 外部ストレージからの不正ブート要求へのハードウェア保護

Feature Highlights
- Powered by Raspberry Pi 3 Compute Module
- Broadcom BCM2837 CPU, quad-core Cortex-A53
- 1GB LPDDR2 and up-to 64GB eMMC
- 3G/LTE modem, WiFi b/g/n and BT 4.1
- 2x Ethernet, 4x USB2, RS485, RS232, CAN
- Miniature size – 112 x 84 x 25 mm
- Custom I/O expansions with RPi HAT add-ons

IoT コンピュータは種々のセンサー、入出力機器を使用しますが、市場の様々な HAT アドオンボードを使用できるようになっています。

Pi 各種 OS 対応です。
20171211a_IOT-GATE-RPi_03.jpg



20171211a_IOT-GATE-RPi_04.jpg

IOT-GATE-RPi: CompuLab’s mini-PC/gateway builds on the RPi CM3 (open-electronics.org)





スポンサーサイト

Pi に Cortana Skills インタフェースの Chat Bot を作成

20170626a_CortanaPi_01.jpg

Microsoft Bot Framework で Chat Bot を作成できます。Chat Bot は Azuru App サービス下、もしくは .NET または Node.js 下のサーバで稼働します。

Ron Dagdag氏は Node.js を使用した Pi での Chat Bot 作成をステップバイステップのチュートリアルで紹介しています。
音声認識 Microsoft Cortana Skills と連携して、言われた内容を、そのまま返答します。

手順:
1.Pi セットアップ
2.Node.js インストール
3.Node.js インストレーションのチェック
4.Ngrok.io(ローカル環境の外部公開)インストール
5.Ron Dagdag氏のサンプルコードを利用
6.ngrok スタート
7.新しい Bot の登録(Bot Framework
8.Pi .env ファイルの作成
9.app.js スタート(node app.js)


この Bot の呼び出し名は "Echo" です。
'Cortana, tell echo hi raspberry pi' としゃべると、コマンドは Pi に転送され、Pi の Bot は受けた内容を Contana に送り返し、返答します。


Cortana Skills and Bot Framework on Raspberry Pi





Grove 音声認識キット for Arduino

20170607a_GroveSpeechRecognizerKit_01.jpg

Seeed Studio の Grove 音声認識キット(Grove Speech Recognizer Kit for Arduino) は、IoT やスマートホームを始めるにあたって、プロトタイピングを作成しながら、Speech Recognizer のファンクションやアプリを学習できるデザインとなっています。


Grove Speech Recognizer 音声認識ボード

20170607a_GroveSpeechRecognizerKit_02.jpg

20170607a_GroveSpeechRecognizerKit_03.jpg

① Grove コネクター
② LED 赤 - "HiCell" で、コマンド受け付け可能になったとき
③ LED 青 - コマンドを認識したとき
④ スピーカーコネクター
⑤ マイク
⑥ ISD9160CFI コントローラ


スピーチコマンドは 22個認識できます。

キット内容:
- 1x Grove Speech Recognizer(音声認識)
 22 個のスピーチコマンドを認識
- 1x Grove MP3 v2.0
 ミュージック、サウンドファイルの再生
- 1x Grove RTC
 現在時刻の記録、時刻に関するイベント管理に必要
- 1x Base Shield(ベースシールド)
 多くの Grove モジュールを同時使用するときに使用
- 1x Grove Infrared Receiver(赤外線レシーバー)
 赤外線検出
- 1x Grove Infrared Emitter(赤外線送信)
 赤外線送信、コントロールシステムへの信号
- 5x Cable(ケーブル)
- 1x Manuaマニュアル)


Grove Speech Recognizer - Wiki

Grove Speech Recognizer Kit for Arduino - Wiki

20170607a_GroveSpeechRecognizerKit_05.jpg

Geove 音声認識キット for Arduino - Grove Speech Recognizer kit





Google AIY プロジェクトを Voice HAT なしで

20170517a_AIY without VoiceHAT_01

Google VoiceHAT は MagPi 57号でしか手に入りません。
MagPi 57号は、MagPi 取り扱い書店やネットショップでもすぐ売り切れ、MagPi を定期購読している人以外は入手が難しいと思います。 

20170517a_AIY without VoiceHAT_02

 Dennis Geurts氏は、そのような人たちのために、Voice HAT なしで、Google AIY プロジェクト、Voice Kit と同等なことができるやり方を紹介しています。

使用するのは、Pi 3、Android Things がプラットフォームですが、Android Things の Pi は Pi 3 ということになっています。

USB マイクとスピーカー(フォノジャック、または HDMI)、プッシュボタンスイッチ、LED、抵抗(475Ω程度)を用意。


コードは、Dennis Geurts氏が、オリジナルの AIY プロジェクト Voice Kit をベースに、若干カスタマイズしています。

dennisg/aiyprojects-googleassistant

Android Studio にロードして、コンパイル、 I2S 使用可の Android Things Pi 3 にインストールします。


ボタンスイッチを Pin 2(5V)と GPIO 23 につなぎ、ボタンを押すと、スピーチ認識がアクティベートされます。

LED、抵抗を GPIO 24 と接続、ボタンを押したとき、および、Google Assistamt が応答しているとき、LED は点滅します。






Pi 屋外稼働キット

20170319a_PiOutdoorKit_01.jpg

太陽光パネルや3G通信モジュールなど必要機材一式をまとめたラズベリーパイ屋外稼動キット、電源や通信機能を屋外でも使用できるように、太陽光パネル、3G携帯電話回線、防水ボックスを用意しています。

20170319a_PiOutdoorKit_02.jpg

このようなキットの海外製品ですと、そのままでは国内では使用できませんが、国産ですので、すぐ使用可、サポートも大丈夫、福岡拠点の、電子/通信機器・組込機器の開発・小ロット製造のメカトラックス社の商品です。

消費電力を抑える為に間欠動作(タイマー動作)を採用、連続動作(常時通電)の場合と比べ、太陽光パネルと蓄電池のサイズ/容量を削減、小型化を実現しています。

20170319a_PiOutdoorKit_03.jpg


キット内容:
・RaspberryPi(ラズベリーパイ、消費電力・用途により型番は選択頂けます)
・ラズパイ用3G通信モジュール(メカトラックス、3GPi)
・ラズパイ用電源管理・死活監視モジュール(メカトラックス、slee-Pi)
・太陽光パネル(電菱、DB020-12)
・太陽電池充放電コントローラ(電菱、SA-MN05-8)
・サーキットプロテクタ(三菱電機、CP30-BA 1P (定格 3A))
・鉛蓄電池(電菱、JC20-12(12V 20Ah))
・防水ボックス(FIBOX、ARCA403015)
・汎用ケーブルグランド(日本エイ・ヴィー・シー、FGA21M-08B)
 ※他のケーブル径など変更可能な場合もありますのでお問い合わせください。
・背面アルミフレーム(ミスミ 40mm角溝幅10mm、NFSL8-4040)


20170319a_PiOutdoorKit_04.jpg

ラズベリーパイ屋外稼動キット販売開始





次のページ

FC2Ad