ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Googly Eyes - Google 目玉 - ぐるぐる目玉

20170910a_GooglyEyes_01.jpg

変なものが流行るようで....
もともと、ぐるぐる目玉(Wiggle Eyes、Jiggly Eyes)として、ステッカーが販売されていますが、今や Googly Eyes と言うのが一般的なようです。

20170910a_GooglyEyes_02.jpg


20170910a_GooglyEyes_03.jpg

Googly eyes (WikipediA)





スポンサーサイト

インスタント GIF カメラ - Instagif Camera

20170906a_InstagifCamera_00.jpg

ポラロイド インスタントカメラ Polaroid StepOne。
ではなく、shekit氏作成の、インスタント gif カメラ、Instagif NextStep です。

上記カメラ本体の中に、ディスプレイの付いたカートリッジが入っています。

20170906a_InstagifCamera_05.jpg

20170906a_InstagifCamera_06.jpg

20170906a_InstagifCamera_07.jpg


まず、動画(動きのある写真)を撮ります。

20170906a_InstagifCamera_01.jpg


イジェクトボタンを押すと、カートリッジが出てきます。

20170906a_InstagifCamera_02.jpg


カートリッジのディスプレイに、今撮った写真 gif が表示されます。

20170906a_InstagifCamera_03.jpg




I made a camera that prints a GIF instantly (imgur)





MagPi 9月号の特集は Pi Zero W プロジェクト 10

20170902a_MagPi61_Sep_01.jpg

MagPi 9月号(第61号)の特集は、Pi Zero W のプロジェクト
Pi Zero を何に使おうか、と考えている人へのアイデア提供です。

その他の内容は、

- Arduino と Pi(Arduino and Pi)
 パワフル タッグチームのプロジェクトをマスターしよう

- レトロスタイルの Google AIY インターコム(Retro Chic: Google AIY Intercom)
 クラシックな装置の中に音声認識装置を

- かしこい DJ デッキ(Smarter DJ Decks)
 Pi でアップグレードしたターンテーブル

- 手頃な3Dプリンティング(Budget 3D Printing)
 独自の3Dプリンターを最低価格で作ろう

- ヒューライト(色変化ライト)のコントロール(Control Hue Lights)
 スマートライトをあなたの家にセットアップ

20170902a_MagPi61_Sep_02.jpg

The MagPi Issue 61 September 2017





ATX PSU を Pi 電源に - PiRyte Mini ATX PSU

20170725a_ATX PSU to Pi_02

ATX PSU(ATX 電源)は現在でもデスクトップパソコン電源の標準規格で、高性能なものが安価に入手できます。

Tom Tibbetts氏は、Pi およびその周辺機器に安定した電源を供給するために、ATX PSU から電源供給するボードを開発しました。

仕様:
- 安価に入手しやすい ATX PSU を使用、20ピン、24ピンコネクター使用可
- OS の安全なシャットダウン、リブート機能提供
- Pi への 5 VDCライン
- 他の機器への +12 VDC および +5 VDC 供給: スクリューターミナル
- プロトタイピングエリア: +12 VDC、-12 VDC、*5 VDC、+3.3 VDC、Ground
- HAT 形状ボード
- 40 ピン GPIO スタッキングヘッダー: HAT および他のボードの使用可

20170725a_ATX PSU to Pi_01

20170725a_ATX PSU to Pi_03



Mini ATX PSU (HackDay.io)





IIS きぼう船内カメラドローン Int-Ball

20170722a_IIS Drone_01

JAXA の IIS 「きぼう」日本実験棟船内で働く、球体カメラ ドローンです。
6月4日に打ち上げられた、米国ドラゴン補給船で運ばれ、現在、検証作業中です。


筑波宇宙センター(TKSC)から遠隔操作をし、自律的に空間を移動、静止画と動画の撮影を行います。
従来、宇宙飛行士の作業のかなりの時間を撮影に費やしていますが、これを減らし、また、地上の管制官や研究者も、宇宙飛行士と同じ視点から作業を確認でき、作業の効率化を図ります。

Int-Ball は、直径約 15cm、3軸コントロール、12個のファンで無重力下の①コントロールを行います。

JEM自律移動型船内カメラ (Int-Ball)


きぼう船内ドローン「Int-Ball」からの映像初公開! (JAXA)





次のページ

FC2Ad