ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

MagPi の PiJuice レビュー

20171112a_MagPiPiJuiceREview_01.jpg

モバイルパワー ソリューションの PiJuice、一般販売も始まり、Pi オフィシャルマガジン MagPi のレビューです。

20171112a_MagPiPiJuiceREview_03.jpg

PIJUICE REVIEW: PORTABLE POWER FOR RASPBERRY PI (MagPi)





スポンサーサイト

HAT、pHAT を並べて使える - Pimoroni pHAT Stack

20171031a_pHAT Stack_01

Pimoroni の pHAT Stack は Black HAT の兄弟とも言えます。
Black HAT は、HAT の開発、デバッグのための Pimoroni 社内ツールを商品化したものですが、確かに、HAT、pHAT を並べて使えれば、色々便利、プロジェクトの幅も拡がりますね。


20171031a_pHAT Stack_02

GPIO 2x20 ピン(オス)が6箇所有り、一つはリボンケーブルで、Pi 本体と接続しますが、残りの5個は HAT、pHAT 用です。
HAT を最大3枚、pHAT なら最大5枚、同時使用ができます。

気をつけなければならないのは、ピン競合の関係で、同時に使用できない HAT、pHAT の組み合わせがあることです。
事前に pinout.xyz でチェックされるのがいいでしょう。

Pimoroni は組み合わせ可能例として、以下のようなプロジェクトを提案しています。

- 小っちゃなビートボックス: Piano HATDrum HATSpeaker pHAT
- ラジオアラームクロック: Four Letter pHATTouch pHATSpeaker pHAT
- ビルトインダッシュボード付きウェザーステーション: Enviro pHATFour Letter pHATScroll pHAT HD

面白い使い方としては、pHAT Stack の最下部のピンの箇所をメスヘッダーにして、リボンケーブルを使わずに、pHAT Stack に直接 Pi Zero をマウントして、コンパクトにする方法です。。
最下部にしているのは、ケーブル位置の関係です。

20171031a_pHAT Stack_03

チュートリアル(Getting Started with pHAT Stack)



20171031a_pHAT Stack_04

Pimoroni pHAT Stack - Pimoroni ステッカー付き





Pi をリモートでパワーオン/オフ - Hackable Pi Switch

20171016a_NanomesherPiPowerSwitch_01.jpg

香港拠点の IoT 関連スタートアップ企業 Nanomesher Limited のリモコンで Pi のパワーオン/オフができるキット商品です。

シンプルなだけに逆にすぐ使える有用な、リモコン付きツールです。
Attiny85 搭載ですが、取り外し可能で、Attiny Microcontroller Programmer でリプログラミングでき、リモコン付き開発ボードにすることもできる、ハッカブル(Hackable)Pi Switch です。

20171016a_NanomesherPiPowerSwitch_02.jpg

The Pi Switch Features:
- Single button on/off or Infrared (IR) remote operation (Remote Included)
- LED light to indicate power status
 - Blinks twice when Switch receives power
 - Turn On when Pi is on
 - Blinks when waiting for Pi to turn off
 - Turn Off when Pi is off
- Use standard microUSB and USB female socket
- Suitable for mounting on front face plate
- Onboard Attiny85 Microprocessor can be removed and reprogrammed if needed

Hackability:
- One output to trigger relay
- One output to LED
- One analog input to detect voltage between 0-5v
- One input for push button
- One input for infrared receiver which I have the code to distinguish all the buttons in the remote included
- One output to trigger an external digital input (pull down)



Hackable Pi Switch Installation Guide

Nanomesher PiSwitch Shutdown Detect Script

Hackable Raspberry Pi Switch - Programming Guide



20171016a_NanomesherPiPowerSwitch_03.jpg

Nanomesher - Hackable Raspberry Pi Power Switch - リモコン付き ハッカブル パワースイッチ





CircuitPython 対応 Adafruit Metro M0 Express

20170901_ADF Metro M0 _01

Adafruit の Metro 328 は、ATmega328 搭載ボードでした。
Metro M0 は ATSAMD21G18 ARM Cortex M0 搭載、48MHz、3.3V logic、256K FLASH、32K RAMです。

20170901_ADF Metro M0 _02

CircuitPython は MicroPython をベースにした、回路・エレクトロニクス向け言語。
CircuitPython と言っていますが Python のサブ機能ではなく、フル機能です。
ネイティブ USB サポートですので、PC に USB 接続すれば、通常の USB メモリとして見えます。プログラムコードはファイルをエディタで編集するだけ。
IDE を必要とせず、非常にシンプルに開発、デバッグできます。

もちろん、従来通り、Arduino IDE も使用できます。

20170901_ADF Metro M0 _03


パワーコネクション
20170901_ADF Metro M0 _04

ロジックピン
20170901_ADF Metro M0 _05

SPI フラッシュ および NeoPixel
20170901_ADF Metro M0 _06
通常の LED赤の他に、NeoPixel 1個が搭載されています。


リセット等
20170901_ADF Metro M0 _07

デバッグインタフェース
20170901_ADF Metro M0 _08


Specifications:
- ATSAMD21G18 @ 48MHz with 3.3V logic/power
- 256KB of FLASH + 32KB of RAM
- 2 MB SPI Flash chip
- No EEPROM
- 32.768 KHz crystal for clock generation & RTC
- 3.3V regulator with 500mA peak current output
- USB native support, comes with USB bootloader and serial port debugging
- You also get tons of pins - 25 GPIO pins, 5 more than the Metro 328
- Hardware Serial, hardware I2C, hardware SPI support
- PWM outputs on almost all pins
- 6 x 12-bit analog inputs
- 1 x 10-bit analog output (DAC)
- Built in NeoPixel on pin #40
- Pin #13 red LED for general purpose blinking
- Power on/off switch
- 4 mounting holes
- We also include 4 rubber bumpers to keep it from slipping off your desk
- Reset button
- Adafruit Black PCB with gold plate on pads
- Dimensions: 71mm x 53mm / 2.8" x 2.1"
- Height (w/ barrel jack): 13mm / 0.5"
- Weight: 20g


Adafruit Metro M0 Express - 解説


20170901_ADF Metro M0 _09

Adafruit METRO M0 Express - ATSAMD21G18 ARM Cortex-M0 - CircuitPython 対応





任天堂 Wii ヌンチャク I2C ブレークアウト アダプター

20170605a_Nunchucky_01.jpg

任天堂 Wii ヌンチャクは、スイッチ、ジョイスティック、加速度計が実装されたコントローラです。

 - two buttons
 - 2-axis joystick
 - 3 axis ±2g accelerometer

このヌンチャクコントローラを、I2C ブレークアウトしたアダプターが、上記写真の、Solarbotics 『NunChucky(ヌンチャッキー)』 と下記写真の Tod E. Kurt 『WiiChuck(ウィーチャック)』です。

20170605a_Nunchucky_02.jpg

どちらのアダプターも、Arduino などの I2C 対応各種コンピュータで使用できます。
4ワイヤーのインタフェースパッドは、Grd、3.3V、Data、Clk。
WiiChuck は1組ですが、NunChucky は2セット用意されています。

ウィーチャック
20170605a_Nunchucky_04.jpg

ヌンチャッキー
20170605a_Nunchucky_03.jpg

サードパーティー製のヌンチャクコントローラは、色々販売されていますが、一部、安価な製品では、Arduino スケッチで稼働しないというユーザー報告があるそうですので、ご注意を。


20170605a_Nunchucky_05.jpg

NunChucky ヌンチャッキー - 任天堂 Wii ヌンチャク I2C ブレークアウト アダプター





次のページ

FC2Ad