ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

NeoPixel で交通トラフィックマップ by Google Maps API

20170724a_GoogleMapsAPI_Traffic_01.jpg

Google Maps API は、地図に関する様々な機能を提供しますが、その中の一つ、指定区間の交通量のリアルタイム取得機能を使用して、Brian Lough氏は、リアルタイム交通トラフィックマップを作りました。

トラフィックの状態は、NeoPixel の色で表します。

 緑 - 良好
 黄 - やや渋滞
 赤 - 渋滞

本プロジェクトでは、マイクロコントローラは、AdaFruit Feather HUZZAH ESP8266 を使用、Arduino IDE でプログラミングしています。


20170724a_GoogleMapsAPI_Traffic_02.jpg


20170724a_GoogleMapsAPI_Traffic_03.jpg


Arduino-Neopixel Traffic Map (Make)





スポンサーサイト

Pi ベースの世界で最も小さいゲーム機 - Pi0CKET-tiny

20170723a_Pi0CKET-tiny_01.jpg

Pi Zero をベースにした、世界で最も小さい(と思われる)ゲーム機、moosepr氏のプロジェクトです。

20170723a_Pi0CKET-tiny_02.jpg

大きさの制限は、Pi Zero フォーム、厚さの制限はディスプレイ、および、バッテリによります。

20170723a_Pi0CKET-tiny_03.jpg

20170723a_Pi0CKET-tiny_04.jpg

コンポーネント
- Pi Zero
- Custom PCB
- 1.44" 13 pin tft (128x128) - some cheap Chinese bits
- COM-10860 - surface mount right angle swtich
- COM-10063 - 5 way nav switch

ソフトは Pico-8 を利用しています。


20170723a_Pi0CKET-tiny_05.jpg

Pi0CKET-tiny Possibly the worlds smallest Pi based gaming device! (Hackaday.io)





IIS きぼう船内カメラドローン Int-Ball

20170722a_IIS Drone_01

JAXA の IIS 「きぼう」日本実験棟船内で働く、球体カメラ ドローンです。
6月4日に打ち上げられた、米国ドラゴン補給船で運ばれ、現在、検証作業中です。


筑波宇宙センター(TKSC)から遠隔操作をし、自律的に空間を移動、静止画と動画の撮影を行います。
従来、宇宙飛行士の作業のかなりの時間を撮影に費やしていますが、これを減らし、また、地上の管制官や研究者も、宇宙飛行士と同じ視点から作業を確認でき、作業の効率化を図ります。

Int-Ball は、直径約 15cm、3軸コントロール、12個のファンで無重力下の①コントロールを行います。

JEM自律移動型船内カメラ (Int-Ball)


きぼう船内ドローン「Int-Ball」からの映像初公開! (JAXA)





窓に張り付いて監視するオクトパス - Pimoroni OctoCam - オクトカム Pi Zero W プロジェクトキット

20170721b_OctoCam_01.jpg

Pi Zero 用ミニカメラモジュールが付いた、Pi Zero W プロジェクトキット 『OctoCam オクトカム』 です。

カメラモジュールと Pi Zero W のホルダーとなるオクトパス、たこ君。吸盤が付いているので、窓に貼り付けて CCTV カメラ(監視カメラ)にできます。
ペットや子供達の様子を記録したり、外の景色のタイムラプス撮影など、あなたのアイデアで活躍の場は拡がります。

窓に貼り付けなくても、スタンド付きですので、デスクトップのカメラペットにも..

20170721b_OctoCam_02.jpg


20170721b_OctoCam_03.jpg


キット内容:
- Raspberry Pi Zero W
- Pi Zero ミニカメラ: 5MP
- OctoCam アクリルマウント、吸盤、デスクスタンド
- USBケーブル、USB A to micro USBアダプター、HDMIアダプター、20x20 オスピンヘッダー
- 小物入れとして使用できるプラスティックケース、Pimoroniステッカー付き 



お奨めのソフト(OS)はやはり、motionEye OS
OctoCam での motionEye OS の使い方もわかりやすく説明しています。






20170721b_OctoCam_04.jpg

Pimoroni OctoCam - オクトパス 吸盤カメラ - オクトカム Raspberry Pi Zero W プロジェクトキット





Pimoroni パイレーツ ラジオ - Pi Zero W プロジェクトキット

20170720b_PirateRadio_01.jpg

Pimoroni の Pi Zero W 同梱のプロジェ口キットの一つ、Pimoroni Pirate Radio パイレーツ ラジオ です。

Pi Zero W と Pimoroni pHAT BEAT により、インターネットラジオを作るキットです。

20170720b_PirateRadio_02.jpg

キット内容
- Raspberry Pi Zero W
- pHAT BEAT: DAC、ステレオアンプ、VUメーター、ボタン 6個
- スピーカー: シングル 5W 4Ω、アクリルケース
- USBケーブル、USB A to micro USBアダプター、HDMIアダプター
- 小物入れとして使用できるプラスティックケース、Pimoroniステッカー付き


Features:
- Dual I2S DAC/amplifiers (MAX98357A)
- 3W per channel
- 2x push fit speaker terminals
- DIP switch to select blended mono or stereo modes
- 16 RGB LED pixels (APA102) in 2 rows of 8
- 6 edge-mounted push buttons
- Software installer and ALSA VU meter plugin
- 5W 4Ω speaker with pre-soldered wires
- 3-layer blue acrylic enclosure
- Pi Zero W with single core CPU and built-in wireless LAN and Bluetooth
- Adaptor kit
- 50cm USB A to micro-B cable (power your Pi from an existing charger or computer)
- Python library
- Female and male headers require soldering
- Assembled size of Pirate Radio is 135x85x70mm (WxHxD) 


Assembling Pirate Radio

pHAT BEAT GitHub (Install, Library, Example)


20170720b_PirateRadio_03.jpg

Pimoroni Pirate Radio - パイレーツ ラジオ - Raspberry Pi Zero W プロジェクトキット





次のページ

FC2Ad