FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

パチンコ玉を転がして計算する機械式バイナリコンピュータ - Digi-Comp II 復刻版

20190221a_Digi_Comp2_01.jpg

1960年代の教育用メカニカル バイナリー コンピュータ Digi-Comp II (デジコンプ2) First Edition の復刻版です。
John T. Godfreys氏が発明した Digi-Comp II を Evil Mad Scientist がオリジナルより小さいサイズで復刻しました。機能はオリジナルと全く同じです。

20190221a_Digi_Comp2_02.jpg

パチンコ玉を転がして、設定しているオペレーションを実行します。

20190221a_Digi_Comp2_03.jpg

20190221a_Digi_Comp2_04.jpg

20190221a_Digi_Comp2_05.jpg

オペレーション (設定により以下ができます)
- 設定した計算内容に必要なボール数のカウント
- バイナリ算術でのカウント
- 加算
- 乗算
- 1の補数、または 2の補数
- 減算
- 除算
- 0 またはクリア
- オーバーフロー
- ホールト(停止)


商品内容
- Digi-Comp II
- スタンド
- パチンコ玉 30個(バッグ付き)
- クイックスタートガイド(英語)
- キャリングケース

20190221a_Digi_Comp2_06.jpg

オリジナル Digi-Comp II マニュアル(英語)

ちなみに、『Digi-Comp II First Edition』 の First Edition ですが、オリジナルのハードウェア機械式の Digi-Comp II という意味です。
現在、ハードではないアプリの iOS 対応 Virtual Digi-Comp II Version 2.0 が出ています。

20190221a_Digi_Comp2_07.jpg




20190221a_Digi_Comp2_08.jpg

Digi-Comp II: First Edition - デジコンプ2 - メカニカル バイナリー デジタル コンピュータ







スポンサーサイト

絵文字キーボード

20190220a_Emoji Keyboard_01

mikeasaurus 氏の 絵文字キーボード、ドキュメントの好きな箇所に 1タッチで絵文字を入力できます。

仕組みは至って簡単、テンキーボード(Numeric Keyboard)を利用します。

20190220a_Emoji Keyboard_02

次に、キーのマッピングですが、これをフリー、オープンソースの Windows ツール AutoHotkey で、簡単に行えます。

20190220a_Emoji Keyboard_03

なお、絵文字については、絵文字サイト 『✂️ Copy and 📋 Paste Emoji 👍』を利用しています。

キートップはキートップサイズに合わせてステッカーを印刷、貼り付けます。

20190220a_Emoji Keyboard_04

20190220a_Emoji Keyboard_05



Emoji Keyboard (instructables.com)






GPIO Zero v1.5 リリース

20190219a_GPIO Zero v1_5_01

Pi Python でフィジカルコンピューティングを実現するのに便利なプログラミングインタフェースツール GPIO Zero、前回の v1.4 は 2017年7月のリリースでしたが、1年半ぶりに新リリース v1.5 の登場です。
新しいファンクションやバグフィックス、多くのドキュメント改良がなされています。

Pin Factory 関連
Pin スペックを定める pin factory 関連に種々の改良。

DistanseSensor の改良
HC-SR04 などの、正確性の改良。

Connecting devices
より簡単に記述できるように改良。

20190219a_GPIO Zero v1_5_03


Pinout
Pi 3A+、3B+ の追加。

20190219a_GPIO Zero v1_5_02


Release 1.5.0 (2019-02-12) Changelog


GPIO Zero v1.5 is here! (raspberrypi.org)







RISC-V を試そう - SiPEED TANG PriMER FPGA 開発ボード

20190218a_SiPEED TANG PRiMER FPGA Board_01

RISC-V(リスク ファイブ)は、カリフォルニア大学バークレイ校(University of Califronia、Berkeley)が開発した、命令セットアーキテクチャ(ISA : Instruction Set Srchitecture)です。
特徴は、完全なオープンであること。
RISC-V チップ、およびソフトウェアの設計、製造、販売、すべてがオープン、すべての人に使用が許可されています。

さて、トップ写真、SiPEED の TANG PriMER FPGA 開発ボード は RISC-V 対応です。
コアユニットは Anlogic Technologies EG4S20 です。

20190218a_SiPEED TANG PRiMER FPGA Board_02

20190218a_SiPEED TANG PRiMER FPGA Board_03

Specifications:
- Core unit: Anlogic Technologies EG4S20
- Logical unit: 20K (LUT4/LUT5 hybrid architecture)
- SRAM: About 130KB
- SDRAM: Built-in 32bit bit width 64MBit
- Flash: FPGA configuration Flash, 8Mbit User Flash, nor/nand optional
- Download and debug: Onboard FPGA JTAG Download Debugger, RV debugger can debug hummingbird core
- Interface:
 - FPC40P socket, can be connected to RGB LCD, VGA adapter board
 - FPC24P socket, can be connected to DVP camera, high speed ADC module
 - Resistive touch screen controller for I2C interface, used with RGB LCD
- Pin and lead:
 - The adjacent pins LVDS are drawn in the same length, leading out 8 GCLKs, and all 8 ADCs are taken out.
 - Double row pin spacing 900mil, compatible with breadboard development
 - Half hole leads to an extra 40 IO, and the whole board leads to 130+ IO
- Electrical characteristics:
 - Micro USB 5V power supply; 2.54mm pin
 - 3.3V~5V power supply; 1.27mm stamp hole power supply
 - 3-channel DCDC power supply chip, stable and efficient power supply
 - independent adjustment of Bank0 IO level
- Size: 25.4x56.0mm


20190218a_SiPEED TANG PRiMER FPGA Board_04

SiPEED TANG PriMER FPGA Development Board - RISC-V 対応 FPGA 開発ボード







パルスオキシメーターもどきを Pimoroni MAX30105 ブレークアウトで

20190215a_PMRN MAX30105 Brkout_01

パルスオキシメーター(Pulse Oximeter) は、検知器(プローブ)を指先や耳などに付けて、脈拍数と 経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定する医療機器です。

Maxim Integrated(マキシム・インテグレーテッド)MAX30105高集積微粒子検出モジュールで、LED、フォトディテクタ、光学素子、および環境光除去を備えた低ノイズ電子回路を内蔵しています。
「赤、緑、赤外線」の 3LED と反射光検出で、光電式容積脈波記録法(PPG: photoplethysmography)という技術の パルスオキシメーター を実現します。

Pimoroni MAX30105 ブレークアウトは MAX30105 の微粒子検知機能を経験することができるブレークアウトです。

20190215a_PMRN MAX30105 Brkout_02


20190215a_PMRN MAX30105 Brkout_03

Features
- MAX30105 - heart rate, oximeter, smoke sensor
- Green, red, and infra-red LEDs
- Photodetectors
- Ambient light rejection
- Temperature sensor
- I2C interface (address 0x57)
- 3.3V or 5V compatible
- Reverse polarity protection
- Compatible with all models of Raspberry Pi, and Arduino
- Dimensions: 19x19x3.2mm (LxWxH)


Python ライブラリ

Arduino ライブラリ(SparkFun)

パルスオキシメーター機能のアプリを作ることはできますが、このブレークアウトは医療機器用ではありません。あくまでホビーおよび学習用途向けということですので、実生活のクリティカルなアプリケーションには利用しない方がいいでしょう。



20190215a_PMRN MAX30105 Brkout_04

Pimoroni MAX30105 Breakout - 心拍 オキシメータ 煙・微粒子センサー







次のページ

FC2Ad