FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

新しくなった Lepton ブレークアウトボード - Lepton Breakout Board V2.0

20191011a_New Lepton Breakout Board_01

フリアーシステムズ(FLIR Systems) の 世界最小のハイクォリティ赤外線カメラコア Lepton

20191011a_New Lepton Breakout Board_02

その Lepton を Pi をはじめとした多くの SBC で利用できるようにした ブレークアウトボードを GetLab が FLIR Systems の協力の元に開発、Lepton ユーザに大好評です。
下記は今までの、Lepton Breakout Board V1.4 です。

20191011a_New Lepton Breakout Board_03


その Lepton Breakout Board の新バージョンが登場です。

20191011a_New Lepton Breakout Board_04

FLIR Lepton Breakout Board V2.0 です。

V1.4 からの大きな機能追加は、VSYNC をサポートするようになったことです。
より高精細コアの、フレームレートを守ってくれます。

Features
- Operating temperature 0°C to 55°C
- Input Voltage: 3 V to 5.5 V
- Space-Saving, (29.5 mm × 29.0 mm)
- Works with all FLIR Lepton modules

- Access to SPI and I2C camera module interfaces
- Provides 25-MHz reference clock (can be by-passed)
- Power Efficient 1.2 V core voltage (can be by-passed)
- Dual Low Noise LDO for 2.8 V voltage (can be by-passed)
- 32-pin Molex camera socket for Lepton Module


20191011a_New Lepton Breakout Board_05

20191011a_New Lepton Breakout Board_06

なお、開発は従来通り GetLab ですが、商品ブランドが FLIR になりました。
FLIR Systems 社が各種ドキュメントを提供しています。

Pi での ブレークアウトボード 2.0 の使い方も、わかりやすく説明しています。

20191011a_New Lepton Breakout Board_08

 1.Pi 2/3
 2.Lepton 2.x / 3.x
 3.Breakout Board V2.0
 4.ジャンパーケーブル(Feamale to Feamale)


Datasheet: FLIR Lepton Camera Breakout Board V2.0




20191011a_New Lepton Breakout Board_07

FLIR Lepton Breakout Board V2











スポンサーサイト



Pi を外部環境から完璧プロテクト - zymbit Protokit 5

20191007a_zymbit Protokit 5_01

Pi プロトタイプを外部環境から守る、完璧なエンクロージャーです。

20191007a_zymbit Protokit 5_02

防水、防塵、不正開封防止で、Pi システムを外の環境から完全プロテクト、また、電波透過ですので、電波対応ネット環境もOK、プロトタイピングボード内蔵 で、プロトシステムを構築できます。

20191007a_zymbit Protokit 5_03

ねじを使用しない、使いやすいバネ式ケージコネクター、ケーブルグランド は 2箇所です。

壁や柱への取り付けもオプションで可能です。

20191007a_zymbit Protokit 5_04

Features:
- Integrated prototyping board.
- Works with Raspberry Pi and other Pi footprint computers.
- Optional Hardware Security Module, Zymkey 4i.
- Access to all GPIO header signals.
- Screwless, easy to use spring cage connectors.
- Wall and pole mounting options.
- Cable gland x2
! Pi Computer not included !







20191007a_zymbit Protokit 5_05

zymbit ProtoKit 5 - Raspberry Pi 外部環境からの完璧プロテクト






すぐ使える プラグ&プレイ ReSpeaker USB マイクアレイ

20191002a_ReSpeaker USB Mic Array_01

優秀なマイクアレイで評判の Seeed Studio の ReSpeaker シリーズですが、その技術を USBインタフェースのきれいな丸形箱のマイクアレイ装置にしました。

 
20191002a_ReSpeaker USB Mic Array_02

ハイパフォーマンス デジタルマイクが 4個、遠方音声キャプチャ機能、スピーチアルゴリズムチップが付き、以下のような音声処理により、すぐれた音声取得ができます。

 - 音声アクティビティ検知
 - 音声到達方向
 - ビームフォーミング
 - ノイズ抑制
 - 反響音低減
 - アコースティック除去

インタフェース、および電源はマイクロUSB、以下のOSをプラグ&プレイ サポートします。
-  Linux / macOS / Windows / Android

RGB LED 12個が、円周に並んでいて、プログラムコントロールできます。
また、音出力用に 3.5mm オーディオジャックが背面にあります。

Technical Specifucation
- XVF-3000 from XMOS
- 4 High Performance Digital Microphones
- Supports Far-field Voice Capture
- Speech Algorithms On-Chip
- 12 Programmable RGB LED Indicators
- Microphones: ST MP34DT01TR-M
- Sensitivity: -26 dBFS (Omnidirectional)
- Acoustic Overload Point: 120 dBSPL
- SNR: 63 dB
- Power Supply: 5V DC from Micro USB or Expansion Header
- Dimensions: 70mm (Diameter)
- 3.5mm Audio Jack Output Socket

20191002a_ReSpeaker USB Mic Array_03 
① XMOS XVF-3000 (ボイスプロセッサ)
② デジタルマイクロフォン
③ RGB LED
④ USB ポート
⑤ 3.5mm ヘッドホンジャック
⑥ WM8960 (スピーカードライバー)


20191002a_ReSpeaker USB Mic Array_04

ReSpeaker Mic Array 説明ページ




20191002a_ReSpeaker USB Mic Array_05

ReSpeaker USB Mic Array - 4マイク 音声ピックアップ装置









MagPi 10月号の特集は パワフル Pi プロジェクト 25

20190930a_MagPi Oct_01

パワフルな Pi プロジェクトを紹介します。
自律走行ヨット、AI 選別機、ラジカルロボット、メディカルプロジェクト、スペースローバー、フットボールボット、などなど...

20190930a_MagPi Oct_02

その他の記事
- ぎょっとする、グッドなハロウィンコスチュームを創る (Make a frighteningly good Halloween costume)
 恐ろしいグッドなハックで Spookify しよう。
- Scratch 3 と SenseHAT でプログラムを学ぶ (Learn to code with Scratch 3 and SenseHAT)
 最新のブロックベースプログラム言語で簡単プログラミングを。
- レトロゲームキットとアクセサリ ベスト10 (The 10 best retro-gaming kits and accessories)
 Pi をゲームコンソールやアーケードマシンに。
- 低コストロボットのコントロール (How to control a low-cost robot)
 低コストロボットのモーターコントロール コーディングを簡単ステップで説明。
- VNC ビューア/サーバでインターネット リモートコントロール (Remote control over the internet with VNC Viewer and VNC Server)
 世界のどこからでも Pi にアクセス。
- PICO-8 でレトロゲーム音楽を作る (Make retro game music with PICO-8)
 あなたのゲームへのファンタスティック ミュージックとサウンドエフェクトの作り方。
- Pi ダッシュカムキット - Dride Zero (The Dride Zero for Raspberry Pi dash-cam kit)
 Dride ダッシュカムを学ぶ。
- ストーンヘンジ スカイスケープ ツアー (Take a tour of Stonehenge Skyscape)
 Pi でストーンヘンジのバーチャルツアーを。


20190930a_MagPi Oct_03

20190930a_MagPi Oct_04

20190930a_MagPi Oct_05





20190930a_MagPi Oct_06

The MagPi Issue 86 October 2019 (raspberrypi.org)







LattePanda Delta - LattePanda Alpha のエコノミック版

20190926a_LattePanda Delta_01

Windows / Linux が稼動する SBC、LattePanda、LattePanda Alpha はハイパフォーマンスの強力モデルですが、LattePanda Delta 432 は Alpha のエコノミック版です。パフォーマンスはちょっと落ちますが、通常用途には十分の、価格的に入手しやすいモデルです。

20190926a_LattePanda Delta_02

20190926a_LattePanda Delta_03

20190926a_LattePanda Delta_04



20190926a_LattePanda Delta_05

SPECIFICATION
- CPU:Intel 8th Gen Celeron Processor N4100
- Core:1.1-2.4GHz Quad-Core,Four-Thread
- Benchmark (PassMark): Up to 1800+
- Graphics:Intel UHD Graphics 600, 200-700MHz
- RAM:4G LPDDR4 2400MHz Dual-Channel
- Memory:32GB eMMC V5.0l
- External Memory:
 - 1x M.2 M Key, PCIe 2x, Supports NVMe and PCIe SSD
 - 1x M.2 E Key, PCIe 2x,Supports USB2.0, UART
- Connectivity: WIFI 802.11 AC, 2.4G & 5G
 - Dual Band Bluetooth 5.0
 - Gigabyte Ethernet
- USB Ports: 3x USB 3.0 Type A
 - 1x USB Type C, supports PD, DP, USB 3.0
- Display: HDMI Output
 - Type-C DP Support
 - Extendable eDP touch displays
- Co-processor:Arduino Leonardo
- GPIO & Other Features:2x 50p GPIOs including I2C, I2S, USB, TTL, UART, RTC,Power Management,Extendable power button,everything you need
- OS Support: Windows 10 Pro Linux Ubuntu


LattePanda Delta 432 vs. LattePanda Alpha 800s

20190926a_LattePanda Delta_06
20190926a_LattePanda Delta_07
20190926a_LattePanda Delta_08

LattePanda Delta Getting Started (Wiki)



20190926a_LattePanda Delta_09

LattePanda Delta 432 - 4GB/32GB Windows / Linux SBC







次のページ