ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Raspbian Stretch でネットワークインタフェース名 命名方法変更

20170823a_StretchNetInterfaceName_01.jpg

最近リリースされた Raspbian Stretch、ネットワークインタフェース名が従来方法から変わっています。

Linux ディストリビューションの元である systemd は、従来の "eth0"、"eth1"、"wlan0" などから 予測可能ネットワークインタフェース名Predictable Network Interface Names)に変わっています。
従来方法ですと、ドライバが検出した順に eth0 eth1 と名前が付けられるため、起動毎に異なる名前が付く可能性があります。
そのため、Linux 各ディストリビューションでは、カーネルが付けた名前をデバイスの属性(MACアドレスなど)に基づいて、永続的な名前persistent names)を付けています。

最近のディストリビューションの、予測可能な名前(predictables names)はシステムファームウェアや BIOS、バスなどの情報を元に付けられます

しかし、Stretch では、予測可能な名前という訳でなく、MACアドレスが採用され、永続的な名前となっています。

本来の予測可能な名前は、ハードウェアを交換して MAC アドレスが変わっても同じ名前を継続できますので、組み込みシステムなどで有利です。

永続的な名前では、ホスト毎に設定ファイルのメンテナンス作業が発生します。

新ネーミングの問題点は、というか、変更ということ自体が持つ問題点ですが、従来方式(eth0 eth1 ...)の名前を利用したシステム設定やツール類が使えなくなります。

また、予測可能な名前の実装方法が、各ディストリビューションで異なることも、混乱が拡がる原因でもありますね。

Stretch での新ネーミングは "enx##########"、enx の後に MAC アドレスが続きます。

ただし、この変更は、Stretch を新規インストールするときです。
既存の Raspbian を Stretch でアップデートするときは、既存の情報を引き継ぎます。


20170823a_StretchNetInterfaceName_02.jpg

Raspbian Stretch has changed the names of network interfaces on your Raspberry Pi





スポンサーサイト

パックマン Pi ケース

20170822a_Pac-Man Pi Case_01

Darren Furniss 氏作成の、パックマン(Pac-Man)。
Pi ケースです。

下部に Pi 3 を納め、パックマンの口の中から、パワースイッチを押せるようになっています。

20170822a_Pac-Man Pi Case_02

20170822a_Pac-Man Pi Case_03

20170822a_Pac-Man Pi Case_04

後ろ側にヒンジ(ちょうつがい)を付けて、開くことができるようになっています。
また、スペア SD カード用トレイもあります。

20170822a_Pac-Man Pi Case_05

このパックマン Pi ケースの3Dプリンティング ファイルは下記からダウンロードできます。

Pacman raspberry pi enclosure case


20170822a_Pac-Man Pi Case_06

Put your Raspberry Pi in this 3D printed Pac-Man case (htxt)





スマートな木製 Pi Google アシスタント

20170821a_OK Assistant_03

Pi と USB スピーカー、USB マイクを利用した、DIY 木製 Google Assistant の andii 氏のチュートリアルです。
ユニークなスマート(Sleek)木製ハウジング(ケース)の作り方も紹介しています。

20170821a_OK Assistant_02



Raspberry Pi Google Assistant With Sleek Wood Box (instructables)





Pi を Shairport Sync で AirPlay オーディオプレイヤーに

20170820a_pi AirPlay by DhaitportSync_01


Pi にスピーカーを付けて、ワイヤレススピーカーとし、オープンソースの Shairport Sync により、Pi を AirPlay オーディオプレイヤーにするという、Gus 氏のチュートリアルです。


Pi を Shairport Sync で AirPlay オーディオプレイヤーに





Raspbian バージョンが Jessie から Stretch に

20170819a_RaspbianScratch_01.jpg

Raspbian の元、Debian のバージョン コード名はディズニー、トイストーリーのキャラクター名です。
これは、Debian 開発リーダーだった Bruce Perens 氏が、ピクサーに勤めていたことがきっかけだそうです。

さて、そこで Raspbian ですが、今までの Jessie(ジェシー)が 新バージョンの Stretch(ストレッチ)になりました。

ベースの Debian はバージョンアップされましたが、Raspbian としては、特に表立った変更はないようです。

Raspbian 主な新項目:

アプリケーション
- Sonic Pi 3.0.1
- Chromium Web Browser 60

ブルートゥース オーディオ

ユーザ名ハンドリング

Scratch 2 Sense HAT エクステンション

ワイヤレス(Pi 3/Zero W)脆弱性へのパッチ



20170819a_RaspbianScratch_02.jpg

RASPBIAN STRETCH HAS ARRIVED FOR RASPBERRY PI (raspberrypi.org)





次のページ

FC2Ad