ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

IIS きぼう船内カメラドローン Int-Ball

20170722a_IIS Drone_01

JAXA の IIS 「きぼう」日本実験棟船内で働く、球体カメラ ドローンです。
6月4日に打ち上げられた、米国ドラゴン補給船で運ばれ、現在、検証作業中です。


筑波宇宙センター(TKSC)から遠隔操作をし、自律的に空間を移動、静止画と動画の撮影を行います。
従来、宇宙飛行士の作業のかなりの時間を撮影に費やしていますが、これを減らし、また、地上の管制官や研究者も、宇宙飛行士と同じ視点から作業を確認でき、作業の効率化を図ります。

Int-Ball は、直径約 15cm、3軸コントロール、12個のファンで無重力下の①コントロールを行います。

JEM自律移動型船内カメラ (Int-Ball)


きぼう船内ドローン「Int-Ball」からの映像初公開! (JAXA)





スポンサーサイト

LEGO ロゴの変遷

20170715a_Lego_01.jpg

LEGO は Pi ユーザにも人気のアイテム。

LEGO で独自の Pi ケースを作ったり、プロジェクトに取り入れたりと色々されていますが、Pi のレゴ関連プロダクトも色々あります。

PiStorms-v2
20170715a_Lego_02.jpg


BrickPi+
20170715a_Lego_03.jpg


SmartiPi Touch
20170715a_Lego_04.jpg


Pibow モディフィケーション レイヤー LEGO
20170715a_Lego_05.jpg


LEGO ブロック形状 LED
  20170715a_Lego_06.jpg



さて、 LEGO ですが、下記は LEGO の歴史、LEGO ロゴの変遷写真です。

20170715a_Lego_11.jpg
1934


20170715a_Lego_12.jpg
1936


20170715a_Lego_13.jpg
1939/1940


20170715a_Lego_14.jpg
1952/1953


20170715a_Lego_15.jpg
1953-1955


20170715a_Lego_16.jpg
1953-1955


20170715a_Lego_17.jpg
Late 1954


20170715a_Lego_18.jpg
1955


20170715a_Lego_19.jpg
1955-1959


20170715a_Lego_20.jpg
1956


20170715a_Lego_21.jpg
1960-1965


20170715a_Lego_22.jpg
1965-1972


20170715a_Lego_23.jpg
1973-1998


20170715a_Lego_24.jpg
1998 から現在



Evolution of the LEGO logo (LegoDesignLove)



Bare Conductive タッチボードの新キット - Touch Board Pro Kit

20170624a_TouchBoardProKit_01.jpg

Bare Conductive の『導電ペイント』 と『タッチボード』 を合わせた、タッチボード キットには 『スターターキット』 がありますが、新しいキットが登場しました。
Touch Board Pro Kit』 です。

今回新たに加わったパーツとして、以下があります。


A5 Printed Sensors(印刷済みエレクトリック ペイント センサー)

20170624a_TouchBoardProKit_02.jpg

導電インクで印刷されたセンサーです。
A5サイズで、表面はクリアコーティング処理を施し、印刷部分を保護しています。
端のノード部分はアクセスノードでコーティングしていませんので、その部分にクリップを留めます。

20170624a_TouchBoardProKit_03.jpg

センサー用紙は、自由に切って独自のパーツにできます。

20170624a_TouchBoardProKit_04.jpg


Touch Board Proto Shield(タッチボード プロト シールド)

20170624a_TouchBoardProKit_05.jpg

タッチボードに、種々のパーツを簡単に、しっかり付けて、ファンクションを拡張していくことができます。


キット内容:
- 1 x Touch Board
- 1 x Electric Paint 10ml Tube
- 1 x Electric Paint 50ml Jar
- 3 x A5 Printed Sensors
- 1 x Touch Board Proto Shield
- 1 x Header Kit
- 1 x 15m Copper Tape
- 1 x Resource guide
- 1 x MicroSD Card
- 1 x MicroSD Card Reader
- 1 x Micro USB Cable
- 12 x Crocolide Clips (colours vary)


プロジェクトヒントやチップ、テクニックが載ったリソースガイドが付いていますので、これからも、色々なアイデアを得ることができると思います。

20170624a_TouchBoardProKit_06.jpg



20170624a_TouchBoardProKit_07.jpg

Bare Conductive Touch Board Pro Kit - タッチボード プロ キット





あなたのプロダクトに『Powered by Raspberry Pi』ブランド表示を

20170622b_Powered by Pi_01

Pi が当初計画の教育界のみならず、各方面に拡がり、ホビーの領域も超えて、色々なアプリケーション分野で使われるようになりました。

Pi を内蔵した商品も増えてきました。
商品に Pi ブランド表示をするのは、Pi 認知度を高めるため、ユーザにも販売者にも有益です。

Pi 財団は以前から、Pi の商標、ブランド表示のガイドラインを出しています。

Raspberry Pi Trademark Rules and Brand Guidelines

プロダクトに 『Powered by Pi』 ブランド表示をするには、下記アプリケーションフォームで、Pi 財団に申請してください。

Powered by Raspberry Pi - Application form

許可されれば、晴れて、あなたのプロダクトは、Pi ファミリーです。



IS YOUR PRODUCT POWERED BY RASPBERRY PI ?





木製デジタル時計

20170617a_WoodenDigitalClock_01.jpg
デジタル時計というのは珍しくはありませんが、この木製のデジタル時計、どうなっているのだろうと思いますよね。

Andrew Jone氏は、Adafruit の Charlieplexing方式の 9x16 マトリックス LED を木の中に埋め込みました。

20170617a_WoodenDigitalClock_02.jpg

表面の LED の位置に相当する部分は、穴を空けます。
下記ビデオを見ていただければわかりますが、木工作業はかなりのもの。好きじゃないとできないですね。

コントローラは Arduino Nano R3 を使用しています。


Making a Wooden LED Clock





次のページ

FC2Ad