ラズベリーパイの調理法

Raspberry Piニュース、および関連商品紹介

愛犬へのおやつ配給マシン

20170430a_TreatDispenser forDog_01

Eric Page 氏は外出中、愛犬 Pickles のことが心配で、見守りとおやつ配給マシンを Pi で作りました。


基本オペレーション
1.システムの起動 - email または Alexa、iphone アプリ、Adafruit IOサイトから行います。

2.Adafruit MQTT で各種プロセスを制御

- 愛犬への話しかけ(スピーカーからカスタム音声)
- おもちゃ起動(Dog jumps for joy)
- おやつ配給(排出)
- モーション検知センサーチェック

3.モーション検知の場合
- 写真、ビデオ撮影
- 写真、ビデオをランダムコメント(例えば、「I already loved you infinity. Now I love you infinity + 1」と一緒にメール送信

4.モーションを検知しなかった場合
- メール送信:「I'm not home but will enjoy the treats when I get back」




Treat Dispenser V2.0 (Motion Detection, Video and More)





スポンサーサイト

最小 Pi Zero ケース/ホルダー

20170429a_MinimalPiZeroCase_01.jpg

 Pyromaniac 氏の Pi Zero 1.3 / W 用ケース/ホルダー、3Dプリンティングするのにも、Pi Zero の取り付け、取り外しにもシンプルな構造を考えました。
おそらく、世界最小の Pi Zero ケース/ホルダーです。

20170429a_MinimalPiZeroCase_06.jpg

特徴:
1.ワンパーツ
2.ねじ類なし
3.真ん中が延び縮みするので簡単装着
4.取り外し用ヘルパー(補助部)が有り、ドライバーなどでの簡単取り外し
5.マウントホールで VESA 70 マウント可


取り外し用ヘルパー(補助部)

20170429a_MinimalPiZeroCase_03.jpg



20170429a_MinimalPiZeroCase_02.jpg

Minimal Raspberry Pi Zero Case/Holder





ダンシングロボット - BoB the BiPed

20170428a_BoB the BiPed_01

k.biagini氏のロボット BoB は2足走行(biped)ロボット、歩くロボットを造りたかったけれど、難しそうで手が出なかった人たちや、子供にも作ることができるようにと、シンプルな構造でコストもかからないようにと考えています。

Arduino Nano が頭の4サーボのミニロボット、Bluetooth 経由のスマホでコントロールできます。

20170428a_BoB the BiPed_02


BoB はマイケル ジャクソンのダンスも勉強しました。


BoB the BiPed





あなたのネコのスナップショットがあなたのスマホに - SnappCat

20170426a_SnappCat_01.jpg

あなたが留守の間、あなたのネコはどうしているでしょうか?
SnappCat は、小さな AI カメラです。あなたのネコを認識、写真を撮って、ミーム分類したユーザのデータベースに追加、それらを一日中、ランダムにあなたのスマホに送ります!

William Glover氏のグループの、コンピュータビジョン研究の一環としてのプロジェクトです。

20170426a_SnappCat_02.jpg

SnappCat の使い方

20170426a_SnappCat_03.jpg

イメージ認識アルゴリズムを数週間にわたって改良を続け、明かりが十分でない条件でも、ネコを認識できるシステムになっています。

20170426a_SnappCat_05.jpg



20170426a_SnappCat_06.jpg

SnappCat - memed pics from your cat to your phone





Pi を DINレールにマウント - DINrPlate

20170426a_DINrPlate for Pi _01

DIN(ディン)レールは、制御コンポーネント類を取り付ける際に使用される金属製のレールです。ねじによる取り付けに比べ、着脱しやすく、施行やメンテナンスが容易になります。
DIN はドイツ工業規格の略称、国際規格の IECレールとも呼びます。

20170426a_DINrPlate for Pi _02

DINrPlate for Pi は、Pi を DINレールにマウントするマウント装置です。

20170426a_DINrPlate for Pi _03

垂直デザインですので、DINレールスペースを 31cm しか占有しません。
GPIO および、全ポートのアクセスができます。
また、マイクロ USBパワーケーブルの Pi との接続部分を保護する、ストレインリリーフ機能が付いています。タイラップ(結束バンド)付属です。
ただ、周りに空きスペースを必要とする特殊なコネクター形状のマイクロ USBケーブルですと、ストレインリリーフが邪魔して、Pi 接続できないかもしれません。標準のというか、一般のマイクロ USBケーブルでしたら、何ら問題ありません。

20170426a_DINrPlate for Pi _04

対応 Pi は 3/2/B+/A+、下記写真では、Pi Zero もマウントホール2カ所を留めてマウントしていますが、DINrPlate では、Pi Zero 専用 DIN レールマウントを5月以降に、リリースの予定です。

20170426a_DINrPlate for Pi _05

Specifications
- Industrial grey color blends in well with your other panel components for a professional look.
- High quality Nylon 6/6 material is well suited for industrial environments.
- Large 10mm DIN clip reliably grips rail and will not release without use of a screw driver.
- Easy access to Micro SD card for maintenance.
- Dimension:  3.6 x 0.4 x 3.6 inches
- Shipping Weight: 0.8 ounces


DINrPlate - DIN レールマウント装置 for Raspberry Pi - DIN Rail Mount







次のページ

FC2Ad