ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

見て、聞いて、感じる Pi OLED 時計

20180621a_Pi OLED Clock_01

Ashwini Kumar Sinha 氏の OLED (Organic Light Emitting Diode) - 有機ELディスプレイ - を使用したプロジェクトです。

この時計は、時刻を表示するだけではなく、異なるインターバルで時刻を読み上げてくれ、また、暗くなってくると色が変わるといった時計、WATCH IT HEAR IT AND FEEL IT ということです。

20180621a_Pi OLED Clock_02

OLED は SSD1306 を使用、ライブラリは Adafruit の Python ライブラリ を利用しました


RASPBERRY PI OLED CLOCK WATCH IT HEAR IT AND FEEL IT (instructables.com)







スポンサーサイト

Android タブレットを Pi のディスプレイに

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_01

Pi のデイスプレイとして Android タブレットを利用しようという、Christian Cawley氏のチュートリアルです。
ディスプレイとして、と言ってもタブレットを直接 Pi に接続するわけではありません。RDP(Remote Desktop) または VNC(Virtual Network Computing) を使用した接続です。

RDP、VNC どちらの場合も、Pi は SSH 化、いわゆるヘッドレス Pi にしておく必要があります。
初期の Pi(Raspbian)では、SSH 化するには、PC などで Raspbian の SD カードの boot ディレクトリにダミーファイル "ssh" を作る必要がありましたが、最近の Raspbian では、raspi-config またはデスクトップの Preference から設定できるようになっています。

raspi-config
Advanced Options > SSH > OK

または

デスクトップ メニュー
Preference > Raspberry Pi Configuration > Interfaces > SSH > OK


Android タブレットを Pi のディスプレイに
RDP 利用の場合

Pi に RDP のインストール
sudo apt update
sudo apt install xrdp

Android に Microsoft Remote Desktop をダウンロード(フリー)

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_02

[+]> Desptop > PC 名の入力(Pi のホスト名または IP アドレス)

Pi ホスト名は通常(デフォルトでは)"raspberrypi" です。

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_03

上記が表示されますが、[CONNECT]をクリックすればOKです。

20180404a_AndroidTablet Asa a Screen of Pi_04

How to Use an Android Tablet as a Screen for Raspberry Pi (makeuseof.com)







3色電子ペーパー Inky pHAT 表示の仕組み

20180118a_Inky pHAT_01

再登場した Pimoroni Inky pHAT、販売好調のようですが、Pimoroni 学習資料担当 Tanya Fish さんのテクノロジーかみ砕きシリーズの最新は、Inky pHAT 電子ペーパー(e-paper)の表示の仕組みに関してです。

20180118a_Inky pHAT_02




下記、3色の仕組みの図は、E INK SPECTRA のものです。

20180118a_Inky pHAT_03

20180118a_Inky pHAT_04

20180118a_Inky pHAT_05







20180118a_Inky pHAT_00



20180118a_Inky pHAT_06








3色電子ペーパー Pimoroni Inky pHAT - 中身を新たに再登場

20171212a_NewInky pHAT_01

本年6月に登場した Pimoroni Inky pHAT、好評でしたが長らく在庫切れ状態でした。

実は、Pimoroni では、下記のようなディスプレイにゴミラインが表示されるという障害の解決に悩んでいました。

20171212a_NewInky pHAT_03

初期出荷後は問題なく、好調だったのですが、出荷本数が増えるにつれ、上記関連の不具合が報告されるようになりました。

Pimoroni は各種環境テストで再現させ、調査を続け、原因を以下のようにまとめました。

- 低温度での長期使用、および急激な温度低下
- 極端な光電子ショック(extreme photoelectric shocks)
- 異常スパイク電圧(abnormal spiky voltages)

回路やソフトを変更しましたが、完全な解決にいたりませんでした。
そこで、すべてを新規にやり直し。

新ディスプレイ
 ディスプレイの調達先を変更。MCU 及び電極レイアウトが変更されています。

20171212a_NewInky pHAT_04

新PCB
 パワー回路のデザイン変更、スパイク電圧に耐えられるようにしました。

20171212a_NewInky pHAT_05

新ソフトウェア
 新ディスプレイはドライブ方法が異なるため、書き換え。また、旧ディスプレイも認識して稼働、新、旧、両ディスプレイで使用できます。

社内テストを繰り返し、問題ないことを確認、この度、再リリースとなりました。
当初は様子見ということも有り、ロット数は 70前後です。

新年には大量ロットの出荷を計画しています。


THE MURKY DEPTHS OF INKY PHAT (pimoroni.com)



20171212a_NewInky pHAT_06
Pimoroni Inky pHAT - 3色 赤 黒 白 e-paper ディスプレイ - Pimoroniステッカー付き





PaPiRus ePaper でハロウィーン アニメーションを


ハロウィーンがもうすぐです。
ということで、ハロウィーン アニメーションを PaPiRus ePaper で。

PaPiRus ePaper ディスプレイでは、ビデオを流すことはできません。静止画を少しずつ変化させて表示してアニメーションにします。

Pi Supply の PaPiRus でアニメーションを作るチュートリアルです。
前提として、フォトエディットの技術が必要となります。



20171006a_PaPiRus Halloween_01



20171006a_PaPiRus Halloween_00

PaPiRus ePaper Animations for Halloween on Raspberry Pi (pi-supply.com)





次のページ

FC2Ad