FC2ブログ

ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

Pi ファミリー写真 - Pi3A+ と Zero WH が新たに参加

20181215a_RasPi Family Photo_01

RasPi.TV Alex氏、恒例の Pi ファミリー写真です。
3月の Pi 3 B+ 参加写真以来、今回は、Pi 3 A+ と Pi Zero WH が新たに加わりました。

本写真は、Creative Commons License(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス)、 CC-BY-NC-SA4 に従います。その条件の下に、ご自由にご利用ください。

20181215a_RasPi Family Photo_02


New Raspberry Pi Family Photo including Pi3A+ plus Zero WH







スポンサーサイト

Intel Cyclone V SoC FPGA 搭載の FPGA 開発キット - Terasic DE10-Nano Kit

20181213a_DE10-Nano_05.jpg

Terasic TechnologiesDE10-NanoIntel Cyclone® V SoC FPGA 搭載の FPGA 開発ボードです。
Cyclone V Soc FPGA の HPS(Hard Processor System)は 800MHz Dual-core ARM Cortex-A9、加速度センサーや各種インタフェースを装備しています。

20181213a_DE10-Nano_03.jpg

20181213a_DE10-Nano_04.jpg

Features
- Intel Cyclone ® V SoC 5CSEBA6U23I7 FPGA
 - Dual-core ARM Cortex-A9 (HPS)
 - 110Kプログラマブルロジックエレメント
 - 5,570 Kbits組み込みメモリ
 - 6分周PLL
- 設定およびデバッグ
 - シリアル構成デバイス - FPGAのEPCS128
 - オンボードUSB-Blaster II(Mini-B USBコネクタ)
- メモリデバイス
 - HPS: 1GB(2X256MX16)DDR3 SDRAM
 - HPS: Micro SDカードソケット
- コネクタ
 - 40ピン拡張ヘッダ x 2
 - Arduino拡張ヘッダ
 - 10ピンADC入力ヘッダ x 1
 - 1 LTCコネクタ(1シリアルペリフェラルインターフェイス(SPI)マスター、1つのI2Cおよび1つのGPIOインターフェイス)
- ディスプレイ
 - HDMI TX、DVI v1.0およびHDCP v1.4と互換性あり
- ADC
 - 12ビットの分解能、500kspsのサンプリングレート、SPIインターフェイス
 - 8チャンネルのアナログ入力、範囲: 0V~4.096V
- スイッチ/ボタン/インジケータ
 - ユーザーキー x 3(FPGA x2、HPS x1)
 - ユーザースイッチ x 4(FPGA x4)
 - ユーザーLED x 9(FPGA x8、HPS x 1)
 - HPS: リセットボタン x 2(HPS_RESET_nおよびPS_WARM_RST_n)
- センサー
 - HPS: G-センサ
- 電源
 5V DC入力


カスタムデザインツールとして、Windows ベースの DE10-Nano System Builder が用意されています。

20181213a_DE10-Nano_06.jpg


Terasic DE10-Nano 開発キット の商品内容

20181213a_DE10-Nano_07.jpg

① DE10-Nano ボード
② DE10-Nano クイックスタートガイド
③ Type A - Mini B USB ケーブル
④ Type A - Micro B USB ケーブル
⑤ パワー DC 5V アダプター
⑥ microSD カード(インストール済み)
⑦ シリコン フットスタンド x4
⑧ DE10-Nano システムCD






20181213a_DE10-Nano_08.jpg

Terasic DE10-Nano Kit - Intel Cyclone V SoC FPGA 開発キット







Python で FPGA 開発を - PYNQ

20181212a_PINQ FPGA_01

PYNQ(PYthon Produvtivity for ZYNQ)は Xilinxザイリンクス)のオープンソースプロジェクトで、Xilink Zynq SoC(Systems on Chips)を使用した埋め込みシステムのデザインを簡単にするために始められました。

20181212a_PINQ FPGA_02

PYNQ-Z1 は PYNQ フレームワークを利用する、Zynq 7020 評価ボード です。

20181212a_PINQ FPGA_03

Features:
- ZYNQ XC7Z020-1CLG400C:
 - 650MHz dual-core Cortex-A9 processor
 - DDR3 memory controller with 8 DMA channels and 4 high performance AXI3 slave ports
 - High-bandwidth peripheral controllers: 1G Ethernet, USB 2.0, SDIO
 - Low-bandwidth peripheral controller: SPI, UART, CAN, I2C
 - Programmable from JTAG, Quad-SPI flash, and microSD card
 - Artix-7 family programmable logic
  - 13,300 logic slices, each with four 6-input LUTs and 8 flip-flops
  - 630 KB of fast block RAM
  - 4 clock management tiles, each with a phase-locked loop (PLL) and mixed-mode clock manager (MMCM)
  - 220 DSP slices
  - On-chip analog-to-digital converter (XADC)
- Memory:
 - 512MB DDR3 with 16-bit bus @ 1050Mbps
 - 16MB Quad-SPI Flash with factory programmed globally unique identifier (48-bit EUI-48/64™ compatible).
 - MicroSD slot
- Power: 
 - Powered from USB or any 7V-15V source (see recommended products)
- USB and Ethernet:
 - USB-JTAG Programming circuitry
 - USB-UART bridge
 - USB OTG PHY (supports host only)
 - Gigabit Ethernet PHY
- Audio and Video:
 - Electret microphone with pulse density modulated (PDM) output
 - 3.5mm mono audio output jack, pulse-width modulated (PWM) format
 - HDMI sink port (input)
 - HDMI source port (output)
- Switches, push-buttons, and LEDs:
 - 4 push-buttons
 - 2 slide switches
 - 4 LEDs
 - 2 RGB LEDs
- Expansion Connectors:
 - Two standard Pmod ports
  - 16 Total FPGA I/O
 - Arduino/chipKIT Shield connector
  - 49 Total FPGA I/O
  - 6 Single-ended 0-3.3V Analog inputs to XADC
  - 4 Differential 0-1.0V Analog inputs to XADC

PYNQ-Z1 リファレンスマニュアル





20181212a_PINQ FPGA_04

PYNQ-Z1: Python Productivity for Zynq-7000 ARM/FPGA SoC







YouTube で撮影方向をコントロール - YouTube Powered Robot

20181211a_Youtube Powered Robot_01

トップ写真の左は、Jonny Kalambay氏の飼っている ミシシッピチズガメ(Mississippi map turtle)の Roshi君。
Kalambay氏のプロジェクトは、Roshi君の水槽内のビデオ撮影ロボット(水上ドローン)で、ビデオを YouTube にビデオストリーミング、YouTube のコメントでカメラの向きをコントロールしようという非常にユニークなモノです。

20181211a_Youtube Powered Robot_02

ロボットの構成要素は Pi 3 と Piカメラ、DCモーター、ステッパーモーター、Adafruit Motor HAT です。
氏はソフトウェアエンジニアで本格的なハード作成は得意でないとのことで、100円ショップ(dollar store)でパーツを集め、涙ぐましい努力で、下記プロトロボットを作りました。

20181211a_Youtube Powered Robot_04

処理の流れは以下のようになります。

20181211a_Youtube Powered Robot_03

① 撮影ビデオを YouTube にストリーミングします。
② YouTube ストリームライブチャットのコメントを Node.js スクリプトでトラッキング、キーワードを見つけると、コマンドとして送信します。
キーワードは left、right、down、backwards、forwards、up など。
③ Node サーバーからのコマンドを Pi の Pythonサーバは解析し、ロボットを動かします。



Worlds First YouTube-Powered Water Drone (hackster.io)







すぐ IoT のプロトタイピングが始められる - NXP Rapid IoT Prototyping Kit

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _01

NXP SemiconductorsRapid IoT Prototyping Kit はコンパクトな筐体の中に、IoT 機器としての必要な機能が詰まっています。

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _02

サイズ約 5 x 5 x 1.5cm の箱の中に、マイクロコントローラ、ワイヤレスコントローラ、センサー類が入っており、1.28インチカラーディスプレイが付いています。

マイクロコントラーラ: NXP Kinetis K64(120MHz 32bit、Arm Cortex-M4コア)
ワイヤレスコントローラ: NXP Kinetis KW41Z(BLE、Thread、Zigbee)
NFC: NT3H2211 NFCタグ(I2C、2KBメモリ、13.56MHzアンテナ)
センサー: 6軸加速度・磁力計、3軸ジャイロスコープ、気圧・高度、温度・湿度、周囲光、空気品質、容量式タッチ

プラットフォームは Windows、Mac OS、Linux、iOS、Android。

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _03

IoT 迅速 プロトタイピングの 迅速(Rapid)の通り、すでにアプリケーションが組み込まれていますので、すぐ使用できます。

電源を入れると、筐体のディスプレイには、ATMOSPHERE のロゴと時刻画面が表示されます。

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _04

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _05

Android、iOS は NXP Rapid IoT アプリをダウンロード、インストールします。

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _06

NXP アカウント(フリー)が必要です。

下記は、センサー情報を表示するデモ画面です。

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _07

PC の Web ブラウザで、NXP の Rapid IoT Studio に接続しログインすると、ダッシュボードビューとなります。

20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _08

プリインストール アプリケーション
- 大気モニタを含む気象計
- サーモスタット
- 傾斜/落下検出
- 低電力動体検知
- タップコンバータ
- RGB LED

開発環境
- Atmosphere®ウェブIDE(統合開発環境)
 - MCUXpresso IDE用のGUIベースプログラミングおよび自動ソースコード/プロジェクト生成をサポート、視覚的なドラッグ&ドロップ式ユーザーインターフェースを備え、組み込み携帯アプリコードおよびウェブアプリコードの同時作成が可能

- MCUXpresso SDKベース(RTOS、ドライバ、ミドルウェア)






20181210a_NXP Rapid IoT Prototyping Kit _09

NXP Rapid IoT Prototyping Kit - IoT 迅速 プロトタイピング キット






次のページ

FC2Ad