ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

SenseHAT メール通知システム

20170529a_SenseHATmailNotifier_01.jpg

SenseHAT の LED マトリックスを、メール着信通知にする、PiMyLifeUp Gus氏のチュートリアルです。

このプロジェクトでは、IMAP クライアントに対応します。

Email Notifier をセットアップするにあたり、imapclient python パッケージを使用しますが、現在の、Raspbian に入っている PIP のバージョンは、imapclient のインストールに不具合があるそうです。
既存の PIP を削除して、入れ直します。

sudo apt-get remove python-pip
sudo wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
sudo python get-pip.py
sudo apt-get install python-pip

各セットアップ、Email Notifier のスクリプトなど、詳細に説明してくれています。


Raspberry Pi Email Notifier using the Sense HAT





スポンサーサイト

レゴロボット PiStorms にロギングデータのビジュアル化機能

20170524a_PiStormsDataVisualize_01.jpg

mindsensors.com の PiStorms は LEGO Mindstorms のパーツを Pi の頭脳でコントロールする Pi レゴロボットです。

20170524a_PiStormsDataVisualize_02.jpg

今回 PiStorms ソフトがアップグレードされました。
データロギング、およびロギングデータのビジュアライズ化のコードが入っています。

PiStorms now has Data Visualization Support!

20170524a_PiStormsDataVisualize_03.jpg

20170524a_PiStormsDataVisualize_04.jpg


PiStorms ソフトウェアのアップグレード方法

20170524a_PiStormsDataVisualize_05.jpg


20170524a_PiStormsDataVisualize_07.jpg

20170524a_PiStormsDataVisualize_06.jpg

PiStorms-v2 Base Kit レゴロボットのラズパイ頭脳 - Pi Brain for LEGO Robots





GooglePi - Pi で DIY Google Home

20170522a_GooglePi_01.jpg

昨日の 『Google Home を ProtaPi でパワーアップ』 は、Pi で Google Home の機能拡張を図るものでしたが、今回のは、Google Home なしで、Pi による Google Home 機能の実現です。すなわち、Google Assistant の Pi へのインストールとセットアップ、Salman Faris氏のチュートリアルです。






GooglePi - Google Assistant on Raspberry Pi





ヘッドレス Pi Zero W - モニター、キーボード、マウスなしで始める Pi

20170516a_headlessPiZeroW_01.jpg

Pi Zero W が3月に発表されてから、もうすぐ3ヶ月、世界では続々、Pi Zero W のプロジェクトが誕生していますが、日本は、技適認証がまだのため、未だ正式販売の目処が立っていないようです。
私の当初予想通り、やはり半年かかりそうですね。

そんな環境ですが、くじけずに、『モニター、キーボード、マウスを用意せずに Pi をはじめる』 チュートリアル記事を紹介します。
Taron Foxworth氏の記事は、Pi Zero W ですが、Pi 3 にも適用できます。

概要
1.Raspbian Jessie Lite のダウンロード

2.SDカード バーニングソフト Etcher のダウンロード

3.マイクロSDカードに OS書き込み

4.マイクロSDカード内容の編集
- SSH の有効化
 boot フォルダーにファイル名 ssh というファイルを作成

- WiFi の有効化
 wpa_supplicant.conf ファイルの作成、ファイル内容は下記:

   network={ 
      ssid="MY WIFI SSID" 
      psk="MY WIFI PASSWORD" 
      key_mgmt=WPA-PSK 
   }

5.マイクロSDカードを Pi に挿入して電源オン

Pi Zero W は、SSH で PC から参照できるようになります。

  ssh pi@raspberrypi.local

ネットワーク上に複数の Pi がある場合は、ホスト名にナンバーが付加されます。

  raspberrypi-NUM.local


GETTING STARTED WITH THE RASPBERRY PI ZERO W WITHOUT A MONITOR


Pi Zero W が手に入らない今、従来の Pi Zero をスティックコンピュータ化するというのも面白いですね。初級者には組み立てがちょっと難しいかもしれませんが...

20170516a_headlessPiZeroW_02.jpg

Pi Zero USB Stem - USB スティックコンピュータ化ツール - 日本語ガイド付き





Google AIY でよみがえる Nabaztag(ナバズタグ)

20170506a_Nabaztag by Google AIY_01

Nabaztag(ナバズタグ)をご存じでしょうか?
10年ほど前(2006年)に話題になった、フランス生まれ(ビオレ社)のウサギ型ロボット、専用サーバに接続しRSSフィードや天気、時刻といった各種情報を再生するネットワークガジェットです。

20170506a_Nabaztag by Google AIY_02

ただ、出てくるのが、時代的にちょっと早すぎたのでしょうか?
いつの間にか消えてしまいました。

この 10年間で、ネット関連技術の進歩はすさまじいものがあります。
AI も DIY でという時代になってきました。

昨日紹介した、Google AIY プロジェクトの一般として、Bastiaan Slee 氏が Nabaztag(ナバズタグ)を現代によみがえらせました。

20170506a_Nabaztag by Google AIY_03

Google Voice HAT の取り付け
20170506a_Nabaztag by Google AIY_04




Nabaztag Gets a New Life With Google AIY





次のページ

FC2Ad